沢田知可子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

恋に落ちて

もしも 願いが叶うなら 吐息を 白いバラに 変えて

空を見上げてごらん

空を見上げてごらん 小さな星が微笑む 夢を 見失っても 勇気を出して

愛は花、君はその種子

やさしさを 押し流す 愛 それは川 魂を

桜の降る街で

いつでも 待たされてた 古いカフェテリア 空地になったわ あなたの

会いたい

ビルが見える教室で ふたりは机、並べて 同じ月日を過ごした すこしの英語と バスケット、そして

私の花 with 小野澤篤

空が晴れても 残ってる 路地裏にある 水たまり せまい空だけ

Day by day

歩き疲れたね ここで一休みしよう 後ろ振り返れば 長い道ができてる 離れてみたり

I miss you

短い髪を はじめて洗う たよりなさにも 似てる別れ 本気のkissや

COME INTO MY LIFE

たそがれに 誘われてドアを開けた ざわめくラウンジ 窓際のテーブル 足を組んだその横顔

冬のほたる

まあるい月の夜に ふたりで噛んだ いちご 甘い味はすぐにも消えて行きそうです

My Sweet Hands ~あの手 この手~

同じ夢を見てる朝 あと5分眠らせてほしいけど 夢の続きはね 目覚めたその後で見るものだから 二人の一日が今日も

百年の恋

振り向けばいつもあなたが笑ってた 昔からそこに居たように もしあの日あの時 出逢わなければ きっと今

ふたりの風景

ココロの窓ひらいて 今日も笑っていられるように お天道様に手を合わせ 大切な朝を迎えよう 目覚めの深呼吸

幸せの薫る我が家

君が健やかに暮らす姿を 人生の糧にして 生きたい できること 逢いたい…

ハレルヤ with 池田聡

長い長い時が過ぎて 振り返ればそこに道が出来ている いつの間にか私たちは 思った以上に遠くまで来てた

慕情

雪解けを待たずに 夢のように消えたあなたの 面影が一つずつ この胸に浮かんできました。 白い花びらほど

大きな玉ねぎの下で

ペンフレンドの 二人の恋は つのるほどに 悲しくなるのが 宿命

忘れられない

あなたの Tシャツ つかんで歩いて 時々、喧嘩して いっぱい笑った…

Boy

砂の道づれに 哀しみをのせて 終わる恋にすがる 私を捨てよう あの夏限りのFortune

Soiree

枯葉のざわめき そっと季節が変わる 握りしめられたてのひら 力が抜けてくように

Marie

Marie 君は逢うたびに Marie 美しくなってゆく 辛いほど

いのちからのおくりもの

誰もがみな 夢の種をにぎりしめて生まれて来た いのちからのおくりものに「ありがとう」って泣いてた 君の夢 守りたい…

あなたと出会えた街だから with 稲垣潤一

何もかもが 当たり前だった しあわせっていう 平凡な日々

Doctor Doctor

無情すぎるNEWSに 朝からため息ついて 苦いジュースを飲み干して カラダにいいこと 悪いこと、

ありがとう

「この次生まれる時も またあなたと出逢いたい」 そんな素敵なセリフ 心で言うもの 私を支えてくれた

幸せになりなさい

傷つくことなんか 怖くなかった頃には 恋はどんなときも 楽しいことだったけど

あなたへ そしてあなたが愛した人へ

「ありがとう…」と微笑んで あなたの声が潤んだ 小さな言葉が今、あなたを物語る 吹く風の優しさと

ふたり

無邪気なふたり乗り 自転車、走らせて 交番のまえでは すまして歩く 友だちもあきれた

恋人と呼ばせて ~Let me call your sweet heart~

ねえ、朝が来るまで 恋人と呼ばせてね 抱きしめて、踊りたい その胸で… Please,

天国ポスト

ボクの弟は天国にいます 空に浮かぶ さかな雲の海を超えて 元気にしてるかな? 天使に逢えたかな?