1. 歌詞検索UtaTen
  2. 霜月はるか
  3. 霜月はるかの歌詞一覧

霜月はるかの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

Shine(ブラウザRPG かんぱに☆ガールズ 主題歌)

君と夢みた 輝きの空へ 道なき道行く僕らの旅路は 進む足を止める事ばかりで

カザハネ(H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~ ED)

夕暮れ染まる丘に佇み ひとり 伸びる影見つめた 無情なほどに儚いこの世界 また

あの雲の向こうへ(いつか、届く、あの空に。 OP)

ゆるやかに流れてく時間が 僕らの日々 優しく包み込む たった一つの夢に ふたりの未来を重ねて

朱の月に唄う魔女

Rem la Fatrauwa. Arlie la

花ひらく蒼天 -Acoustic Story Live ver.-

天上にひらける花は 蒼く儚く散りゆく運命を知り 現実を見届けるLip-Aura 呪いの花

音のコンパス

胸の奥に流れる 心のままの旋律は 鼓動の音にも似た わたしの生きている証

あしあとリズム

風そよぐ丘の上 立ち止まり振り返って 大切な思い出のカケラを集めて 鞄につめこんだ

少女の薄明(TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に解」イメージアルバム)

朝の見えぬ夜 繰り返し 時を重ねた あぁ 肺に流れ込む

un secret(PlayStation Vita 専用ゲーム「薔薇に隠されしヴェリテ」主題歌)

異国の風に流される侭 眩すぎる朝に目醒め 故郷の地まで 繋がった空へと手を翳す

schwarzweiβ~霧の向こうに繋がる世界~(ゲーム イリスのアトリエ グランファンタズム オープニングテーマ)

光が欲しくて暗闇に手を伸ばす 目醒めを待っていたのは見知らぬ世界 ──そして胸に揺らめく誰かの笑顔を 抱いたままに彷徨いながらも

Startup

無限の世界飛び越えて 出逢えた奇跡 さあ 旅をはじめよう

零れる砂のアリア 第一楽章 悪夢

昏き空の彼方 見上げる少年は 帰れない故郷を心に刻んで 痩せた父の背中を見失わぬようにと 凍える手を擦り

独り夢

天から堕ちた星拾う 誰かの指 鏡はひび割れて欠ける 恐れた影 暗闇を照らす明かりもなく

硝子鏡の夢(プリンセスメーカー4 OP)

深い森のゆりかご 眠る少女は その無垢な瞳に何を映すの? 空に願うの

虚空が朽ちるまで

Malice la arue, Fem le

break time

忙しい毎日に 目をまわして 気ばかり焦ってる うまくいかない そんな時は

In The Memory

粉雪が 降りつもる街 吐く息も 白に染まった まぶしく広がる

護森人

SIO SIE EN ESTIA. (これは唯一の宿命)

手を放さずに

はじまりは青い空 君と出会えた偶然 吹き抜ける風に ただ胸を弾ませた

ジルフェの子

錆びた扉の軋む音に 眠る年月 触れた指から掠れてゆく 古い文字盤

星のいのち

芽吹き出す樹々の緑は 鮮やかないのちの煌めき 澄んだ空気 胸に満ちて 濯がれる

花が咲く街で(エルクローネのアトリエ OP)

優しい陽光が射し込む部屋で 目覚めた私を呼んだ声 扉を開けたら 眩しい朝が 一日の始まりの鐘を鳴らす

星空アンサンブル

吹き荒ぶ風から 燈火守るみたいに 両手でそっと隠した 夢の欠片 漏れ出した先に気付かれないように

月と星のワルツ

ひかりを集めて 空に浮かべたら 夢を照らしだす 月と星のワルツ

貴方の居る途(PlayStation Vita 専用ゲーム「薔薇に隠されしヴェリテ」エンディングテーマ)

闇夜に閉ざした瞼を 包み込む優しい朝 深い眠りから醒めれば いつも貴方は微笑む

白き想歌 -Acoustic Story Live ver.-

夜が途切れた雲間から閃く 君が手放した永遠を誓う紡ぎ詩 疼く傷痕に触れる霧が 冷たい記憶を呼び覚ましていく

変わらない場所

窓の向こう 風に揺れる芽吹き始めた木々に 流れてゆく季節を感じながら 今日もまた此処で暖かな陽を浴びて 見慣れた景色を眺める

緋色の薔薇

Rem le zhe la Malice

想いのコンチェルト

わたしの大切なもの 言葉じゃ伝えきれないけど 拙くてもいいかな 聞いてほしいんだ 故郷の空

虹を見つけたような色で(タユタマ-kiss on my deity- ED)

何かが始まるような 音が響いたよ 笑った君の顔を 見つめたとき