1. 歌詞検索UtaTen
  2. 神はサイコロを振らない
  3. 神はサイコロを振らないの歌詞一覧

神はサイコロを振らないの歌詞一覧

公開日:2017年6月6日 更新日:2020年9月23日

16 曲中 1-16 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

夜永唄

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:どうして心ごと奪われてでもまだ 冷たいあなたを抱き寄せたいよ 金木犀の香りが薄れてゆくように 秋が終わり消えていったあなた

泡沫花火

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:生温い風が頬を撫でるように ふわり触れた手の汗ばむ 夜半の夏 煙草の煙が鼻を擽るたび

揺らめいて候

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:終電は間近 浴びるほど酔いしれて 今だけは忘れて 愛のない身体の交わりじゃ 充たされぬと知りながら

胡蝶蘭

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:二人出逢わなかったら こんなに苦しまずいられたのに 暗闇の中 手探り君を探している

アノニマス

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:膨大な数の情報 実態の見えない正体不明の人間が蔓延るこの無法地帯に 人権や法律なんか存在するはずもない 今日もまた何処かで心を殺された誰かがいる その傍ら何食わぬ顔でのうのうと人間らしい生活を送る屑共に告ぐ

フラクタル

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:起死回生を願い どれほど経ったのかは分からないまま 僕はまだあの光景を忘れられずにいる 夜の帳に運命を問いかけては途方に暮れている 幽霊船のように漂う

ジュブナイルに捧ぐ

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:不条理に呑まれた太陽 無情にもこの世界は... 「前に倣えば報われるのだろう」 誰もがそうだと信じ生きている

REM

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:曝け出して砕いた想いに 句読点を何度でも打った 埃まみれた指針は 止まったまま動き出せずにいた

No Matter What

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:陽が沈み過ぎてゆく日々を 何度越えてきただろう このまま何処へだって きっと行けると思う

極彩

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:極彩の日々よ 照らせ果てまで 哀傷、涙も忘れたくない 旅立つ日の朝 降りしきる雨

解放宣言

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:W3つの魔法唱えて 地下2階へ潜り込めば 教科書には載せられないような The answer

Damn it!

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:酷く浅い眠りから目が覚めて 気怠さに呑み込まれた朝 生温い劇薬を摂取 数週間積もり積もった埃を払う モーニング

白に融ける

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:透過してみた 君の瞳に何が映り込んでいて 何を知って何を感じているのかは分からず シャツの向こう 左胸に黒く染まる斑点はきっと

CLUB 27

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:随分遠くまで来た僕らは 得たモノと引き換えに 失っては気づいて また失ってきたいくつもの 宝物がある

映幻日

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:幸も不幸もない 感情さえもうない 流れ作業のように息を吸って吐いて 触れれば崩れ堕ちていく ザラついた塊

illumination

神はサイコロを振らない

作詞:柳田周作

作曲:柳田周作

歌詞:眠らぬ街の片隅でただ独り ネオンサインに囲まれ見上げた夜空 片手で指折り 数えられるほどしか見えない 星屑が物語る