DUSTCELLの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. DUSTCELL
  3. DUSTCELLの歌詞一覧

よみ:だすとせる
DUSTCELLの歌詞一覧

公開日:2020年6月25日 更新日:2024年6月22日

43 曲中 1-43 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

Void

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:極彩の曼荼羅 こゝろなどないわ 獣のように生きてきました 普通になんてなれはしないな 罪と罰の日々に啼いて

足りない(ドラマ「明日、私は誰かのカノジョ」エンディングテーマ)

DUSTCELL

歌詞:あぁ もう一つ足りない 埋まらない空白と劣等感 今 一瞬しかないから

アネモネ

DUSTCELL

作詞: MISUMI

作曲: MISUMI

歌詞:伸びる鉄塔 這う環状線 窓ガラス叩き破って 無法状態 塵積もる街

命の行方

DUSTCELL

作詞: MISUMI

作曲: MISUMI

歌詞:一寸先前も見えず 夜道を歩いた 書き綴り 涙でふやけた日記抱え 失くしたものたちを振り返りはしないよ

オルターエゴ

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:現在時刻 午前4時 有象無象にもう飽き飽きだよ 存在 形なんて

Caffeine(ドラマ「明日、私は誰かのカノジョ Season2」エンディングテーマ)

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:好意を金に変えて 目的がすり替わって Caffeine みたいね 何度も

TOUBOU

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: MISUMI ..

歌詞:俺の前行く者達全てが 汚れて 朽ちて 泥に足取られ 欲深な悪魔に魂を売り

火焔

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:暗中模索 さぁ踊ろうか 不安は大抵ない 人間に適合できないや 本当不甲斐ないない

可笑しな生き物

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:恋をしていた 嵐のような 光を見た分だけ影は伸びた 壁に咲く花 地に纏う草

Mad Hatter

DUSTCELL

作詞: MISUMI

作曲: MISUMI

歌詞:Falling down ここは正気のない国だ つまらない思考は切り捨てな Nothing

CULT

DUSTCELL

歌詞:くだらない戯言に頭が割れそうだ 人の声耐えられず吐き出しそうだ 今日も

堕落生活

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:足場もない部屋 掃除もできないわ 堆く積もった請求書 愛も金もねぇよ 締め切ってるカーテン

ID

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: EMA ..

歌詞:相変わらず窮屈な昔の記憶 離せない 話せない 誰も知らない 知られたくない

ORIGINAL

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: EMA ..

歌詞:tattarura rarura 足取りは軽い 僕を示す この成れの果て

DERO

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: EMA ..

歌詞:"REBELLION." これでもちゃんとした教育受けてきたんだよ 毎朝6時に飛び起き歩いたよ 靴のかかとを踏んでくるいじめっ子も

ONE

DUSTCELL

作詞: MISUMI

作曲: MISUMI

歌詞:もう答えはないよ 正義なんてないよ 誰も彼も皆 罪を負っていくんだ 知るは神のみ

Heaven and Hell

DUSTCELL

作詞: Misum

作曲: MISUMI

歌詞:何故興味を示すか 何故しがみつくのか 口から毒撒き散らし 劣等と妬み吐き捨て 頭腐った馬鹿が嗤う

DOMINATION

DUSTCELL

作詞: DUSTCELL

作曲: DUSTCELL

歌詞:君の為造ったレールを 君が道を外さないように このありったけの愛で全て包み 君をずっと視てるよ

蜜蜂

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:甘く苦い不一致 本心は隠しておこう 秘密裏 綺麗事だけじゃきっと生きれない 笑えば泣けばいいのか

STIGMA

DUSTCELL

作詞: MISUMI

作曲: MISUMI

歌詞:今、浮かんだ傷が 消えない内に ペンを動かして また、明けだ、いつでもそうだ

INSIDE

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: EMA ..

歌詞:潜めた半目の業 何もが削がれた最下の今日 重い腰上げて人間 pvp 眼精に浴びる液晶

SOPPY

DUSTCELL

作詞: DUSTCELL

作曲: DUSTCELL

歌詞:明朝、幽体離脱みたいな焦燥引いて 瞳孔、が開いて創り出す半端なaspiration 層楼、の頂きから見下ろしたアリンコ達は 高騰、する自我を失くして可愛く鳴いていたよ

ANTIHERO

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:教えて欲しい 教えて欲しい 何がこの世で大切か 救って欲しい 救って欲しい

透明度

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:深く深く潜っていた 何も触れずに生きてきたんだ 傷を避けて 古びた自販機 ジンジャーエール

不成者

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:先手必勝 不成者 headshot かったりーな だりだりーな授業抜け

izqnqi

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: EMA ..

歌詞:ぽつりと君は言ったの 「僕はこのまま消えたい、ねえ」 え? きこえないよ、なんて

過去の蜃気楼

DUSTCELL

作詞: EMA ..

作曲: EMA ..

歌詞:何かしているようで、何にもしてない 音楽を好きなふりして、本当は嫌い 借り物のフレーズに酔っていた頃は 幸せだったんだろう、責任が無いから

LILAC

DUSTCELL

作詞: DUSTCELL

作曲: DUSTCELL

歌詞:見たくなくて 壊れるのが怖かった 期待しちゃだめだ ハリボテの言葉 誰か泣かせちゃった?誰か殺したっけ?

独白

DUSTCELL

作詞: MISUMI

作曲: MISUMI

歌詞:君と観たとある映画 札束を海に投げ飛ばすシーン 俗を抜けて 現抜けて 世界と繋がるような感覚

フラッシュバック(「めざまし8」エンディングテーマ)

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:臆病者なんだ 失うのが怖くてどこにも行けないんだ 影はとっくに伸び切って 憧れてたんだ 遠い記憶

Kick It Down

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:情熱はないね 思想なんてないね 創るのなんてもう飽き飽きだ ただの文字面 一時凌ぎさ

狂う獣

DUSTCELL

作詞: MISUMI

作曲: MISUMI

歌詞:交差線上で視線を感じる 婆の裏で冗談 灰色混じりの溜息 我楽多 この隘路に放れ

albino

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:呆れるほどにただひたすら 普通に憧れてる 過去を忘れられたら 神様にいつだって願っている

LAZY

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: MISUMI

歌詞:朝が逆さまに変身した 夜が逆立ちを停止した 片足引っ張られて空中 受け止める人もいないのに浮遊

終点

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: MISUMI

歌詞:普通に生まれ、普通に大人になる 周りも家族も普通で私は前に習う 人生の初めの頃から漠然と形にあった いつの間にか周りが少しずつ消え去り 残されたのは酷く汚れた日記帳と

TULPA

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:想定外ジャンクション 乱気流に巻き込まれてんだよ ねぇね 反安定頂戴 それからアンリアルも頂戴

どした?

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:なんでもないよ なんでもないよ なんでもないよ 本当に大丈夫 もう心配ないよ

漂泊者

DUSTCELL

作詞: Misumi

作曲: Misumi

歌詞:ありふれたいつも通りの生活 皿から赤い果実が不意に こぼれ落ちた 転がってった 汚れに塗れて駄目になった

SOIREE

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: MISUMI

歌詞:圧倒的理不尽 味方なんて自分以外UNKNOWN いい加減他人に期待すんな 学習しないアホな機械どこにあんの? 誰もが隠してる汚いとこ

SANDBAG

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: EMA ..

歌詞:ay 殴れ ay 殴れ YEAH

bibouroku

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: EMA ..

歌詞:空っぽのまま時だけが経った 遠い昔の僕は薄れて溺れた 空っぽのまま ここにただ堕ちて 世間体も噂も全部

perfectionist

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: EMA ..

歌詞:小さな解れが侵食して いま積み木が下から崩れる 咽る 増える やりたいこと

SAVEPOINT

DUSTCELL

作詞: EMA

作曲: Misumi ..

歌詞:追い風のように流れる年月 少し背も伸びたな あの頃の幼かった私に 届くように