cinema staffの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. cinema staff
  3. cinema staffの歌詞一覧

cinema staffの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月28日

122 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

great escape(TVアニメ「進撃の巨人」後期 エンディングテーマ)

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:例えば俺が俺じゃないとして、お前はお前だと言いきれるのか? 砂の器を壊して、こぼれた心を拾って集められるか? 誰かの呼ぶ声が耳鳴りに変わった。 時が止まったみたいだ。さあ、目を覚ませ。

Name of Love(TVアニメ「進撃の巨人 Season 3 part.2」 エンディングテーマ)

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff ..

歌詞:さよなら世界 並ぶ影 伸びて交わらない 願い 光

切り札(遊☆戯☆王 ARC-V OP)

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:さあ今だ、かざせよ切り札。 この未来は君のものさ! ぎらぎら燃えてる。醒めない夢でも見ているように。 身体が求める。強い奴が居る場所を。

AMK HOLIC

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:汚くて臭い湿った部屋で 続きを聴きたい曲があったよ 小さな明かりが灯った部屋で 未来の話なんかしてみるんだ

theme of us

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:いつもと同じ通りを抜け 家路について 狭い身体の中に閉じ込められていた 掘り出し物のスピーカーの前で赤い顔と 冷たい手を擦りノイズを浴びた時

海底

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: 三島想平

歌詞:気づけば俺は海の底にいた 何も視えないままでもがいて 曖昧になった真実と虚構 酷く眠たくなった

極夜

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:目を閉じれば全て闇の中 見えぬものに抗う術はない この悲しみ 怒りや焦燥も いつかは通り過ぎる現象

GATE

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:2月を過ぎた東京にいる 呼吸をすれば目の前塞がる 忘れた頃に見つかる青空 ふとした隙も排気ガスで隠れるのさ 信号が赤を指す

エイプリルフール

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:最初の夜が静かに明けて何か不思議と笑えてきたんだ。 似た者同士でいるってことがふたりを繋ぐ理由の全てだった。 快晴の表参道。ギターを担いだ少年の想像と違う未来。 誰かの聞き飽きた言い訳と。

drama

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:必死になって漕いだって,傷をつけられたってなんだって, なかなか上手に前に進まない。 逆風常に激しくて,ずっとオールに波が張り付いてる。 それでもドラマはその続きを待っている。

特別な朝

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:あなたはハイウェイと夜を愛していた。 私は特別な朝を1人で待っている。 揺れ続ける雨戸,冷めたシチューの鍋。 喜劇はともすれば悲劇に変わると分かっていた。

青写真

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:飛ばした飛行船。 僕らは最後の旅に出た。 大きなアカシアの向こう側まで行けたらいいな。 何があるんだろうか。

シャドウ

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:揺れたあなたの影が消えてしまう前に, この燃えるような想いのままに走り出したら,また会えるかな? 先の見えないこの道を登りきったら何があるのか。 あなたは多分そこに居るだろう。僕が手の届かない,知らない場所。

exp

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:出来ることならば悩むのはそりゃ避けたいし, 昼間から絵画の中に入り込みたいんだよ。 それでも日々がまた気づけば押し寄せてきて 頭の中はまだまとまりきらないまま。

the ghost

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:3階の寝室で生きる秘宝を探してる。 身体の無い僕じゃもう触れる事もできないけど。 きみは天使みたいだなあ。僕に似なくて良かったな。

孤独のルール

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:国道沿いの小さな部屋できみは暮らしていた。 車の音で寝られないのと夜更かしを重ねて。 大人らしく髪を染めたのに気づかない?と僕を責めたね。

fool proof

cinema staff

歌詞:Don't forget how much you

souvenir

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:長い通りを抜け 四つ角を左へ そこは小麦が揺れる 若いぼくらの世界 失うものなどないのさ

overground

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:あの日のままの僕なのに、月日が流れ、歳を取る。 どんな景色やどんな感触が僕を待つのだろう? 日差しが突き刺すようなある日に僕等は おぼつかない足下で街をさまよった。

斜陽

cinema staff

作詞: 高橋國光

作曲: 高橋國光 ..

歌詞:だれも傷つくことなく、もう惑うことなく おとぎ話の結末と地図にいまバツをした らせんのほとり這って進む、景色と色は匂えど 辞書からこぼれ落ちた慈愛という言葉を

HYPER CHANT

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:ただただひたすら走り続け たぐり寄せた現在地点 でもここからまた上を見上げて 見える景色の中間地点

AIMAI VISION

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:ハロー? ぼく今ただ 青い青いきみ 見てる 0から7まですべてOK

ハトガヤ・ゲットー

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:真夜中のクラブ・ゲットーでその計画は始まる。 白い街灯の光だけを頼りにして密かに集まった。 スラムみたいなこの街では明日なんて頼りにしちゃいけない。 そうして僕たちは大人を知った。

蜘蛛の巣

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:奴はもうとうに何処かに行ってしまった。 その上、寄りかかったこの絶望だ。 蜘蛛の巣に踏みこんで、くだらない想像を消せ。

西南西の虹

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:どれだけ揺すっても溶けない水と油、永遠の未完成。 生まれるこの気持ちを言葉だけでは説明できない。 雨に打たれていた俺たちは襟を立て、 間に合わなくても進むだけ。

シンメトリズム

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:気使って追いすがって タガが外れた どんな声で僕呼んだ?「お前が嫌い」と 体が痺れるような感覚で 気狂った不適合者

妄想回路

cinema staff

作詞: 飯田瑞規

作曲: cinema staff

歌詞:ねぇ 少年いつも 手に血を浮かべて 合図を待ってる ねぇ

さらば楽園よ

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:神様 もしあなたが僕たちを憂うなら 幼く 終わりの無い夢を醒まして

pulse

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:そう 壊した 積み上げた予防線 添う不快感 辿るのは下降線

竹下通りクラウドサーフ

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:街は荒天にも関わらず人で溢れてヤバい。 なのに何故かハイな気分になる。 若いカップル,学生の群れ,軍服の人…。 さながらここはCBGB。どうしたって構わないの?

sea said

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:海の匂いがして2人は目を覚ます 窓を開けては耳を澄ませる 汽車は北へ向かう 気づけば左手に雪解けの感触

望郷

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:灯りを消したのは時計の針が二時を越えたあたり。 ため息の数だけディスプレイに映し出される虚構。 忘れ物が何かということすら忘れてしまったな。 星降る夜なのに、窓の外を見ることも無く眠る。

あのスポットライトを私達だけのものにして

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:君は甘い匂いにつられてやって来た。 覚えたての言葉で挨拶を交わす。 東の空では、宵に月が満ちる。 純白のドレスには沢山の返り血。

白い砂漠のマーチ

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:記憶に無い小屋に少し残るにおい、嗅いでいた。 声を潜め隠れよう、闇の中へ。 傘が無い。外にはまだ出られぬまま。 母さんはもう僕の事を覚えていない、なんて考えていた。 道化師の様に笑っていたい。贖罪の床に、ランタンの火が落ちた。

どうやら

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:格子越しに眺めたカラスの死骸。それはいつも、寂しい記憶を犯す。 罪を重ねた略奪者みたいさ。声は届かない。叫んでも叫んでも届かない。 孔子は声を荒げ、「汗をかけ」と説く。 それはいつも、切ない憂いに満ちて。酒に呑まれた密告者みたいさ。 決してしたくない、等価値の取引はしたくない。

火傷

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:彼の世界では言葉が意味を持たない。 十字路を通りすぎていく。答えは見つからないままだ。 小説は彼を待つ。 図書館は燃やされて、もう喉は必要ない、それだけ。

You Equal Me

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:隣の客が泣いていた。何かで間違いを知って。 僕は君とおんなじさ、今は黙って待っている。 隣の客は帰った。法の下に平等なんだ。 僕は君とおんなじさ。今は黙って聴いていよう。 最短距離はどうだい?カスタムされていく金属の塊にまたがる。

storyflow

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: 三島想平

歌詞:逃げ場の無い闇に放り込まれた あなたは玄関先に座り込んで もうどこにも行きたくないと その小さな喉を震わせた

daybreak syndrome

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:風が来ない日が続いたんだ きみが来るにはまだ時間がかかる 灰色の空がさすらっている きみが来るのはまだまだ先だ 寝転がって天井から落ちる光を眺めるぼくです

somehow

cinema staff

作詞: 飯田瑞規

作曲: cinema staff

歌詞:街灯の明かり 長く伸びた影は 1つずつ数を減らして 肩を丸めて歩き続けた 海の底を進むみたいだ

境界線

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:ついさっき迷い込んだ壁がないこの迷路。 誰かに追われてるのか? 誰かを追っているのか? その答えを知ったら消えてしまいそうな気がして。

dead man

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:動き出した夜の速度が 僕を追い抜いて、あさっての方へ。 下を向く僕はつまづいた。 靴紐がほどけ膝を擦りむいた。 傷口に砂を塗り込めば、びりびりと伝わる痛みが僕を剌す。

地下室の花

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:知らない部屋のざわざわだ。 今にもなんか起きそうで僕の頭はどうかなっちまう。 毒にも薬にもならない新聞記事を読みながら 自分の番が来るのをじっと待っているのだった。

compass

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:誰がこの方位磁針を壊したんだろう。 僕はもうどこに行けばいいんだろう。 迷わずにあなたのところへ辿り着くことができるだろうか? 汚いものばかり吸い込んで。

小さな食卓

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:冬の寝室では、窓に文字を書いて遊ぶ子供達。 ゆっくり大人になった。 風呂に炎を灯し、理由も無く笑える。 空もろくに飛べないが、ゆっくり大人になった。

錆のテーマ

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:窓が開いてその隙間風、君の身体は吹き飛ばされて。 嫌な予感は当たるもの。目の前にあるすべてが渦の中。 雨の匂いがセメントのようだ。 例の呪文も効果など無く、中央棟には灰だらけ。 既に両手は錆びていた。井戸の底みたいで、さむいさむい!

明晰夢

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:ああ、今、魔法をかけられて誰も助けられないのさ。 なぜか空を飛んでいるようで、ついに意識もはがれ落ち、 次から次へと変わる色んな夢を見る。 靴の紐がほどけて、いらないものは無くなる。 裸足のまま踊れば、銀盤はいま君のもの。

制裁は僕に下る

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:深夜の人々たち 勧善懲悪を好み 開いたドアの向こう 潜在意識が映る

想像力

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:システムが今僕らの目の前に コーヒーの色が黒く淀んでいた 科学に脳は侵されて、歪む声が消えなくなる 造反しよう

バイタルサイン

cinema staff

作詞: 三島想平

作曲: cinema staff

歌詞:郊外の病院 エントランスにて 夢から醒めぬままの動悸 それは今も隠したまま

cinema staff(シネマ スタッフ)は日本のロックバンド。 wikipedia