1. 歌詞検索UtaTen
  2. ハイ・ファイ・セット
  3. ハイ・ファイ・セットの歌詞一覧

ハイ・ファイ・セットの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年4月13日

74 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

海辺の避暑地に

ハイ・ファイ・セット

作詞:Michel Jonasz..

作曲:Michel Jonasz..

歌詞:海辺の避暑地に 過したあの夏 はなやぐ人の群 にぎやかな店さき 小さな家を借りて

十円木馬

ハイ・ファイ・セット

作詞:荒井由実

作曲:松任谷正隆

歌詞:ビルの屋上で 風にふかれて ながめていたい 今もこの町に 住んでるかしら彼

荒涼

ハイ・ファイ・セット

作詞:荒井由実

作曲:荒井由実

歌詞:鉄道沿いの 海岸線に よせくる流氷 光のいかだ 風が泣いてる

ファッショナブル・ラヴァー

ハイ・ファイ・セット

作詞:大川茂

作曲:山本俊彦

歌詞:FASHION雑誌も かなわない 素敵な娘なのさ あの娘の笑顔 見かけたら

遠くからみちびいて

ハイ・ファイ・セット

作詞:Barry Mann..

作曲:Barry Mann..

歌詞:淋しくて 死にたいとき 星の光さえ うすれるとき わけもなく

夢うつつ

ハイ・ファイ・セット

作詞:Jack Fishman..

作曲:村井邦彦

歌詞:今は夢うつつ そうよあなたを知って 愛の波にゆれ 私小舟のようよ まるで夢の中

Too hot day

ハイ・ファイ・セット

作詞:小泉亮

作曲:山本潤子

歌詞:約束の日は朝から ひどく暑い日だった 溶け出すビルの群れに 憂鬱な気がしてた 車を押す人達

水色のワゴン

ハイ・ファイ・セット

作詞:田口俊

作曲:山本俊彦

歌詞:水色のワゴンが 追いこしていったら 思わず声あげた 夏の高速

素直になりたい

ハイ・ファイ・セット

作詞:杉真理

作曲:杉真理

歌詞:恋はいつも Rhythm & Blues 揺れる心

恋の日記

ハイ・ファイ・セット

作詞:Howard Greenfield..

作曲:Neil Sedaka

歌詞:鍵のついた あなただけの 日記に出てくる その娘の名前を 私知りたいの

今夜だけの恋人

ハイ・ファイ・セット

作詞:大川茂

作曲:山本俊彦

歌詞:はじけとぶ笑顔と 音の波 まぎれこんだ パーティー ドレスとタキシードが

あめりか物語

ハイ・ファイ・セット

作詞:荒木とよひさ

作曲:大野雄二

歌詞:映画のような 旅だちだから いま私が 主人公なのね 夢にまで見た

よりそって二人

ハイ・ファイ・セット

作詞:大川茂

作曲:山本俊彦

歌詞:恋したころは まぶしさになにも見えず あなたの腕で 眠ること夢みていた いつか涙

スカイレストラン

ハイ・ファイ・セット

作詞:荒井由実

作曲:村井邦彦

歌詞:街灯り指でたどるの 夕闇に染まるガラスに 二人して食事に来たけど 誘われたわけはきかない

GENESIS LOVE

ハイ・ファイ・セット

作詞:田口俊

作曲:杉真理

歌詞:それはこの星の物語 銀河を越えて光る船が 生命を連れてきた たぶんあなたは信じないの きっと二人は夜を飾る

星から落ちた迷い子

ハイ・ファイ・セット

作詞:北杜夫

作曲:宮崎尚志

歌詞:星から落ちた迷い子は 暗い夜道に 銀の笛 コダマするのがいとしくて 暗い夜空に笛を吹く

永遠のSunny Days

ハイ・ファイ・セット

作詞:杉真理

作曲:杉真理

歌詞:さよならを言った 校庭で そっとひろったの 桜の花びら ずっと大事に

Pink Sand Dune

ハイ・ファイ・セット

作詞:小泉亮

作曲:楠瀬誠志郎

歌詞:ハマユウが 夕陽受け オレンジ色に染まり 揺れる

とりあえず NARITA

ハイ・ファイ・セット

作詞:大川茂

作曲:山本俊彦

歌詞:ブラジルで式を挙げると 決めたわ 驚ろいた鳥が飛び立つみたいに 突然 とるものも

Boy friend

ハイ・ファイ・セット

作詞:小泉亮

作曲:杉真理

歌詞:地下鉄のドアがあき 押し出されて 一人歩き 街の灯を 集めている

星のストレンジャー

ハイ・ファイ・セット

作詞:荒井由実

作曲:松任谷正隆

歌詞:銀河の果てにまたたく 名もない星が おまえのふるさと そばにいるのにどうしてか 遠く感じる

冷たい雨

ハイ・ファイ・セット

作詞:荒井由実

作曲:荒井由実

歌詞:つめたいあめにうたれて まちをさまよったの もうゆるしてくれたって いいころだと思った 部屋にもどって

スローナンバー

ハイ・ファイ・セット

作詞:田口俊

作曲:小池修

歌詞:忘れたわ 過ぎた恋は 顔さえも 浮かばないわ あなただけしか

プラトニックしましょ

ハイ・ファイ・セット

作詞:田口俊

作曲:杉真理

歌詞:ゴールイン間近と同僚に うらやまれてた恋 おかしいくらいにあっけなく こわれたのよ ケンカするほど仲がいいと

心離れるころ

ハイ・ファイ・セット

作詞:大津あきら

作曲:南佳孝

歌詞:思わせぶりな 恋と気付いて やさしい人が 旅立った頃 学園祭も

燃える秋(映画 燃える秋 主題歌)

ハイ・ファイ・セット

作詞:五木寛之

作曲:武満徹

歌詞:燃える 秋 揺れる 愛のこころ ひとは

フィーリング

ハイ・ファイ・セット

作詞:なかにし礼

作曲:モーリス・アルバート

歌詞:ただ 一度だけの たわむれだと 知っていたわ もう

シャドーラブ

ハイ・ファイ・セット

作詞:大川茂

作曲:SHY

歌詞:旅行鞄 腰をかけ 足を組む 駐車場に 緑の風

Paris Vision

ハイ・ファイ・セット

作詞:田口俊

作曲:杉真理

歌詞:女友達と 今パリに来てるの いつかあなたと訪れた国 思い出の秋

霧雨で見えない

ハイ・ファイ・セット

作詞:松任谷由実

作曲:松任谷由実

歌詞:なつかしさに ぼんやりバスを降りた 橋の上 霧雨の水銀燈

ラブストーリーはこれから

ハイ・ファイ・セット

作詞:大川茂

作曲:南佳孝

歌詞:まあ! どうしたの花束 あなたらしくもないけど ちょっと 恋人気分ネ

NOVEMBER RAIN

ハイ・ファイ・セット

作詞:大川茂

作曲:山本俊彦

歌詞:開け放しの窓から 冷たい風 街はいつしか雨 NOVEMBER 別れたくはないけど

少しだけまわり道

ハイ・ファイ・セット

作詞:竜真知子..

作曲:井上忠夫

歌詞:つらい別れも いつのまにか 懐かしさに 姿変えた 時の流れの

幸せになるため

ハイ・ファイ・セット

作詞:荒井由実

作曲:村井邦彦

歌詞:夕焼けが 燃えて落ちてゆくよ 山並みのむこうへと 馳せる想い あの人が

グランド・キャニオン

ハイ・ファイ・セット

作詞:荒井由実

作曲:松任谷正隆

歌詞:サンタフェ駅をあとに アリゾナ目ざして走れ 神が大地をけずった 百万年の昔へ

エイジズ・オブ・ロック・アンド・ロール

ハイ・ファイ・セット

作詞:大橋一枝

作曲:村井邦彦

歌詞:レコード屋で見つけました 昔のレコード セイラー服着ていました おさげ髪をして 胸の中を通り過ぎた

サブリナ

ハイ・ファイ・セット

作詞:大川茂

作曲:本田達也

歌詞:半分眠った町並 海へと続く階段を かけ降りた サブリナみたいに 昼下がり

Angels Fly~天使の季節~

ハイ・ファイ・セット

作詞:佐藤めぐみ

作曲:山本俊彦

歌詞:夢見るまつげの先 天使がくちづけたら あなたの日ざしの下 まどろむ季節によりそうの

Egg Benedict

ハイ・ファイ・セット

作詞:小泉亮

作曲:山本俊彦

歌詞:真夜中ベルの音 受話器を探して 紙コップ 冷めてるコーヒー 倒れた

寒い夏

ハイ・ファイ・セット

作詞:大川茂

作曲:SHY

歌詞:鈍色の海 曇り空 夕日も見せず ただ暮れる たわむれの

星化粧ハレー

ハイ・ファイ・セット

作詞:田口俊

作曲:杉真理

歌詞:一万光年 離れていても つのる恋しさは 消せないの 会えぬ一秒は

Good-bye school days

ハイ・ファイ・セット

作詞:大川茂

作曲:岡本朗

歌詞:キャンパスを出てゆく その日はいつか来ると わかっていたのに 今日のこの寂しさ 涙があふれる

緑の町に舞い降りて

ハイ・ファイ・セット

作詞:松任谷由実

作曲:松任谷由実

歌詞:輝く五月の草原を さざ波はるかに渡ってゆく 飛行機の影と雲の影 山すそかけおりる 着陸ま近のイヤホーンが

星降る真夜中

ハイ・ファイ・セット

作詞:荒井由実

作曲:村井邦彦

歌詞:傷ついた遠い日の 想い出あなたに打ちあけた テーブルに並べたの 恋した数だけマッチ棒

真夜中の面影

ハイ・ファイ・セット

作詞:荒井由実

作曲:山本俊彦

歌詞:別れることをどちらともなく言った 私一人で飲んで行くわと 君はつぶやく ぼくは出て行く

朝陽の中で微笑んで

ハイ・ファイ・セット

作詞:荒井由実

作曲:荒井由実

歌詞:朝陽の中で 微笑んで 金のヴェールの むこうから 夜明けの霧が

観覧車

ハイ・ファイ・セット

作詞:小泉亮

作曲:山本俊彦

歌詞:アトリエ 古い扉 キャンバスと 花差し 木洩れ陽

Shall We Dance Again? ~恋する80's~

ハイ・ファイ・セット

作詞:田口俊

作曲:杉真理

歌詞:こぼれそうな解禁日のワイン 踊りながら飲み明かした Winter night 過ぎ去りし80's

誰か踊ってくれませんか

ハイ・ファイ・セット

作詞:杉真理

作曲:杉真理

歌詞:不親切なタンゴ 無表情なマンボ 残酷なほど わがままなDance たとえ一人でも

Starship

ハイ・ファイ・セット

作詞:杉真理

作曲:杉真理

歌詞:幼いころに 開いた絵本が 君を照らした夜に 果てしない旅が 始まったのさ

ハイ・ファイ・セット (Hi-Fi Set) は、日本のコーラスグループ。1974年結成、1994年解散。 wikipedia