1. 歌詞検索UtaTen
  2. NSP
  3. NSPの歌詞一覧

NSPの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

さくら草雪どけ水はつめたくて

まだねむたそうな雪が そろそろ起き出した崖っぷちに 水の流れを見つめてる さくら草 君を思い出すかのように

風が変わる時

月日を重ねるほど 思い出が増えて 消すに消せないくらい 抱えていた 君と暮し始めた

あなたこっちを振り向いて

僕が忘れた 車のKeyを そっと隠して ポケットに いじわるするんじゃ

遠野物語

朝霧に包まれ 静かに眠る山々は 雪溶けを待ちわびて息をひそめる 美しい白馬が空を走り抜けるように 喜びも苦しみも通り過ぎゆく

北北東の風

北で生まれた僕が 寒さにふるえて 南で生まれた君が 汗かいていた 日本にはたくさんの人が

さようなら

やけに真白な雪がふわふわ 真っ裸の木をこごえさせ 蝉の子どもは土の下 あったかいんだね ぐっすり眠る

八月の空へ翔べ

草原の白い柵に 少女の君が寄り掛かってた 新鮮な風を集めて 深く吸い込む思い出遠く 八月の空はどこまでも

僕たちの失敗

今さら君に謝れと 云っても遅いと分かっているし 君が犯した失敗は 取り返せないし お酒をたくさん飲んだから

新緑の頃、君に語りかける

君はここに居ても 心がいないから 雪が空から来て 色をなくしてゆく

愛のナイフ

窓をたたく人の影に 飛び起きてドアを開いてみた 木枯しに髪も凍らせて 君が立っている 愛してるワ

雪の精

きみの顔が白すぎるので 雪の中では見分けがつかなくなったんです とってもきれいすぎるので ボクはまるで雪の精みたいに思えたんです だきしめたくて近づくとすっと消えてしまう

夕暮れ時はさびしそう

田舎の堤防 夕暮れ時に ぼんやりベンチに すわるのか 散歩するのも

歌は世につれ

街頭では学生たちが マイクをもって声を上げる 決まりきったように政治の季節 どこかの店先に流行りのメロディ

水のせいだったんです

君のKissがなんだか昨日と違う 水の味も変だったんです 擦りむいた心の傷 治りにくい 虹が消えたせいだったんです

八十八夜

ひきだしの中からあの人の写真 みんな棄ててしまったはずなのに それはもう黄ばんでしまっていて 泣き顔か笑い顔かわからない あの人の思い出にピリオドを打って

青い涙の味がする

すすきが揺れる 遠いふるさとの町に 忘れ物を捜しに来たんだ ホームに足を 降ろしただけでこうばしい

赤い糸の伝説

人は生まれながら 赤い糸で結ばれている そしていつかは その糸をたどって めぐり会う

いい

天雲の下がいい うるさい所がいい 雨がザザンカザン 風さんビュービュー 電信柱の高いこと

一片の幸せ

古い本をひっぱりだして ページをひらくと かびくさいにおいが ボクをつつむ それだけでいい気分になってしまう

The WIND'S SONG

ああ この体じゅう ああ この体じゅう ああ

BLUE MOON

打ち寄せる波の音が思い出を運んでくる 出会うために生まれてきたと 呟く君が揺れる キャンドルの代わりに花火を点けて

線香花火

はじっこつまむと 線香花火 ペタンと しゃがんで パチパチ燃やす

FLY TO THE MOON

Fly to the moon Fly

かげふみ

冬のかげは昼間でも 大きいからすぐつかまるよ きみのかげをふんだなら ぼくからもうにげられない かげふみ

シャツのほころび涙のかけら

ほおづえついたテーブルに 涙のかけらが残っているんじゃないか おもわず息を吸ってみる きみの匂いが残っているようで 嫌われたからぐちを云っているんじゃない

浮雲

泣いた日よ 悔んだ日々よ それは幼くて おまえにとってはちっぽけな ただのお話か

はじまりは朝

歯ブラシは白く乾いて あの人が訪ねて来ない 子供を叱りつけるママになったような 不思議な気持ちであの人を愛したけど

めぐり逢いはすべてを越えて

目と目が合って 感じ合って たったそれだけのことさ 初めての出会いでも 愛し合えるさ

もう人生の秋

二人コーヒー 間にはさんで 学生の頃を思う 君はショート・カットのおてんば娘 とても母に見えない

思い出はドラマさ

思い出 それは あの日に君と別れてから始まった 思い出 それは