1. 歌詞検索UtaTen
  2. まふまふ
  3. 終点歌詞
よみ:しゅうてん

「終点」の歌詞

まふまふ
2017.10.18 リリース
作詞
まふまふ
作曲
まふまふ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
なにらないほうがいいなら
なにおしえてくれなくていい
虚言きょげん真相しんそう 夢遊病むゆうびょう
無邪気むじゃきなあの長袖ながそで裏側うらがわ

12かいのビルから
今日きょう片足かたあしだけしている
蒼然そうぜん 悄然しょうぜん どうせ
勇気ゆうきのひとつもないくせして

ひとなりでいるのに おなひといなりになるなら
まだゆめれるのに こんなゆめれない世界せかいなら
夏草なつくされるまで いっそしゃがんでかくれていようかな
なんてことをってわら
つぎ終点しゅうてん

なにらないほうがいいなら
なにおしえてくれなくていい
妄想もうそう 恐怖症きょうふしょう きょうしょう
特効薬とっこうやく無気力むきりょくか PTSD

いつかわらうことより
ずっとわらわれることにれていた
感情かんじょう 愛情あいじょう 哀情あいじょう
ひろわずにいる とすよりいいや

ぬことへの恐怖きょうふらい
はらたしていく神様かみさま
まやかしと 詐欺師ぺてんし
ボクはうにわかっているんだ

どんなかさねるより
ずっとくらい ただなつかしい光彩こうさい
てしないほどの
暗闇くらやみ


こたえだった こたえだった
なにもを手放てばなして
微睡まどろみ奥深おくふか
ちていく


なにらないほうがいいなら
なにおしえてくれなくていい
虚言きょげん真相しんそう 夢遊病むゆうびょう
無邪気むじゃきなあの長袖ながそで裏側うらがわ

前髪まえがみばしている
だってなにひとつたくないから
けるまでいろ
だってボクはまりたくないから


うらって たたって
ねたって とぼって
さがって なぐさって
やみって わかった

こんなうたおと
肯定こうてい否定ひてい未練みれん
四季しき折々おりおり光彩こうさい
何処どこにものこらない
暗闇くらやみ


こたえだった こたえだった
くすような暗闇くらやみ
ボクらの未来みらいだった

ねがっている もういいんだって
すくわれやしないんだ
微睡まどろみ奥深おくふか
ちていく

終点/まふまふへのレビュー

女性

ましゅまろ

2020/03/30 12:24

この曲は人の死についてよく書いてあり、奥が深いと感じました。『こんな詩も音も肯定も否定も未練も四季折々の光彩も何処にも残らない暗闇が』このサビの前の部分はきっと自分自身の人生のことだと思います。『答えだった 答えだった 吸い尽くすよな 暗闇が僕らの未来だった』ここはきっと死後の事でしょう。自分自身の人生を飾った四季折々の光彩も、感情も,音も全てを吸い尽くすような暗闇だったんでしょう。では、考察はここまでで…この様な曲をアルバムの最後にすることで,始まり(始発駅のような物)と終わり(終点)という,人の人生を描いたのでしょう。本人もそうおっしゃっていましたしね。では、長々と失礼しました。これからも応援しています。

女性

ぬこ

2019/11/02 19:59

まふまふ さん…大丈夫ですか?

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:終点 歌手:まふまふ