1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山口百恵
  3. 秋桜歌詞
よみ:こすもす

「秋桜」の歌詞

山口百恵
1977.10.1 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
淡紅うすべに秋桜コスモス
あき
何気なにげない陽溜ひだまりに
れている
此頃このごろ 涙脆なみだもろくなったはは
庭先にわさきでひとつせきをする
縁側えんがわでアルバムを
ひらいては
わたしおさな
おも
何度なんどおなはなしくりかえす
独言ひとりごとみたいにちいさなこえ
こんな小春日和こはるびより
おだやかな
あなたのやさしさが
みて
明日嫁あしたとつわたし
苦労くろうはしても
わらばなしときえるよ
心配しんぱいいらないとわらった

あれこれとおも
たどったら
いつのもひとりでは
なかったと
今更乍いまさらなが我侭わがままわたし
くちびるかんでいます
明日あしたへの荷造にづくりに
りて
しばらくはたの
いたけれど
突然涙とつぜんなみだこぼし元気げんきでと
何度なんど何度なんど
くりかえすはは
ありがとうの言葉ことば
かみしめながら
きてみますわたしなりに
こんな小春日和こはるびより
おだやかな
もうすこしあなたの子供こども
いさせてください

秋桜/山口百恵へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:秋桜 歌手:山口百恵