1. 歌詞検索UtaTen
  2. 徳永英明
  3. Nostalgia歌詞

1994.9.14 リリース

「Nostalgia」の歌詞 徳永英明

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ねえいま何処どこてる? たわいもない中傷ちゅうしょうこころいためて
きていくうえで ルールがあるとすれば
それはなにかをうしない それでもわらっていなきゃいけない
満員電車まんいんでんしゃられて 明日あすきることだけのためはたらはたら
なにかにかれたように くるってくるって そして自分じぶんは……
子供こどものころに夕日ゆうひいまこころなかかがやいている
むねをあてたずねる場所ばしょ
きっとぼくらへこたえがってる

えるものだけをきれいだと
かねえるものだけを贅沢ぜいたくだと
そしておやのこと尊敬そんけいしない子供こどもまれる
ぜんぶぜんぶ大人おとなぼくらがわるいとおも
都会とかいのネオンにせられて
うしなうまでもだまされうそをつかれ
あそんで あそんで 突然とつぜんこわされたよる
はじめて はじめて 気付きづいた 自分じぶんに……
子供こどものころにゆめはなし 記憶きおくなかかがやいている
むねをあてたずねる場所ばしょ
きっとぼくらへこたえがってる

子供こどものころに夕日ゆうひなかぼくらはいつもかがやいていた
むねをあてたずねる場所ばしょ
きっとみんなとおなこたえがってる

Nostalgia/とくながひであき

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:Nostalgia 歌手:徳永英明

リンクコード:

ブログ用リンク:

徳永英明 人気歌詞ランキング

徳永英明の歌詞一覧を見る

徳永英明の特集

徳永英明のニュース