1. 歌詞検索UtaTen
  2. Mao Takeuchiの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

Mao Takeuchiの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

25 曲中 1-25 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ネメシス(映画「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」 オープニングテーマ)

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:断ち切るよ 君の痛みの元をリダクションしたくて繰り返した 台詞を 僕は光をかざして救った気になっていた

伝導体ダイアグラム

THE NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:月の無い夜ってつらいな 一人ぼっちだって思い出すし それはずっと前に失くした光に 月が似ているからだろう

Freaky In The Sky

THE NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:空に憧れて上を向いてばかりいる ベランダに居座った僕の友達 長い尻尾が邪魔で いつ見てみても困り顔の彼は

息もできないほど

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:息もできないほど深い闇の底にいたって 何か掴めそうなんだこの夜の向こうなら 環状線を走って行ったバイクの ブレーキ音が今日は悲鳴のようだった

惑星パーティ

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:忘れていくことだって 僕ら慣れてしまうけど 日々大切に生きるってことに変わりはないんだ こだわって傷つけといて特に意味はないんだ

THE SINGING

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:終わってしまった映画を見ている 君はいつもそう呟いていた 止まってしまって動かない恋は 鍵を失った子供の様だね

ラストレジスタンス

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:砂漠の真ん中で今消えかかってる 僕らの足跡など誰も知らない ここから眺める景色は乾いた世界 二人で慰め合う日も悪くはない

Mouth of providence

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:どうにでもなるというなら それを証明してみろ人類 崩れそうになる度に何かを 踏みにじって ここまで来たんでしょう?

コーカス・レース

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:その鳥が隠れてしか鳴けないのは 聞こえないふりされるのが怖いから 共感されない孤独を恐れたとき 飛ぶことさえやめたの でも

レムリア

THE NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:ハロー あの話をしよう どこから話そうか あれはもうずっと続いていた嵐が ベランダに出た一人の女の子を見て

遊星オペラサーカス

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:シーソー ブルーの滑り台 水銀灯 見えやしないよ星なんて 湿った土の音

星と君とマーブル模様のこと

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:初めて立って歩き出したときを そこに無いものが欲しかったことを 忘れずにずっと覚えていられたとしたら 傷つくことなど恐れずいれただろうか

umbrella

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:簡単に降り出した雨が彼女をペシミスティックに変えた 鍵穴はひとつじゃないから論理の飛躍が必要なんだ 抗生物質を頭に打ち込もう 金属音が消えるなら何度だって

双生児

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:それは君の友達です いつも君の傍にいます 身近過ぎて喧嘩もします けど一緒に泣いてくれもします

Wiz -Album ver.-

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:物語は今終りかけているけれど この記憶や傷が消えたりしないように祈りながら 繋げたビーズの束、迷った時のために蒔いて無くした But

心細胞学

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:光学顕微鏡でも覗けはしない世界 瞼を閉じ さぁ探しに行こう アスファルトの上 傘の真下

グーイグーワ

NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:例えば夜空のあの色が急に 黄色くなったら 月はどう思う 見えないくらいならせっかく照らしても 意味が無いやと消えてしまうかな

鏡の国の二人

THE NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:誰かになろうとして誰にもなれなかった 僕らはずっとそれを痛んでいて 歩き出してしまった理由も誰かのせいにしている 胸の奥に何かがあって

Ghost Communication

THE NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:本当のことなんて解りたくないけど 本当のことだって思わせておいてよ つまりそれは これ きっと

その日が来る前に

THE NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:朝焼けは何もかも奪っていくけど 朝焼けを美しく感じるのはなぜ? 大切なものだと知っているのに 大切にできないのはなぜ?

Black Black Disorder

THE NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:「そのバスは真っ黒で古ぼけた旧タイプナンバー 乗り込んでドライバーに行き先は任せますと言え」 忘れていた宛名のない手紙を思い出していた なぜかって今まさにそのバスが僕の目の前に

Fire Stone

THE NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:生まれる前の記憶が何も残っていないのは 誰かが僕らのことを試しているから 生まれる前は確かに僕らが持っていたものを この短い時間で見つけられるかどうかを

Shelter Park

THE NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:Hi mom...I left my home

The Cave

THE NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:とある時 どっかの国の誰かさんが言う 孤独から僕らはずっと逃げられないんだよ 白波の様に襲うそれは 人波の中にこそあるんだと

星の標本

THE NOVELS

作詞: Mao Takeuchi

作曲: Mao Takeuchi

歌詞:あの青い星を越えて 君に会うために来たんだ 少年はキツネの子供にそう言った 夜の隙間で