1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉川静夫の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

吉川静夫の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

50 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

島のブルース

三沢あけみ,和田弘とマヒナスターズ

歌詞:奄美なちかしや 蘇鉄のかげで 泣けばゆれます サネン花ョ ながい黒髪

わかれ酒

横内じゅん

歌詞:女の歓喜おしえた貴方が こんな こんな こんな悲哀 わたしに呉れた

女の波止場

森進一

作詞: 吉川静夫

作曲: 猪俣公章

歌詞:別れはしない はなれない 死ぬ程好きな 人だから あなたの名だけ

ひとり酒場で

森進一

作詞: 吉川静夫

作曲: 猪俣公章

歌詞:ひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る 両手でつつむ

島のブルース

青江三奈

歌詞:奄美なちかしゃ 蘇鉄のかげで 泣けばゆれます サネン花ヨ ながい黒髪

池袋の夜

青江三奈

歌詞:あなたに逢えぬ 悲しさに 涙もかれて しまうほど 泣いて悩んで

長崎ブルース

青江三奈

歌詞:逢えば別れが こんなにつらい 逢わなきゃ 夜がやるせない どうすりゃいいのさ

女から男への手紙

青江三奈

歌詞:前略 ふたつの文字を書き それから先がでてこない こころ つめたい北の宿

青春のパラダイス

東京大衆歌謡楽団

作詞: 吉川静夫

作曲: 福島正二

歌詞:晴れやかな 君の笑顔 やさしく われを呼びて 青春の花に憧れ

ひとり酒場で

八代亜紀

作詞: 吉川静夫

作曲: 猪俣公章

歌詞:ひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る 両手でつつむ

女のためいき

森進一

作詞: 吉川静夫

作曲: 猪俣公章

歌詞:死んでもお前を 離しはしない そんな男の 約束を 嘘と知らずに

愛染月夜

渡辺はま子,宇都美清

作詞: 吉川静夫

作曲: 吉田正

歌詞:花のいろさえ さみしい春に 一人旅して 涙にくれる 月の湖

落葉しぐれ

北島三郎

作詞: 吉川静夫

作曲: 吉田正

歌詞:旅の落葉が しぐれに濡れて 流れ果てない ギター弾き のぞみも夢も

初めての出航

曽根史郎

作詞: 吉川静夫

作曲: 豊田一雄

歌詞:今日は嬉しい 出航日 海は男の 男の往くところ 水平線は

十九の春

神楽坂浮子

作詞: 吉川静夫

作曲: 清水保雄

歌詞:好いちゃいけない 好かれない ただあきらめる 恋もある きれいなだけの

落葉しぐれ

三浦洸一

作詞: 吉川静夫

作曲: 吉田正

歌詞:旅の落葉が しぐれに濡れて 流れ果てない ギター弾き のぞみも夢も

和歌山ブルース

古都清乃

作詞: 吉川静夫

作曲: 侫田正

歌詞:逢いたい見たい すがりたい そんな気持ちに させるのは ぶらくり丁の

花のロマンス航路

曽根史郎

作詞: 吉川静夫

作曲: 利根一郎

歌詞:赤い花束 こころに抱いて テープにぎれば 銅羅が鳴る かもめ飛べ飛べ

釧路の駅でさようなら

三浦洸一

作詞: 吉川静夫

作曲: 豊田一雄

歌詞:いつも貴女が つけていた 口紅いろの 赤い灯が 挽歌の街に

わかれ酒

三沢あけみ

歌詞:女の歓喜おしえた貴方が こんな こんな こんな悲哀 わたしに呉れた

流れの旅路

津村謙

歌詞:紅いマフラーを いつまで振って 名残り惜しむか あの娘の馬車は 遥かあの丘

すっとび野郎

橋幸夫

作詞: 吉川静夫

作曲: 平川浪竜

歌詞:すっ飛び すっ飛び すっ飛び野郎 その先ァ言うなよ わかってる

女のためいき

山内惠介

作詞: 吉川静夫

作曲: 猪俣公章

歌詞:死んでもお前を離しはしない そんな男の約束を 嘘と知らずに信じてた 夜が夜が夜が泣いてる ああ

落葉しぐれ

三山ひろし

作詞: 吉川静夫

作曲: 吉田正

歌詞:旅の落葉が しぐれに濡れて 流れ果てない ギター弾き のぞみも夢も

池袋の夜

水森かおり

歌詞:あなたに逢えぬ 悲しさに 涙もかれて しまうほど 泣いて悩んで

雨の郷愁

松島詩子

作詞: 吉川静夫

作曲: 山口俊郎

歌詞:雨が静かに 降る宵は 青いオームも 赤い灯も なぜかさみしい

花の十九よ さようなら

藤本二三代

作詞: 吉川静夫

作曲: 吉田正

歌詞:雨が降る降る 湖畔の道で 想いあふれて 涙に濡れて 君に別れる

落葉しぐれ

五木ひろし

作詞: 吉川静夫

作曲: 吉田正

歌詞:旅の落葉が しぐれに濡れて 流れ果てない ギター弾き のぞみも夢も

後追い三味線

野中さおり

作詞: 吉川静夫

作曲: 吉田正

歌詞:後を追うなと 薄情がらす 闇にひと声 月夜に三声 すがりつかせぬ

後追い三味線

島津亜矢

作詞: 吉川静夫

作曲: 吉田正

歌詞:「負けるものかと云いながら あの人だけには泣かされました 男ぎらいの金看板を 女ぎらいにはずされて 弱い女になりました」