特集ランキング J-POP & 歌詞コラム

【J-POP & 歌詞コラム】ランキング(5/14付)
1位
「夜に駆ける」の歌詞の意味とは?YOASOBIが物語を音楽で表現した世界に浸る
『夜に駆ける』の歌詞は『タナトスの誘惑』をモチーフに作られた楽曲です。歌詞の意味と、小説を音楽にするために結成されたユニット『YOASOBI』の作り出す世界観を紹介します。
Column ゆとりーな
2位
BLOOM VASE「Bluma to lunch」の中毒性がやばい!「ブルマとランチ」の歌詞の意味を考察
『Bluma to lunch』は3人組アーティスト『BLOOM VASE』の楽曲。「TikTok」で「ブルマとランチとか行きたいね」のフレーズが話題です。中毒性の強い楽曲ですが、歌詞にはどのような意味が込められているのでしょうか?
Column ゆとりーな
3位
Ado「うっせぇわ」の歌詞の意味に迫る!右に倣えの社会に一喝
今、音楽界で話題になっている女性シンガーの『Ado』。圧倒的な歌唱力も去ることながら、17才という若さや社会を一喝するような辛辣な歌詞が注目されています。彼女のデビューシングルである『うっせぇわ』の歌詞の意味に迫りましょう。
Column ゆとりーな
4位
YOASOBI「優しい彗星」の歌詞に込められた意味が切ない
YOASOBIの『優しい彗星』が2021年1月に配信リリースされました。『BEASTARS』の原作者の小説『獅子座流星群のままに』を元に書き下ろされた楽曲の歌詞の意味を考察していきましょう。
Column 岡野ケイ
5位
大好きな絵の中に閉じ込められる?!大貫妙子『メトロポリタン美術館』に秘められた物語
NHKの『みんなのうた』において非常に有名な曲『メトロポリタン美術館』。1984年に放送されていました。大貫妙子が歌うこの歌は、怖いトラウマソングとして記憶している人も多い曲です。ラストが「絵の中にとじこめられた」というフレーズで終わること、そして薄暗い美術館で人形が踊る映像。これらの要素で、子供時代に恐怖を感じたという人が意外といる曲なんですね。
Column 改訂木魚(じゃぶけん東京本部)
6位
Ado「ギラギラ」の歌詞の意味は?少女が持つ劣等感や強さに注目。
圧倒的な歌唱力を持つ女子高生シンガーとして注目されている『Ado』。そんな彼女が2021年2月14日に3作目となる『ギラギラ』を配信リリースしました。今回の楽曲は一体何について歌っているのか歌詞の意味を徹底解釈します。
Column ゆとりーな
7位
優里が「ドライフラワー」の歌詞に描くのは散らない恋心
優里が10月25日にリリースした『ドライフラワー』は、2019年12月にリリースされ、SNSなどで話題となった『かくれんぼ』のアフターストーリーです。女性目線で描かれたリアリティのある世界観はきっとあなたの胸にも共感として届くはずです。
Column DĀ
8位
Eve「廻廻奇譚」歌詞の意味は?負の連鎖に立ち向かう主人公に惹かれずにはいられない
『廻廻奇譚』はアニメ『呪術廻戦』の主題歌で、人気シンガーソングライターのEveが歌っています。OP動画の再生回数が1ヶ月で800万回を記録する今注目のアニメソングです。聴けば引き込まれる主題歌の歌詞の意味を考察します。
Column Asakura Mika
9位
Awesome City Club「勿忘」歌詞の意味を考察!タイトルに込められた想いとは
男女3人組アーティスト『Awesome City Club』の楽曲『勿忘(わすれな)』は、映画『花束みたいな恋をした』のインスパイアソングとして話題です。今回は、『勿忘』の楽曲が制作された経緯や歌詞の意味を徹底解説します。
Column ゆとりーな
10位
adieu「よるのあと」たったひとりの決別の夜に紡いだメッセージとは
女優・上白石萌歌としての活動でも知られる新気鋭のアーティスト、adieu。切ない歌詞を繊細な歌声で歌い上げる『よるのあと』が発売から半年以上経った今もなおリスナーの数を増やし続けています。今回は歌詞に注目、意味やメッセージを独自の視点で徹底解説します。
Column ヨギ イチロウ