人気の特集総合ランキング

特集総合ランキング(9/21付)
前の週 | 次の週
1位
伊藤千晃がソロデビューで歌ったのは切り開きたい輝く未来
伊藤千晃が9月5日に『New Beginning』でソロデビュー、翌週の9月12日には『happiness』をリリース。ソロデビューに至った決意までの心の変化や、この2作に込めた想いについてお話を伺いました。
Interview 愛香
2位
嵐が贈るドラマ主題歌「truth」は、『魔王』が潜む怖い歌?
2008年、TBS系金曜ドラマにて「魔王」が放送された。 韓国で放送された同名ドラマをリメイクした作品ながらお茶の間を賑わせ、その年は数々の賞を受賞をしている。 このドラマの主演を果たしたのが嵐のメンバーである大野智で、彼にとって連続ドラマ初レギュラー初主演となる記念すべき作品となった。
Column 空屋まひろ
3位
中島みゆき『糸』 幸せではなく「仕合わせ」と歌詞に書かれている理由とは・・。
北海道札幌市出身のシンガーソングライター中島みゆき。
Column 笹谷創
4位
ONE OK ROCKもカバーする「A Thousand Miles」、途方もない距離は悲しみの証
聴けば「ああこれ!」となる日本人におなじみの洋楽ヴァネッサ・カールトンの「A Thousand Miles」。実は、壮大な物語が隠されているのをご存知ですか?
Column 佐藤マタリ
5位
本当の恋ってなんだろう? sumika「Lovers」歌詞のヒミツと厳選の踊ってみたはコレ!
2016年3月、再び音楽人として歩みを始めたバンドsumika。彼らの復活シングルで大人気曲「Lovers」をより楽しんでいただけるために、より大好きになってもらうために、いろいろ集めてみました!!
Linkz
6位
井上陽水『少年時代』に散りばめられた造語には本当に意味はないのか?
1990年9月にリリースされた井上陽水の『少年時代』は、自身の最大のヒット曲であり、代表曲の一つに挙げられている。
Column 川崎龍也
7位
フジファブリックの名曲「若者のすべて」が愛される理由
2015年6月に発売された柴咲コウのカバーアルバム「こううたう」に、ある楽曲が収録された。フジファブリックの「若者のすべて」だ。この楽曲、カバーされるのは今回が初めてではない。過去には藤井フミヤやBank Band(桜井和寿)ら様々なミュージシャンに歌われている。
8位
【インタビュー】チームしゃちほこが熱く燃え上がった平成最後の夏
秋本帆華・咲良菜緒・大黒柚姫・坂本遥奈・伊藤千由李の5人組アイドルグループ「チームしゃちほこ」が8月29日、RADIO FISHとのコラボレーションシングル『BURNING FESTIVAL』をリリース!今回はメンバー全員にコラボ曲の話はもちろん、平成最後の、5人のチームしゃちほことしても最後の夏を振り返ってもらった。
Interview&Photo ポッター平井
9位
【インタビュー】平和を願い歌うmëme、OTONOVA2018へ出場し初代グランプリを獲得!!
幼少の頃から培ったダンスパフォーマンを武器に、歌をミックスさせ都内を中心に活動している「mëme」(ヨミ:ミーム)。 2018年6月2日に開催されたOTONOVA2018グランプリファイナルへ出場し見事グランプリを獲得。同日にアルバム「COLOR」リリースしている。 そんな今注目の彼女にインタビューをしました!
Interview&Photo 苦楽園 京
10位
気になって夜も眠れない。『ロストワンの号哭』の深すぎる意味と解釈
ボーカロイド、UtaTenのアクセス数で常に上位に来る『ロストワンの号哭』の深すぎる意味と解釈を調べました。
前の週 | 次の週