1. 歌詞検索UtaTen
  2. きのこ帝国

きのこ帝国の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

桜が咲く前に

真夜中の校庭に忍び込んでさ 星空をただ見上げてた 飲めやしないお酒片手に どうしても叶えたい夢があってさ

金木犀の夜

だいたい夜はちょっと 感傷的になって 金木犀の香りを辿る 何でもないふりしても

名前を呼んで

笑顔が作れなくても あなたは愛して よく笑うあの子ばかり見ないで ここにいて

ラプス

吐いた息は白く 空に吸い込まれ消えてゆく 何度も青い帳が下りて

怪獣の腕のなか

本当はあなたの方が弱いってこと 気付いているんだ いつだって強がっている あなたを悲しみから守りたい

海と花束

伝えたいことなど とっくのとうに無い 錯覚起こしてる ただそれだけなんだよ

クロノスタシス

コンビニエンスストアで 350mlの缶ビール買って きみと夜の散歩 時計の針は0時を差してる

35℃

35℃ 冷たい手を 握りしめ 駆け出した 夏の影

国道スロープ

246号線をまたぐ歩道橋 東京は地上に星がある 街に雨が雨が降って降って 赤い傘さす少女が歩く

ユーリカ

ゆこう 港まで 帰る場所など捨てましょう あなたが歌っているのは

猫とアレルギー

話せなくていい 会えなくてもいい ただこの歌を聴いてほしいだけ あなたの顔や あなたの声が

夜鷹

シリウス、ベガ、アルタイル、ティコの星 太陽から何億光年のこの場所で 細胞分裂をやめられないぼくらは 星巡りの唄をうたいながら泣いてる

ありふれた言葉

ありふれた言葉でいい その一言で生きてゆける 悲しみの道の果てに 進んで、進んでゆけ

ハッカ

白い靴が汚れて、少しだけ泣いた あの人にあげたかったものを いとも簡単になくした もういらないと思っていたのにな

スピカ

あの星を探して 2人どこまでも歩いた きみの赤い頬の上 雪が溶けては消えて

WHY

幸せなんてあるのかな 寄り道ばかりしてきたけど ひとりじゃ空っぽだった

愛のゆくえ(映画 『湯を沸かすほどの熱い愛』 主題歌)

全部 全部 覚えている 波の光 音の狭間で

LAST DANCE

あなたの方から去ってゆくのに 「変わらないで」なんて勝手すぎる Oh darling.

MOON WALK

月が綺麗 浮かびそうな気分 はしゃいで 届きそうで 届かないまま

ミュージシャン

隠しても隠しても隠しても見えてる はみでてるわかってるあなたは狂ってる それでもそれでもそれでもやっぱり まっすぐ佇むあなたはきれいさ

退屈しのぎ

生ぬるい情性で生活を錠ばす ゴミ箱みたいな部屋のなかで、時が 過ぎるのをただただ待ってる それだけ 眠れない夜更けに呼吸の音を聞く

夏の夜の街

君に借りた 紙ジャケのCANのアルバムを 破いちゃったことが ずっとどうしても言えなかった

You outside my window

夜 未来 永い 怖い 夢見る

WHIRLPOOL

仰いだ青い空が青過ぎて 瞬きを忘れた いつか殺した感情が 渦になる 渦になる

タイトロープ

私のいたいけな悲しみは 全身に涙を排出している 机上の空論で身を滅ぼし 気がつけばいつでも周回遅れだ

Donut

ナイフとフォークで 2等分して食べましょう たまには相槌をうったり 可愛らしく照明を消しましょう

クライベイビー

いつまでもこんなふうに隣にいられるような気がしてるよ ねえ最近はきみの心の不安定なとこも全部ひっくるめて 大切に思う 愛しいんだと思う

スカルプチャー

また同じ香りに騙され振り向く 何度も 甘い言葉だけ信じていたかった その奥で揺れる蕾も知らずに

Telepathy/Overdrive

たぶんゲームオーバー 気付かないふり 逃げてしまおうか 手は繋いだままで

東京

日々あなたの帰りを待つ ただそれだけでいいと思えた 赤から青に変わる頃に あなたに出逢えた この街の名は、東京

全て見る