1. 歌詞検索UtaTen
  2. サカナクション

サカナクションの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

新宝島(映画 バクマン。 主題歌)

次と その次と その次と線を引き続けた 次の目的地を描くんだ 宝島

「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」

聴きたかったダンスミュージック リキッドルームに 続きまして 夜は朝に変わります

多分、風。(資生堂「アネッサ」TVCMソング)

ほらショートヘアをなびかせたあの子 やけに気になりだした なぜか 今アップビートの弾けた風で

アルクアラウンド

僕は歩く つれづれな日 新しい夜 僕は待っていた

Aoi(2013NHKサッカーテーマ)

青さ 思い出せば また見えた 新しい姿の行く末を

夜の踊り子(2012年度モード学園(東京・大阪・名古屋)TV・CMソング)

跳ねた跳ねた 僕は跳ねた 小学生みたいに 雨上がりの夜に跳ねた 水切りみたいに

『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

バッハの旋律を夜に聴いたせいです こんな心 バッハの旋律を夜に聴いたせいです こんな心

アイデンティティ(映画 ジャッジ! オープニング・テーマ)

アイデンティティがない 生まれない らららら アイデンティティがない 生まれない

ミュージック(フジテレビ系ドラマ『dinner』主題歌)

流れ流れ 鳥は遠くの岩が懐かしくなるのか 高く空を飛んだ 誰も知らない

Ame(A)

雨は気まぐれ つまり心も同じ 汚れた服で 僕はそのまま眠った

M

夕焼けが急いだ 砂浜で風に揺れてる黒髪 あの子は一人っ子 いつもひとりで遊んだ

表参道26時

つまりは心と心 絡み合って切れた 二人は 所々ほつれてる服みたいだ

enough

僕は贅沢を田に変えて 汗かく農夫になりたい 嘘です が嘘です 風に負けて倒れた木々の枝で家を建てるべきだ

ライトダンス

手に不安 握り見た景色がデジャヴした 夜が来た 街の裏 せらせら

years

僕たちは薄い布だ 折り目のないただの布だ 影は染まらず通りすぎて行き 悲しみも濡れるだけですぐ乾くんだ

ネイティブダンサー

いつかあの空が僕を忘れたとして その時はどこかで雪が降るのを待つさ 季節は僕らを追い越して行くけど 思い出は立ち止まったまま 冬の花のよう

涙ディライト

夕日とライターの火を重ねて 赤く服が染まる 君は何か言いた気だけど 僕はまた歩き出す

陽炎 -movie version-

夢を見てた 花火のようにすぐ消えた 忘れていた 忘れかけていただけか

目が明く藍色

制服のほつれた糸 引きちぎっては泣いた 変われない僕は目を閉じたまま また泣いた 藍色になりかけた空で

朝の歌

あとどれくらい僕は深く潜れるだろう 何気なく見た窓の外はまだ夜 あとどれくらい僕は深く潜れるだろう 眠りの中で迷うように泳ぐ

シーラカンスと僕

眠れずにテレビをつけたら 夜に見たニュースと同じで 淋しくなったんだ 空が海

グッドバイ

探してた答えはない 此処には多分ないな だけど僕は敢えて歌うんだ

夜の東側

ああ 伸びた髪を僕は耳にかけたら テレビの灯りだけで夜を読んでた 僕らはこれからどこへ行くのかな さりげなく君に話してみようかな

雨は気まぐれ

降り出す 雨の音が 聴こえる 浅い眠り 気まぐれな

モノクロトウキョー

チチッと舌を鳴らして呼んだ野良猫 走り去りすぐ影の中に消えたんだ 午前5時の都会は妙にゴミ臭い 空が少し湿って曇り始めました

Ame (B)

アメ フルヨル キミガ クレタカサ サスト

セントレイ

汚れた机を僕は夜に片付けた 何かが変わるかな 背中を片手で掻いて軽くため息した そろそろ行こうかな

明日から

悲しみは置き去り 「明日は明日」とつぶやく僕は一人 通り過ぎた日々は化石 「明日は明日」とぼやく空には月

なんてったって春

今年始めの春の雷がサヨナラ告げた 風 風 きっと吹くな

僕と花(関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~」主題歌)

僕の目 ひとつあげましょう だからあなたの目をください まだ見たことのない花 新しい季節を探してた

全て見る