1. 歌詞検索UtaTen
  2. テレサ・テン
  3. テレサ・テンの歌詞一覧

テレサ・テンの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

想いで迷子

愛に溺れて あなたに疲れ 生きることにも ため息ついて ひとり口紅

夜來香 ~日本語ヴァージョン~

胸いたく 唄かなし あわれ春風に 嘆くうぐいすよ

北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを

時の流れに身をまかせ

もしも あなたと 逢えずにいたら わたしは何を してたでしょうか

香港~Hong Kong~

星屑を地上に蒔いた この街のどこかに 想い出も悲しみさえも いまは眠っている この広い地球の上で

ホテル

手紙を書いたら 叱られる 電話をかけても いけない ホテルで逢って

我愛尓

遊星まで再々訪ねて まぼろしい君がいる 大金などないない暮らしで 果てない旅に二人

六本木ララバイ

あなたのやさしさが 痛いほど分かり過ぎる さよならの言葉さえ 言えずに別れた人よ 季節の足音

別れの予感

泣き出してしまいそう 痛いほど好きだから どこへも行かないで 息を止めてそばにいて 身体からこの心

愛人

あなたが好きだから それでいいのよ たとえ一緒に街を 歩けなくても この部屋にいつも

心凍らせて

あなたの愛だけは 今度の愛だけは 他の男とちがうと 思っていたけど 抱かれるその度に

雪化粧

窓をあけたら 外は粉雪 音もなくつもるわ 街の屋根に 好きなあの人

つぐない

窓に西陽が あたる部屋は いつも あなたの 匂いがするわ

乱されて

愛の暮らしに疲れた あなたの背中を 窓から見送ることが 最後のつとめね いつも

ふるさとはどこですか

ふるさとはどこですかと あなたはきいた この町の生まれですよと 私は答えた ああ、そしてあなたがいつの日か

夕凪

白い波が ささやくように 指先を 濡らしてゆく 涙だけが

ふたたびの

ネオンの溶け合う裏道で 偶然にあなた 三年ぶりだわあの日から 恨みもしたわ

晩秋

淡い光に 照らされながら 街に枯葉が 舞っているわ あなたと別れて

恋人たちの神話

子供たちがベットで 夢の箱舟に乗るころ 時は悲しみだけを 脱ぎすてて 明日に

ワインカラーの記憶

ワインカラーに染めてる 暮れなずむこの都会の どこかであなたも住んでいるはず きっと誰かと めぐり逢いそして別れ

涙の条件

帰っておいでここへ 昔のようにここへ 誰かと長い旅をして 行くところ失くしたなら 帰っておいですぐに

空港

何も知らずに あなたは言ったわ たまにはひとりの 旅もいいよと 雨の空港

Merry X'mas in Summer

恋は真夏の History I've been cryin'

北国の春

白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘北国の ああ北国の春

夜の乗客

どこへゆくかと 人に聞かれた 答えに困った 私なのよ 恋と別れて

女の生きがい

あなたを今夜も待って お酒を買った さみしく時計だけが 時をきざむわ お料理も

グッドバイ・マイ・ラブ

グッバイ・マイ・ラブこの街角で グッバイ・マイ・ラブ 歩いてゆきましょう あなたは右に 私は左にふりむいたら敗けよ

釜山港へ帰れ

つばき咲く春なのに あなたは帰らない たたずむ 釜山港に涙の雨が降る

香港

星屑を地上に蒔いた この街のどこかに 想い出も悲しみさえも いまは眠っている この広い地球の上で

真夏の果実

涙があふれる 悲しい季節は 誰かに抱かれた夢を見る 泣きたい気持ちは言葉に出来ない 今夜も冷たい雨が降る