1. 歌詞検索UtaTen
  2. 中山大三郎の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

中山大三郎の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

99 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

珍島物語

天童よしみ

歌詞:海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とが つながるの こちら

人生いろいろ

島倉千代子

歌詞:死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり

無錫旅情

尾形大作

歌詞:君の知らない 異国の街で 君を想えば 泣けてくる おれなど忘れて

男の背中

増位山太志郎

歌詞:男の肩と 背中には むかしの影が ゆれている 恋も

味噌汁の詩

千昌夫

歌詞:(セリフ)しばれるねぇ 冬は寒いから味噌汁がうまいんだよね うまい味噌汁 あったかい味噌汁 これがおふくろの味なんだねえ

北のみずうみ物語

半田浩二

歌詞:たずねて来たんだよ 忘れぬ面影を 君が生まれた ふるさとの 北の大地だよ

済州エア・ポート2001 -デュエット・バージョン-

半田浩二&チェウニ

歌詞:今朝のつばさは とくべつに いそいで空港 とびたつみたい あなたいつまた

夜の銀狐

半田浩二

歌詞:寂しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ

夜の銀狐

和田弘とマヒナスターズ

歌詞:淋しくないかい うわべの恋は 心を隠して 踊っていても ソーロ

夜の銀狐

北川大介

歌詞:淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ

人生そこそこ七十点

中村美律子

歌詞:空に日が照る 野に風が吹く 人の心に なさけが満ちる 人生そこそこ

湯の町別れうた

森進一

歌詞:潮風はあまく 黒髪をゆらす 霧雨は重く 肩先をぬらす ここは湯の町

北緯五十度

細川たかし

歌詞:涙 黒髪 えりあし おくれ毛 小指

さざんか

森進一

歌詞:春に咲く 花よりも 北風に咲く花が好き そんな言葉を残して 出ていったね

むかい風

天童よしみ

歌詞:泣いた涙は夜風が払う いいえ女の 意地でふく 別れ 潮時

わすれ宿

五木ひろし

作詞: 中山大三郎

作曲: 船村徹

歌詞:これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは 書き入れる 窓の外

人生いろいろ

川中美幸

歌詞:死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり

いやんなっちゃうなア

尾形大作

歌詞:すねているんじゃ ないけれど ひとり今夜も はしご酒 今もこんなに

さんざしの花

舟木一夫

作詞: 中山大三郎

作曲: 中島薫

歌詞:北国の街に 咲く花が好きと そんな言葉ひとつ 残していった人 胸の思いを

夢酒場

増位山太志郎

歌詞:ここから逃げだしたなら しあわせだろう たとえば南の島で ひとりでくらせば だけど男の肩には

冬から春へ

三笠優子

歌詞:おまえの流した 涙の数の 同じ数だけ しあわせを さがそうよ

夜霧のわかれ道

原由子

歌詞:夜霧の中に 消えゆく人よ うしろ姿が 泣いている 愛してくれた

酒よさけさけ

半田浩二

歌詞:ふたりで仲良く 飲む酒は その名もうれしい ちぎり酒 ふられてひとりで

思い出さないで

岩崎宏美

歌詞:もう思い出さないで あれは遠い夏の日 恋をなくしたばかりの もろい私だったから 求めて生きて

無錫旅情

川中美幸

歌詞:君の知らない 異国の街で 君を想えば 泣けてくる おれなど忘れて

花らんぷ

半田浩二

歌詞:男ひとりが 住んでる部屋に 何のかざりも ないさ 酒とグラスと

北緯五十度

福田こうへい

歌詞:涙 黒髪 えりあし おくれ毛 小指

あじさいの宿で

根津甚八

歌詞:古びた町の 古びた宿に 心ひかれて クツをぬいだよ お前に生きて

男の背中

北川大介

歌詞:男の肩と 背中には むかしの影が ゆれている 恋も

わすれ宿

瀬川瑛子

作詞: 中山大三郎

作曲: 船村徹

歌詞:これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは 書き入れる 窓の外