1. 歌詞検索UtaTen
  2. 中田裕二
  3. 中田裕二の歌詞一覧

中田裕二の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

Deeper

問いかける現在は 黙り込んだまま 水槽の底で 静かに眠った

THE OPERATION

機は熟したこの日を待っていた Let's get movin あらゆる事態にも備えた

ギミー・ナウ

愛情の扱いに不慣れ だけどそれ無しじゃ駄目 常に向き合う裏腹と 押し合い圧し合いしながら

正体

教えてよ本当ならば 興味もない筈だよ 僕だけに許したのは 疑う余地もない 紛れもない

傘はいらない

横切る車の 水しぶきをうまくよけながら 傘の花咲いて 雨の朝は なぜか忙しない

むせかえる夜

深紫の風が夏の夜にうねる 酷く蒸し暑くて溶けそうだ 揺らめく赤い炎 怪しくちらつき

迷宮

足りないから足すみたいな 安直な発想じゃないよ ダーリン 意味も理由もそうさ 真っ当な顔した口実さ

ロータス

やがて雨あられ過ぎ去って 鳥のさえずりと朝は来る 何処で どうやって君は来た 手繰り寄せる糸の向こうから

BLACK SUGAR

甘い時間は過ぎ 余韻が途切れて 急な静けさが あたりを包み込んだ 魂が

シングル,アゲイン

あなたを連れ去る あの女性の影に 怯えて暮らした 日々はもう遠い 離れてしまえば

シルエット,ロマンス

恋する女は 夢見たがりの いつもヒロイン つかの間の 鏡に向かって

スローモーション

砂の上 刻むステップ ほんのひとり遊び 振り向くと遠く人影 渚を駆けて来る

CITY SLIDE

すべもないことさ 大都会はキャパ広いぜ いちいち感情に 縛られちゃ損するよ 巨大ビルが並ぶ

IT'S SO EASY

何故かって聞かないで やることすべてに説明は要らないよ 襟首捕まえて 白黒つけようと迫るんだ この世は

夜をこえろ

繰り返し すべてを失った けれども夜明けは 無情にも望みよこした 満月が

イニシアチブ (Live at Billboard Live TOKYO, 17th April 2015)

出来れば無駄な力使わずに 君の中の核心を突きたい 酔いが醒めない朝の倦怠に また代わり映えの無い日々を見る

シンシア

愛は空に浮かんだ雲のように 風に流れ かたちを変えていくけど ずっとそっとあなたを見つめていたい

femme fatale

簡単に正体は許さない瞳 魂はベールに包まれたまま 誇るような鼻筋に 無駄のない身のこなし 曲者さ

WOMAN

髪ほどいた その指が しなやかに 朝を呼ぶ ゆうべの

月の恋人たち

君の手をたずさえて 時計を気にしては はやる気持ち そっとなだめて 先を急ぐ

あの日にかえりたい

泣きながら ちぎった写真を 手のひらに つなげてみるの 悩みなき

Nobody Knows

誰もが敵で 耳鳴りのようなディスコード 望む言葉は 探しても聞こえてこない 不自然なつくりの

リビルド

いつかは誰かに 暴いて欲しくて がんじがらめだった 気づかぬふりした 汚れた我が心のうちを

モンロー・ウォーク

つま先立てて海へ モンロー・ウォークして行く いかした娘は誰? ジャマイカあたりのステップで

en nui

玉虫色の結末が さらに気分をはぐらかす 愛は常に不明瞭で いたずらにばらまく

愛の摂理

いつでもそれなりに こなして 時どき虚しさに 襲われた

TERMINAL

力ずくで抱いた 見下すような目だった 今でもそう 覚えてる ひどく苦い後味

静かな朝

他力な日々がたたって いつも気がつけばどこへやら あなたは心配そうに 寄って来て私を拾った

オールウェイズ

今日も僕は揺られて いつもの定位置へ 自慢にならないけれど 大事なお役目さ 街の匂いがまた

愛に気づけよ

お気に召さないことばかりが 君の身に続きそうなら 遠慮せずに声掛けてよ 新しいプランを今 誂よう