中田裕二の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

誘惑

見つめられて言葉失って 気がつけば逃げ道を断たれて 君が思うままのシナリオ運び 望むところよ

薄紅

山肌を染めた薄紅が 車窓の向こうに咲き誇る 絹の糸するりとほつれた 心と心の縫い目から

THE OPERATION

機は熟したこの日を待っていた Let's get movin あらゆる事態にも備えた

モンロー・ウォーク

つま先立てて海へ モンロー・ウォークして行く いかした娘は誰? ジャマイカあたりのステップで

sunday monday

sunday monday 夢から覚めた気分さ 泣いて笑って 君は朝焼けに消えた

ギミー・ナウ

愛情の扱いに不慣れ だけどそれ無しじゃ駄目 常に向き合う裏腹と 押し合い圧し合いしながら

Deeper

問いかける現在は 黙り込んだまま 水槽の底で 静かに眠った

STONEFLOWER

気だるさとやるせなさが こめかみを締めつける まだ響く頭を抱え 朧げに聞くニュース

情熱

きっと涙は 音もなく流れるけれど 赤裸々に頬濡らし 心まで溶かしはじめる

シングル,アゲイン

あなたを連れ去る あの女性の影に 怯えて暮らした 日々はもう遠い 離れてしまえば

リビルド

いつかは誰かに 暴いて欲しくて がんじがらめだった 気づかぬふりした 汚れた我が心のうちを

ただひとつの太陽

きれいな とてもきれいな 木漏れ日の中でそよぐ君は 途方もなくこじれた この世で

朝焼けの彼方に

群青から紫色に 星空が去り オレンジ色の朝焼けが 窓から差し込む

en nui

玉虫色の結末が さらに気分をはぐらかす 愛は常に不明瞭で いたずらにばらまく

愛し君へ

いっそ 抱きしめて 抱きしめて 離さないよ このまま

スローモーション

砂の上 刻むステップ ほんのひとり遊び 振り向くと遠く人影 渚を駆けて来る

femme fatale

簡単に正体は許さない瞳 魂はベールに包まれたまま 誇るような鼻筋に 無駄のない身のこなし 曲者さ

愛に気づけよ

お気に召さないことばかりが 君の身に続きそうなら 遠慮せずに声掛けてよ 新しいプランを今 誂よう

IT'S SO EASY

何故かって聞かないで やることすべてに説明は要らないよ 襟首捕まえて 白黒つけようと迫るんだ この世は

青天井のクラウン

道化師は踊る 人垣の舞台で 悲しみの唄を紡ぐために 祈りを込めている

夜をこえろ

繰り返し すべてを失った けれども夜明けは 無情にも望みよこした 満月が

KILL YOUR SMILE

利口そうで 物わかり良い風に してたら 簡単に 自惚れたような目つき

とまどい

まだ何も 知らなくて あなたに任せるだけで でも逆に 迷わずに

MUSK

目覚めないままに朝は運ばれ 鉛の上を歩く旅人 何故に私だけいつも そればかり呟いて 誰かほら

月の恋人たち

君の手をたずさえて 時計を気にしては はやる気持ち そっとなだめて 先を急ぐ

髪を指で巻く女

その場かぎりの偶然か 話せば解る人格者 いつもより手応え あり

未成熟

いつからそんな風に 危うさを着飾って 何かを言いたげな目をしては逸らす 抗えない予感が

愛の摂理

いつでもそれなりに こなして 時どき虚しさに 襲われた

あの日にかえりたい

泣きながら ちぎった写真を 手のひらに つなげてみるの 悩みなき

旅路

あてもなく 旅は続き 砂利道に 膝をついた 見上げれば