1. 歌詞検索UtaTen
  2. AKB48
  3. AKB48の特集一覧

AKB48の特集一覧

【インタビュー】総選挙で世界選抜入りを目指す「AKB48」小嶋真子と込山榛香を直撃!

「第10回AKB48世界選抜総選挙」が6月16日、ナゴヤドームで開催される。今年は海外のグループも参加し、過去最多の339人が立候補。その投票シリアルナンバーカードが封入されたAKB48のニューシングル『Teacher Teacher』が5月30日に発売された。 今回は、来阪していたAKB48の小嶋真子と込山榛香にインタビュー!総選挙の速報結果が発表される2日前に、胸の内を聞いた。

AKB48チーム8・太田奈緒「総選挙は最後まで諦めず嬉し涙を流したい」【インタビュー】

AKB48のチーム8・京都府代表で、チームB兼任の太田奈緒が、歴史作家の河合敦との共著「この歴史、知らなくてすみません。」(PHP文庫)を出版した。  5月31日、PHP研究所京都本部で、その出版記念歴史トークイベントに出演する直前の彼女を直撃!くしくも、その日は「第10回AKB48世界選抜総選挙」の速報結果が発表された翌日。本についてはもちろん、総選挙への意気込みなども聞いた。

AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017 笑わないアイドルが見せた笑顔と涙【ライブレポート】

9月24日、日本ガイシホール(愛知県名古屋市)で行われた「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017~絆は拳から生まれる!~」。 HKT48の荒巻美咲と運上弘菜のユニット「fairy w!nk」(フェアリーウインク)が優勝し、メジャーデビューが決定した。 今回は、大会のハイライトと、終演後の囲み会見の模様をほぼノーカットでレポート! ⒸAKS

【特集】”山本彩が初センターだったから”だけじゃない! AKB48「365日の紙飛行機」が合唱、ドラマ「あさが来た」主題歌…様々な形で幅広いファンに愛される理由

AKB48「365日の紙飛行機」はなぜ幅広い層のファンに、そして様々な形で愛される楽曲となったのでしょうか。改めて考えてみましょう。

【特集】乃木坂46、欅坂46、AKB48――アイドルソングに込めた未成年の主張

欅坂46が、乃木坂46の妹分グループとして『サイレントマジョリティー』で華々しいデビューを飾った。女性アーティストのデビューシングル初週売上歴代記録を更新し、オリコンウイークリーランキングでも一位を獲得している。

【歌詞コラム】最も売上枚数が少ないAKB48シングル『夕陽を見ているか?』を聴いているか?

『夕陽を見ているか?』は、AKB48の初期の曲。2007年発売のシングルで、オリコン順位は10位でした。1位が当たり前になっているAKBでもそんな時代があったのだ、と思わせる順位。作詞の秋元康にとってはすごく思い入れのある曲。秋元康自身は、この曲の時点でブレイクできるという思いがあったと言っています。その思い入れのためか、2013年にインドネシアのJKT48にこの曲をカバーさせているほど。MVには、前田敦子、大島優子、板野友美など初期AKBを形成したメンバーが若い表情で登場しています。渡辺麻友も、まだ目が笑っていなかった頃。