1. 歌詞検索UtaTen
  2. NORIYUKI MAKIHARAの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

NORIYUKI MAKIHARAの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

64 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

世界に一つだけの花

槇原敬之

歌詞:花屋の店先に並んだ いろんな花を見ていた ひとそれぞれ好みはあるけど どれもみんなきれいだね この中で誰が一番だなんて

The Gift

Blue

歌詞:It's funny how it starts,

林檎の花(JR東日本CM「MY FIRST AOMORI」)

槇原敬之

歌詞:五月の空の青と萌える緑の間に 薄紅色の小さな林檎の花が咲いている 君は彼と彼女が自然に隣り合うように ふざけるふりして携帯で写真を撮っていた

WE LOVE YOU.

槇原敬之

歌詞:今ここにある何一つでも 欠けていたならばきっと この手の中の幸せは なかったと思う ありがとう

GREEN DAYS

槇原敬之

歌詞:ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがんだら 目の前に緑色の道が 続いてた それぞれがちゃんと一人で

5 minutes(NHK-BSプレミアムドラマ「ボクの妻と結婚してください」主題歌)

槇原敬之

歌詞:あと5分もすれば 電車がホームに入ってくる 遠く旅立つ僕を見て 泣いたりしないで

遠く遠く

175R

歌詞:遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように 力いっぱい 輝ける日を この街で迎えたい

ハトマメ~Say Hello To The World.~

槇原敬之

歌詞:いろんな国から来た人で 浅草寺は今日も賑やか 仲見世通り抜ければ 晴れ空と香炉の煙 いつもの様に鳩豆を

SIMPLIFY

槇原敬之

歌詞:彼は歩き続ける ぶつかった拍子に 転げ落ちた水たまりで 泥だらけになったまま それを横目で見ながら

もう恋なんてしない

BENI

歌詞:On the kitchen table sits

彗星

槇原敬之

歌詞:あの桟橋から首を突き出して 訳もなく2人でながめていた 汚れていて 止まって見える あの川は確かに流れていた

濡れひよこ

槇原敬之

歌詞:バス停から家まで雨に降られて 傘を忘れた僕は濡れひよこ 「ただいま」「おかえり」 今日も一人で言ってしまった 僕は濡れひよこ

The Fog

槇原敬之

歌詞:立ち込めだした霧は君を 捜す僕の感を鈍らせる 終わった後でもう二度と 無駄な争いはしないと誓うのに 誰かに頼まれた訳じゃなく

風は名前を名乗らずに

槇原敬之

歌詞:「君を思う気持ちを どうして分かってくれないの?」 君の一番側にいる僕は 昨日たった一言で傷つけた

夏は憶えている

槇原敬之

歌詞:夏の草をかき分けながら 川の石をどかしながら 何かを探す子供達に 夏は日を長くしてくれる 海も山もないこの街で

White Lie

槇原敬之

歌詞:停電中のろうそくの 炎を見つめながら 遠い昔にこの国で 生きた人の事を想う 全てのものに神様が

冬がはじまるよ

かりゆし58

歌詞:8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを プレゼントしたのは 今年の冬もそれからもずっと 僕らが

いつでも帰っておいで

槇原敬之

歌詞:「生きていたのかよ」 そう言われたばあさんが あんたが心配で まだ死ねないと笑う 今日も下町は

とりあえず何か食べよう

槇原敬之

歌詞:ねぇ さっきからずいぶん 荒れてるみたいだね 落ち着いてるときの君なら そんなこと

記憶(NIVEAブランド2018年CMソング)

槇原敬之

歌詞:光のフレアが眩しくて よく見えない誰かの顔 覚えてるハンドクリームの 柔らかで清潔な香り かさかさのほほで笑った

どんなときも。

キマグレン

歌詞:僕の背中は自分が 思うより正直かい? 誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ 旅立つ僕の為に

二つのハート

槇原敬之

歌詞:ばらばらになっていた ピースを一つずつ丁寧に 心の中でかき集めて パズルのように合わせていく すぐ横で眠ってる

どうしようもない僕に天使が降りてきた

藤井フミヤ

歌詞:勢い良くしまったドアで 舞いあがった枕の羽根 今夜はついに彼女を 怒らせてしまった 昔の恋人のくれた

星の光

槇原敬之

歌詞:どうかどうか覚えていてください 今日見上げた星屑の夜空を 大切なことを教えるため 光を届けてくれた星空を どうかどうか覚えていてください

武士は食わねど高楊枝

槇原敬之

歌詞:ある日突然仕事をなくし ある朝妻が出て行った 帰ってくるさと電話したら テーブルで震えだす携帯

Ordinary Days

槇原敬之

歌詞:ちょうど蝉が鳴き始めた 日差しの強い午後 必要とされてると思いたい 君はそう言っていた

冬がはじまるよ

FlowBack

歌詞:8月君の誕生日 半袖と長袖のシャツを プレゼントしたのは 今年の冬もそれからもずっと僕らが 一緒に過ごせる為の

どんなときも。

TEMPURA KIDZ

歌詞:僕の背中は自分が 思うより正直かい? 誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ 旅立つ僕の為に

遠く遠く

EXILE

歌詞:遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように 力いっぱい 輝ける日を この街で迎えたい

新しいドア

槇原敬之

歌詞:何かもし見つかったら 怖いからと僕は 健康診断もがん検診も 行こうとしなかった 人生の半分はとっくに