1. 歌詞検索UtaTen
  2. NORIYUKI MAKIHARAの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

NORIYUKI MAKIHARAの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

64 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

世界に一つだけの花

槇原敬之

歌詞:花屋の店先に並んだ いろんな花を見ていた ひとそれぞれ好みはあるけど どれもみんなきれいだね この中で誰が一番だなんて

ハトマメ~Say Hello To The World.~

槇原敬之

歌詞:いろんな国から来た人で 浅草寺は今日も賑やか 仲見世通り抜ければ 晴れ空と香炉の煙 いつもの様に鳩豆を

超えろ。(関西テレビ情報番組 「ゆうがたLIVEワンダー 」テーマソング)

槇原敬之

歌詞:どこからか諦めの 言葉が聞こえてきても 諦めたくないのなら 諦めずに進めばいい

君への愛の唄

槇原敬之

歌詞:誰かのことをこんなにも 思える今の自分を 育ててくれたのが今日までの すべてだと気づいたら あんなに悩んだ日々も

GREEN DAYS

槇原敬之

歌詞:ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがんだら 目の前に緑色の道が 続いてた それぞれがちゃんと一人で

新しいドア

槇原敬之

歌詞:何かもし見つかったら 怖いからと僕は 健康診断もがん検診も 行こうとしなかった 人生の半分はとっくに

遠く遠く

175R

歌詞:遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように 力いっぱい 輝ける日を この街で迎えたい

The Gift

Blue

歌詞:It's funny how it starts,

Sakura Melody

加藤ミリヤ×清水翔太

歌詞:桜の花びらが ひらひら風に舞う 薄いピンクにぼやけた道を ゆっくり歩いてく 君の歌う声が風に

Fall

槇原敬之

歌詞:何時でも決まった事を 一人で淡々とこなす 人が絡まない分だけ 問題も起こらないけど 昨日と今日が知らずに

Memories

槇原敬之

歌詞:I wanna show you clearly

記憶(NIVEAブランド2018年CMソング)

槇原敬之

歌詞:光のフレアが眩しくて よく見えない誰かの顔 覚えてるハンドクリームの 柔らかで清潔な香り かさかさのほほで笑った

遠く遠く

EXILE

歌詞:遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように 力いっぱい 輝ける日を この街で迎えたい

SPY

一青窈 feat. SOIL&“PIMP”SESSIONS

歌詞:おあずけになったデートに がっかりしていたけど 偶然君を見かけた なんて運命的な2人

Life Goes On~like nonstop music~

槇原敬之

歌詞:お気に入りだった服が 前のように似合わない 鏡の中見つめながら 君はため息ついてる 思い出と呼べない日々と

四つ葉のクローバー

槇原敬之

歌詞:あげるよと言って 差し出した君の 指先風に震える 四つ葉のクローバー 見つけた人は

どうしようもない僕に天使が降りてきた

藤井フミヤ

歌詞:勢い良くしまったドアで 舞いあがった枕の羽根 今夜はついに彼女を 怒らせてしまった 昔の恋人のくれた

Orange Colored Sky

槇原敬之

歌詞:遠く夕日に赤く燃える雲を 僕は立ち止まってみてる 美しさに震えてしまう心を 止める術などない 汚いものを綺麗だと

尼崎の夜空を見上げて

槇原敬之

歌詞:少し口が悪くても 誰かの事を思う人の 言葉は本当に優しくて 思い出すたび笑顔になる 洗面器カタコト

いつでも帰っておいで

槇原敬之

歌詞:「生きていたのかよ」 そう言われたばあさんが あんたが心配で まだ死ねないと笑う 今日も下町は

9×Forever('03 llO MIX)

槇原敬之

歌詞:There you go flying like

CALLIN

槇原敬之

歌詞:君を抱きしめた強さ 確かめさせる証拠の つぶれたタバコを 内ポケットから出して “今ついたよ”

冬がはじまるよ

FlowBack

歌詞:8月君の誕生日 半袖と長袖のシャツを プレゼントしたのは 今年の冬もそれからもずっと僕らが 一緒に過ごせる為の

どんなときも。

キマグレン

歌詞:僕の背中は自分が 思うより正直かい? 誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ 旅立つ僕の為に

White Lie

槇原敬之

歌詞:停電中のろうそくの 炎を見つめながら 遠い昔にこの国で 生きた人の事を想う 全てのものに神様が

遠く遠く

さかいゆう

歌詞:遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように 力いっぱい 輝ける日を この街で迎えたい

冬がはじまるよ feat.槙原敬之

Every Little Thing

歌詞:8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを プレゼントしたのは 今年の冬もそれからもずっと 僕らが

店じまい

槇原敬之

歌詞:撃ち合う兵士の流れ弾に 息子と同じくらいの 子供が倒れていくのを たった今ニュースで見た その兵士が持っていた

武士は食わねど高楊枝

槇原敬之

歌詞:ある日突然仕事をなくし ある朝妻が出て行った 帰ってくるさと電話したら テーブルで震えだす携帯

Going Home

槇原敬之

歌詞:通りの庭に植えられた 低い梅の木が 遅い秋の夕暮れに とがった影を落としている