1. 歌詞検索UtaTen
  2. 水木かおるの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

水木かおるの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

141 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

みちづれ

牧村三枝子

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに

二輪草

川中美幸

作詞: 水木かおる

作曲: 弦哲也

歌詞:あなたおまえ 呼んで呼ばれて 寄り添って やさしく私を いたわって…

アカシアの雨がやむとき

西田佐知子

歌詞:アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい 夜が明ける 日がのぼる 朝の光りのその中で

わかれ道

渡哲也,いしだあゆみ

歌詞:おなじ夢 見ていたはずが いつからか 離れていった 燃えつきた

水割り

渡哲也

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:いつもおまえは 微笑ったあとで ふっと淋しい 顔をするね 顔するね

朝やけ

渡哲也

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:何かあったら こわれそうな あぶないあぶない あの女 小さくうなずき

水割り

岩出和也

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:いつもおまえは 微笑ったあとで ふっと淋しい 顔するね 顔するね

東京ブルース

西田佐知子

歌詞:泣いた女が バカなのか だました男が 悪いのか 褪せたルージュの

くちなしの花

テレサ・テン

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の

霧笛が俺を呼んでいる

渡哲也

歌詞:霧の波止場に 帰って来たが 待っていたのは 悲しいうわさ 波がさらった

霧笛が俺を呼んでいる

山内惠介

歌詞:霧の波止場に 帰って来たが 待っていたのは 悲しい噂 波がさらった

太陽はひとりぼっち

園まり

歌詞:レクレプス…… たそがれのローマ 夏の陽 ローマ トレヴィの泉に

無理をするなよ

渡哲也

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:無理をするなよ 上着の裾に つかまって はぐれないよに ついてくる今日子

男ごころ・女ごころ

中条きよし

歌詞:夢もぼろぼろ 力もつきて 倒れるように 投げ出すからだ 男の胸の

日野てる子

歌詞:この道は どこへつづくの わたしがえらんだ 一つの道は かなしみばかり

みちづれ

氷川きよし

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに

みちづれ

永井裕子

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに

雨降り花

渡哲也

歌詞:夢ものぞみも つまずくたびに やせて小さく なって来た だめな俺だが

裏町酒場

西田佐知子

歌詞:酒をのもうと 生きよと死のと あんたなんかの 知らぬこと どうせまともに

君影草 ~すずらん~

川中美幸

作詞: 水木かおる

作曲: 弦哲也

歌詞:白い小鈴を ふるように 君影草の 花が咲く どうして人は

みちづれ

フランク永井

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに

日暮れ坂

渡哲也

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:何のために やすらぎに 背をむけて 何のために ひとり行く

さざんかの女

渡哲也

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:小さな花が 寒かろと 雪をはらって いたおまえ さざんかに

たそがれの恋

西田佐知子

歌詞:汽笛の音が 窓ごしに ものうくひびく 港のホテル 男と女の

アカシアの雨がやむとき

三山ひろし

歌詞:アカシアの 雨にうたれて このまま 死んでしまいたい 夜が明ける

くちなしの花

渡哲也

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の

大阪ブルース

青江三奈

歌詞:あんな男と 言いながら あんな男が 忘られぬ ネオンのにじむ窓

友禅流し

葵かを里

歌詞:雪はまだ 河原に白く 指を切る 水のつめたさ 加賀の金沢

風蕭蕭と

渡哲也

歌詞:風蕭蕭と 吹きわたり 砂塵をまいて 夢が舞う 男ごころを

みちづれ

渡哲也

作詞: 水木かおる

作曲: 遠藤実

歌詞:水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに