平松愛理の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

部屋とYシャツと私

お願いがあるのよ あなたの苗字になる私 大事に思うならば ちゃんと聞いてほしい 飲みすぎて帰っても

戻れない道

この辺で車 止めようって言うから 反対もできず 黙って助手席 降りた

女の生命は短くて

友達は有り難いもの 外泊の作戦のおかげ 彼の部屋で過ごす 憧れてた朝 バックへと忍ばせていた

美し都 ~がんばろや We Love KOBE~

お元気で 美しく そして 夢を見ましょう

月のランプ

黄色い月が私に微笑むから カーテン開けて眠るわ 月のランプで 愛した男達 ランプで暖めたら

花と太陽

人を大切に想うことって 花に水をあげる気持ちに似てる 色とりどりのつぼみが 絶えることなく咲くように

この街のどこかで

君なしじゃただの街 そんなこと言っていたっけ 忘れかけてた 一歩ずつゆっくりと 胸の隅

ビビッとドキッとGood Day

人混みに押されて進む Rush Hour いつもの看板あたりで 待つ乗車口

あなたのいない休日

あの服買って 髪をカッコ良くして この鏡の中の私より キレイになったら 会いに行こう

あくびがしたい

ジャングルジムのてっぺんから得意そうに 手を振ってくる笑顔 もう私達そんな年でもないでしょう あきれる無邪気を一生 抱きしめたい

私をかえして

あなたひとりのせいと 憎み切れない 一度でも本当に恋してたから けど違う人を いつか好きになる予定なら

おしえて神様

ねぇ神様 教えてよ 別れるなら なぜ出逢わせる どこにしまえばいい?

今度会える日まで

あなたと今こうしてるだけで 生きる勇気がわいてくる 不思議な力ね あなたとなら呼吸するだけで

あの日の忘れ物

まだ乾かない髪のまま待ち合わせた駐車場で あなたの水色のワーゲン 二人の宝物だったあの日 今は店が建ち並んで車も通らない所 ビルの排気口の風や

太陽のストライキ

そうさ地球のすべての人に 朝はやってくる 夜は素敵な明日の為の 太陽のストライキ

宇宙でたったひとつの今日

いい日 悪い日 どちらもそんなに 続きはしない 神様もあれで

南町から

春には海に近い校舎で 記念のスナップにVサイン 離宮公園の桜たち くもった日が鮮やかで グレイのキャンバスに

螢の光もう一度

螢の光を泣きながら歌ったこと どんなに変わっても 忘れない 桜咲く季節に

Single is Best!?

dindon dindon dindon dindon dindan

Crescent Moonshine

刻まれたrabbitの陰 住んでいると本当に信じてた だから欠けていく夜毎に きゅうくつそうだと 友達のように心配した

女もつらいよ

バナナパフェにスパゲティー チョコレート片手に長電話 すっぴん カウチポテト 膝出た

ファーストクリスマス イヴ

ねぇ…少しの間 目をつぶってていい? 流れていくゴスペルSong カテドラルの鐘の音 天使のまいていった雪の白

雪になりたい(WONDER“SAMMA”LAND サンタクロース つかまえた! ED)

降りはじめた雪の夜 電話がなったの 彼女とケンカをしたと あなたの声 車の音がするから

さあ目を閉じて そのままでいて 転んだままでいいから 感じてほしい 土の柔らかさ

観覧車

観覧車が空へ 昇ってゆく度 さっきまでなかった景色が どんどん見えてくる 今日に追い立てられて

20年目の手紙

10代 愛とは 互いにじっと見つめ合うことで 20代

YOU ARE MINE

笑顔をくれて ありがとう 優しさを ありがとう 叱ってくれて

まだ見ぬ恋人

夕暮れの浜辺を 貝殻踏みながら 淋しさにただひとり さまよう 君はどこにいるのか

私の彼は午前様

仕事一筋確かに偉い そう思う マメすぎる人よりかっこいい 確かにそう 会社へ電話は用件のみ

反逆のafternoon tea

ソファの下に落ちていたのよ ごめんね かくしてて アールグレイのセピアの底へ 今眠らせたとこ