山崎まさよしの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山崎まさよし
  3. 山崎まさよしの歌詞一覧

山崎まさよしの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月24日

197 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

One more time, One more chance

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:これ以上何を失えば 心は許されるの どれ程の痛みならば もういちど君に会える One

空へ(映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生 ED)

山崎まさよし

歌詞:特別な朝がそこまで迫っている この足元から世界は広がってく まだこのままでいたかったんだけど あまり時間が無いみたいだ

メヌエット

山崎まさよし

歌詞:大地を駆け抜ける風に 黄金の穂波がうねる 幾千も費やした人々の祈りを 確かめている

おなかとせなかがペっタンゴ

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:あーお腹すいたな あーお日様が帰ってく オレンジのグミみたいな 夕焼けがまちをそめる

セロリ

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ 夏がだめだったりセロリが好きだったりするのね ましてや男と女だからすれちがいはしょうがない 妥協してみたり多くを求めたり なっちゃうね

ツバメ

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:霞の向こうに新宿が見える ツバメはうまくビルを縫ってゆく 今年はゆっくりと春がおとずれる コインランドリーは歩いて2分

僕はここにいる

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:ため息だけが 静寂に消えていった 帰り道 遠い空 ゆれている

全部、君だった。

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:いつのまにか降りだした雨の音 急ぎ足で行く季節の終わりを告げている ふいに窓を閉じかけた手が止まる しばらくは君のこと思い出さずにいたのに

知らんけど

山崎まさよし

歌詞:いわゆる世の中の定説はどれ君には当てはまらない 大胆にして繊細 ルール守って型破り 誉めりゃまんざらでもないみたい もう一回聞くけど

光源(テレビ東京 ドラマスペシャル 湊かなえサスペンス『望郷』 主題歌)

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:こらえきれなくて流れ出した涙は街を滲ませた 数え切れないほどの人たちの願いは何処にあるのだろう あの場所から明日を手繰り寄せるように 何もない空に手を伸ばした

プロフィール

山崎まさよし

歌詞:生まれたところは何にもない田舎町 周りに比べたら早熟だったのかも 左利きで何かと不便だった様な気がする いつからが思春期か覚えてないけど

インターバル

山崎まさよし

歌詞:僕らはしばらく立ち止まり 星空を仰ぎ見ていくつかの答え探していた どうして人は時折 時を超えて届く光に願いを託すのだろう

カゲロウ

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:雨上がりのアスファルトの道端に花が咲いてる たどり着いたその場所で 風に身を任す様に 踏切の向こうでカゲロウが揺れている

青いタペストリー

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:一途な想いを繋ぎ止めるように 夜を忍んで綴られるタペストリー 待ち続けることを誓った時から 再び紅を引く日を夢見ながら

妖精といた夏

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:瓦礫の山に妖精を見つけた 壊れたテレビで遊んでる 無邪気な声がどこまでも響いた 月に一度の燃えないゴミの日

Updraft

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:果てしない旅はまだ続いてる 東へ西へ 世間との折り合いは未だ着かないままで ちっぽけな自分に気付けることが

ケンとメリー~愛と風のように~

山崎まさよし

作詞: 高橋信之 ..

作曲: 高橋信之

歌詞:いつだって どこにだって はてしない 空を風は歌ってゆくさ 今だけの歌を

月明かりに照らされて

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:月明かりに照らされて ほほえむキミが 悲しすぎる 何を捨てれば このまま遠くへ行けるだろう

Flame Sign

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:絡まってほつれたその運命が静かに燃えている 体をくねらせて揺らぐ炎は全てを焼き尽くす 私は今ここにいるよ あなたのすぐそばにいるよ

Regression

山崎まさよし

歌詞:フェイクニュースが駆け巡る中 身に覚えのない架空請求のメール 法則のない壁の落書き 常に覚束ない匿名デモクラシー

回想電車(近鉄TVCM「語りたくなる、伊勢志摩。(2019 春 伊勢神宮編)」 使用曲)

山崎まさよし

歌詞:僕を乗せて電車は動き出す 窓の外を流れてゆく せわしない街並み 掴み損ねた世間との周波数 携帯のバッテリー気づいてみたらあと残りわずか

Find Song

山崎まさよし

歌詞:あの沈みゆく太陽は 何を残して何を奪ったのか 立ち尽くし 心が喚いても 僕はあなたを愛し続ける

21世紀マン

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:いつだって正しい事ばかり選んで来れた訳じゃない 間違って引き返してみて悔しいことも味わった Mm 自惚れた日々に

昭和モダン

山崎まさよし

作詞: 松本隆

作曲: 服部隆之

歌詞:君の乗る船の汽笛を 粉雪のささやきが消す 波止場へといそぐ君の背 舗道へと影が伸びてく

Fat Mama

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:プライドもお手上げさ 迫り来る Fat Mama グラマラスな腰を振って

影踏み(映画「影踏み」 主題歌)

山崎まさよし

歌詞:心が戯れるまま夢中で遊んでた 母親の呼び声 もういいかい まだだよ 夕暮れの空には

アイムホーム(ドラマ 駐在刑事 主題歌)

山崎まさよし

歌詞:いつからか時の中で色褪せてく されど消えない約束は 遠ざかる季節の名残のように 風に揺られてる落し物

願い

山崎まさよし

歌詞:例えば雨が降る寂しい春の日に 悲しみが訪れて 立ち尽くしたとしても 例えば照りつける激しい夏の日差しに

紛失

山崎まさよし

歌詞:深い森を彷徨う 貶められた心 纏わり付く忌わしさを 引き摺るように歩いている 霧の中

ターミナル

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:カーディガンを羽織っただけじゃ少し心もとない まだ肌寒い春を行く 素敵な予感とかすかな不安が 旋風に混じり合う 過ぎ去った日々が今僕に話しかける

うたたね

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:めくり忘れたカレンダー 毎日何か見落としがち 同窓会の知らせにも応えられないまま とりたてて不満も無く

これでいいのだ/それでいいのか?

山崎まさよし

作詞: 佐藤洋介

作曲: 佐藤洋介

歌詞:逃れられないしがらみの中ぼくは いたずら うやむや このまま どこまで行くのだ

十六夜

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:夜毎苛む夢の時計の針は止まっている 贖いきれない罪の後ろめたさが雨を待つ I'll fall

僕と不良と校庭で

山崎まさよし

歌詞:突然の君の便りは懐かしい不器用な文字と どこか遠い国の空の絵葉書 あの頃やがて僕らも大人になると思ってたけど はっきりとした未来は描けずに過ごしていた

手をつなごう

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:はぐれないように手をつなごう 道のまん中歩こう 迷わないように手をつなごう 道しるべを探そう

水のない水槽

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:冬が終わる街を 雨が静かに濡らす 僕が見てる明かりは 溶けそうな窓にゆがむ サーモスタットは

名前のない鳥

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:風に揺れてる朽ちかけた伝言板 裏切られるよりはさまようほうがいい 便りがない日々に淋しさだけつのってゆく 影を引きずるぐらいなら名もない鳥でいい

愛にコリータ

山崎まさよし

歌詞:Ah 下らないなんて一言で片付けてしまうのは不毛 Ah そうだからといってどんな言葉も見当たらない

さなぎ

山崎まさよし

歌詞:脈を打つさなぎのように息を潜めて待っている 拒絶と融合を繰り返す おぼろげな記憶の片隅で 眠りから這い出した意識は痛みとともに加速して行く

心の手紙(映画 春を背負って サウンドトラック収録曲)

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:拝啓 この場所からもう何度目の手紙になるのでしょうか 花を揺らす風が季節の移ろいを知らせている 相変わらず何もかもが望みどおりにいかないけれど

ネタバレシャッフル

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:不貞腐れる前にする事があるんだ まさに見るからにまだ始まったばかりだ それじゃ短絡的 あまりにも無謀 スリルもリスクもまだ味わってない

Redemption Song

山崎まさよし

作詞: Bob Marley

作曲: Bob Marley

歌詞:Old pirates yes they rob

五月の雨

山崎まさよし

歌詞:淋しさをかかえた細い雨は昨日から ずっと続いている 涙の音に囲まれてまだこの場所から 出られずにいる

真夜中のBoon Boon

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:闇を超えて 君に届いて 夜明けまでに間に合えばいい ある程度の事なら一通りこなしてきた

幸せのBefore & After

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:昼下がりのマテリアルワールド 頭はホリデイ 彼女はドラッグストアーで暇を持て余してる 増えて行くカテゴリー 色あせたペイズリー

大きな玉ねぎの下で

山崎まさよし

歌詞:ペンフレンドの二人の恋は つのるほどに 悲しくなるのが 宿命 また青いインクが

8月のクリスマス

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:ありふれた出来事が こんなにも愛しくなってる わずかな時間でも ただ君のそばにいたかった

最後の海

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:電車を乗り継いで君と海に行ったのは 夏も終わりに近づいたいつかの昼下がり 踏切を渡って防波堤がみえてくると 地元の子供達の声と潮騒が聞こえてきた

アイデンティティー クライシス ~思春期の終わり~

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:相当マメにこだわって開けたピアスの穴もふさがって ここ最近なまけてて生え際の黒い髪がのぞいてる 僕らの違いは何?どこに向かって歩いてるの? らちがあかない事がいつも二人の

Passage

山崎まさよし

作詞: 山崎将義

作曲: 山崎将義

歌詞:Fu fh… あこがれの場所まで まだ遠く 長くわだちが続いてる

山崎 まさよし(やまざき まさよし、本名:山崎 将義、1971年12月23日 - )は、日本のシンガーソングライター、俳優。愛称は「まさやん」。 身長176cm、体重64kg、血液型はA型、滋賀県大津市生まれ、山口県防府市育ち。 ライブでの基本はアコースティックギター、ピアノ弾き語り。レコーディングではマルチプレイヤーであり、作品(楽曲「未完成」など)によっては全ての楽器をこなしている。なお、2000年頃よりエレキギターを始める。既婚。 wikipedia