羊文学の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 羊文学
  3. 羊文学の歌詞一覧

羊文学の歌詞一覧

公開日:2017年10月4日 更新日:2022年12月4日

58 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

1999

羊文学

歌詞:ぼくはどうしたらいい? 眠れない夜がきて 窓の外が少しオレンジに変わる 昨日見た映画で

光るとき(TVアニメ「平家物語」オープニングテーマ)

羊文学

歌詞:あの花が咲いたのは、そこに種が落ちたからで いつかまた枯れた後で種になって続いてく 君たちの足跡は、進むたび変わってゆくのに 永遠に見えるものに苦しんでばかりだね

hopi

羊文学

歌詞:朝へゆく船はいま動き出す 君を乗せて 風を待つ君はただ腕の中静かに眠れ 遠くに滲むオレンジ 僕は誓う、君を守る

マヨイガ(アニメ映画「岬のマヨイガ」主題歌)

羊文学

歌詞:おかえり ずっとまっていたよ もう大丈夫だから おやすみ 君の明日はどうしたってやってくる

1999 (English ver.)

羊文学

歌詞:So what am I to

OOPARTS

羊文学

歌詞:雄弁な言説にのせられて 勝利の確信に騙されて 僕らのエンパイア 終焉の道をゆく

あいまいでいいよ

羊文学

歌詞:恋人たちは今もまだ お互いの気も知らないで よくある歌のロマンスの影 追いかけるようにしてすれ違う

キャロル

羊文学

歌詞:一体さ、僕は何を信じたらいいのかわからないよ 近くはないが、同じ昨日に起きたニュースの真相は曖昧にして みんな違う話をしてる スーパーヒーローになって、奇跡のドア開いて

ghost

羊文学

歌詞:見えないものの声が聞こえる いつかあなたにまた会う日まで響くよ 真っ暗闇さ 揺れてる呼吸

優しさについて

羊文学

歌詞:恋はいつも少し歪んであなたは言葉を濁すのね 話を聞いて 優しさというならわたしの強さを壊すのやめて 天使たちも羽をたたんで心を守る日が来るのね

ワンダー(コニカミノルタプラネタリウムドラマ「流れ星を待つ夜に」主題歌)

羊文学

歌詞:屋根の上、あなたがいる場所に一番近いから登って星を数えた 暗い教室から抜け出したいように、いつでも冒険がしたい 耳元で囁く声、声 君が先に追いかけて飛んだ

ミルク

羊文学

歌詞:ミルクをこぼした 白く染まる夕 あなたはまた泣きそうな顔をしている 取り戻すことなどできないってわかって あなたはまた泣きそうな顔をしている

人間だった

羊文学

歌詞:きこえるかい 命の声が きこえるかい きこえるかい

金色

羊文学

歌詞:彼女の人生は金色 真っ白な照明の下で、きらきらと反射した きらきらと反射した光 私はテレビゲームで痛い目を擦っては

夜を越えて

羊文学

歌詞:君の言うことが何でも正しいような気がして 花のワンピース着たり、可愛いひとになったり していた日々は遠くへ、夜のラジオがかき消し 朝方のポストマン

夕凪(映画「ゆうなぎ」 主題歌)

羊文学

歌詞:旅人たちはいつか来るだろう終わりへ向かう 目的地などありもしないがひたすら進む いつからか間違ってすれ違ってしまう そして、夕凪がくる

Step

羊文学

歌詞:長い階段を かけ上がってたら 足が疲れて 座り込んでしまった 一度こうなると

パーティーはすぐそこ

羊文学

歌詞:最後のチャンスなの、許してママ、今夜だけは 言葉が邪魔するの、目が合えば動き出すのに さあ行こう、あるいはフィクションのようで 馬鹿みたいでも知りたい

あたらしいわたし

羊文学

歌詞:曖昧な朝が来て おはようって言うあてないきみも 不安ばっか散らかして おやすみも忘れがちな恋人たちも

ソーダ水

羊文学

歌詞:体中がいっぱいになって 心を言葉にしなくちゃ 溢れそうだ 怖くて仕方ない バランスがいつだって大事だ

うねり

羊文学

歌詞:考える 僕は いつも 余計なことで 頭が

ドラマ

羊文学

歌詞:青春時代が終われば 私たち、生きてる意味がないわ 探していたのはアメリカ 私たち、帰る場所なんてないわ

コーリング

羊文学

歌詞:この拍手が消えたら 君は音楽を止めるの? あの日話した公園は 気づけばもうビルが建ってた

若者たち

羊文学

歌詞:あなたを一人にするくらいなら 僕は夢を見るのをやめよう 朝から晩まで目を開けては 君のことを見るし考える

涙の行方(B077TZX4GC)

羊文学

歌詞:そういえば 最近あいつはみない 変わりはなくやってるかな 知らない誰かのことで 泣いてばかりはいないかい?

電波の街

羊文学

歌詞:嘘だらけでしょ いつもブルー、孤独なボーイ 歌うフリして泣いてるガール どこまでだって行けないのはわかってる

くだらない

羊文学

歌詞:なんでもあるようでなんにもないの 本当に欲しいもんはないの 心にぽっかり なんで? もうわかってる

予感

羊文学

歌詞:昨日の夜は嫌な予感がしてさ ついに朝まで君と話した 他愛もないことばかり、笑い合ううちに眠りについた もしも魔法が使えるのなら、君はどんな奇跡をここに望むの? たったひとつの小さな嘘が、心の奥で消えてゆくように

あの街に風吹けば

羊文学

歌詞:夢見てる、恋してる 青いスカート靡かせて 駆け抜ける午後の大通り 懐かしい街の風

なつのせいです

羊文学

歌詞:それは夏のせいです 僕たちは流れる雲に乗って どこまでもゆくのね 遠く澄んだブルーです

白河夜船

羊文学

歌詞:あなたが優しすぎて私は時々怖いのよ あなたが見ているのが私じゃないことわかるのよ 今日も朝から晩まで眠り続けて それでも何故だかお腹が減ります

ロックスター

羊文学

歌詞:ロックスターは知らない場所で今日も 本当は怖いよって泣いている どうせいつか終わる日までずっと 暇を潰すだけの毎日が

恋なんて

羊文学

歌詞:君が僕に嘘をついた日、僕はベッドの中にいて 何度も読んだ小説の最後のページを手繰ってた 君はさ、もういらないって言ったね 僕はさ、よくわかんないや

サイレン(映画「ゆうなぎ」 挿入歌)

羊文学

歌詞:真昼に月をみました 走る猫の先 サイレンが鳴り出していかなくちゃ 真昼に君をみました

ロマンス

羊文学

歌詞:この街の真ん中で叫んだら誰か見つけてくれるんじゃないかって思う いやほんとは誰かじゃなくてきみのこと探している、でもそれは秘密のことよ! 悪魔のタネが育つ 時間の問題だよ

エンディング

羊文学

歌詞:君のこと考えるの もうやめだ 君もわたしを愛するの もうやめよう

天国

羊文学

歌詞:そっちはどう? 調子はどう? クーラーガンガンで 布団にくるまってアイス食べる感じ?

絵日記

羊文学

歌詞:どうして?と聞けていたら変わってたこと 沢山あったよなあ、そうだよなあ あの日は透き通るほどの君の声に わたし、真っ黒な気持ちで負けてしまった

夏のよう

羊文学

歌詞:カラスが鳴いて 夕焼け空だよ、帰るよ 子供の頃見た懐かしい景色があってさ 麦わら帽子

RED

羊文学

歌詞:愛はいつだって複雑だ 言葉がまっすぐに飛ばない 僕は簡単にいきていたいのに もう駄目だ 逃げたい

ブレーメン(B077TZX4GC)

羊文学

歌詞:今日はもう眠りましょう 学校のチャイムは鳴らない 会いたい人もいない どうしたって足が動かない

マフラー(B077TZX4GC)

羊文学

歌詞:彼女はいま 白鳥が飛ぶ夢を見ている 眠ってしまえば全部 忘れられるんでしょう

ラッキー(DOCOMO ahamoX music webキャンペーンソング)

羊文学

歌詞:ゆめのなかで わたしみたの 大魔神が恐竜にたべられる 魔神の顔は

mother

羊文学

歌詞:崩れやすい夢をスケッチブックに描く 僕らの存在はいつだって曖昧なの 言えなかったことも胸の奥で溶かして 忘れてしまうよ そして欠伸をしたのさ

変身

羊文学

歌詞:嘘つくな 本当は目の奥で思ってる 黒い髪、おんなじスカート そんなのは偽物だ

ハロー、ムーン(album mix)

羊文学

歌詞:ハロー、ムーン やってきた! すすめ月の北極へ あれが嵐の大洋

おまじない

羊文学

歌詞:眠れない夜には 言えないことを枕に叫び 1人で笑ってる おまじないちょうだい

花びら

羊文学

歌詞:あいたい 明日はもう来ないかもしれない あいたい 今は二度と戻ってこないよ

powers

羊文学

歌詞:両手を高く広げ、今ならわかるはずだ 最高のイメージを信じてみたいよ いつも君しか選べない 力の限りで胸ふるわせ

砂漠のきみへ

羊文学

歌詞:きみは砂漠の真ん中 ユーモアじゃ雨はふらない 余裕ないぜ オアシスは程遠い