堀内孝雄の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 堀内孝雄
  3. 堀内孝雄の歌詞一覧

堀内孝雄の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月26日

111 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

空のほとりで逢えたなら

堀内孝雄

歌詞:泣きたいことが あった日は ぜんぶ誰かのせいにした 名もない神を 恨んだり

終の棲みか

堀内孝雄

歌詞:穏やかな日々が ここにある 夕やけの歌が ここにある もう急がずに

愛しき日々

堀内孝雄

作詞: 小椋佳

作曲: 堀内孝雄

歌詞:風の流れの 激しさに 告げる想いも 揺れ惑う かたくなまでの

流星群

堀内孝雄

歌詞:子供の頃は 泣き虫だった 学校帰りの でこぼこ道で 転んでは

君よ 知るや

堀内孝雄

作詞: 小椋佳

作曲: 堀内孝雄

歌詞:君よ 知るや 稲刈りのあと 田畑一面 蓮華の花の

恋唄綴り

堀内孝雄

歌詞:涙まじりの 恋唄は 胸の痛さか 想い出か それとも幼い

かくれんぼ

堀内孝雄

歌詞:(セリフ)もういいかい まぁだだよ 酔えば悲しい 流行歌 身の上ばなしと

憧れ遊び

堀内孝雄

作詞: 小椋佳

作曲: 堀内孝雄

歌詞:君を花に 例えたら 笑うだろうか 白いユリの ようだと云えば

酔いれんぼ

堀内孝雄

歌詞:あんたの心が 寂しいときは 隣りで この手で 暖めるから

昔からウイスキー

堀内孝雄

作詞: 松井五郎

作曲: 堀内孝雄

歌詞:10年前になるよ 店の二階にいたのは かもめと港が 好きだったから 名前は忘れたけど

冗談じゃねえ

堀内孝雄

歌詞:夜更けにひとりで飲めば 涙それより苦いから 遠くで幸福なんて 格好つけてる だけだよ

夢酔枕

堀内孝雄

歌詞:泣きながら 飲ませて あんたが逃げたから からっぽの 心に

女房のちょうちん

堀内孝雄

歌詞:あんたにお酒を 取り上げりゃ 借りてきたよな 隣の子猫 今夜もどこかで

恋心抄

堀内孝雄

作詞: 小椋佳

作曲: 堀内孝雄

歌詞:どの歌も 恋歌と聴く 恋心 胸に響いて 恋尽くし

時の流れに

堀内孝雄

作詞: 中村行延

作曲: 堀内孝雄

歌詞:おまえのために作ったうたも忘れてしまった いくとしぶりに歩く町も姿を変え 懐かしい友に会った 昔の面影はそのまま

野風増

堀内孝雄

作詞: 伊奈二朗

作曲: 山本寛之

歌詞:お前が 20歳に なったら 酒場で二人で 飲みたいものだ

流れ星

堀内孝雄

作詞: 河島英五

作曲: 堀内孝雄

歌詞:何の為に 人は生まれ 何の為に どこへゆくのか 燃え尽きた

花のように鳥のように

堀内孝雄

作詞: 阿久悠

作曲: 杉本眞人

歌詞:そこにあるから 追いかけて 行けば はかない 逃げ水の

吾亦紅

堀内孝雄

歌詞:マッチを擦れば おろしが吹いて 線香がやけに つき難い さらさら揺れる

いつまでも Love Song

堀内孝雄

歌詞:いつまでも love song for you

青春の日々

堀内孝雄

歌詞:遥かなる 山の端に 母のよな 星が出る 夕暮れは

夢の道草

堀内孝雄

歌詞:日暮れ間近のせつなさが やがて涙を連れてくる 燃えて焦がれて 抱かれても それも

うたかた

堀内孝雄

歌詞:春を知らない 曼珠沙華 秋を知らない 沈丁花 どちらもこの世の

紫煙

堀内孝雄

作詞: 小椋佳

作曲: 堀内孝雄

歌詞:一仕事 成し終えて 左手の 指 伸ばし

大丈夫が心配だよ

堀内孝雄

作詞: 相田毅

作曲: 堀内孝雄

歌詞:何でも背負って生きてきた 誰かれ悩みを聞いてきた そのくせ自分の足元は 甘くていっつも転んでる 無理をするなと諭しても

許してごらん

堀内孝雄

作詞: 相田毅

作曲: 堀内孝雄

歌詞:無理に笑顔を 作らなくてもいいのよ 迷いすぎて 涙さえ流せないの 誰かのせいにして

男が抱えた寂しさ

堀内孝雄

歌詞:「違う人生も考えたけど、やっぱり俺らしく生きること… 乾杯しようぜ明日の俺に」 男が抱えた 寂しさを

ちぎれたボタン

堀内孝雄

歌詞:もしもこの人生が 長い夢だと聞けば 君は笑いながら そばで酒をつぐ きっと失くした物は

坂道

堀内孝雄

歌詞:右手から こぼれた 人生を 秋桜の 秋が

影法師

堀内孝雄

歌詞:人の優しさ 恋しい晩は 男泣きする 切ない胸が この身をつつむ

恋文

堀内孝雄

歌詞:切なさだけが もしも恋なら 涙でこの世を 海にしたい 綺麗ごとの

北斗を仰ぎみれば

堀内孝雄

歌詞:もしもちがった人生を 歩いたとしても 熱き心を俺は 道づれにしていた 空に北斗の星を

惜春会

堀内孝雄

作詞: 小椋桂

作曲: 堀内孝雄

歌詞:兎にも角にも 健やかで また逢えたこと 悦ぼう 年に一度の

大事な人

堀内孝雄

作詞: 河島英五

作曲: 堀内孝雄

歌詞:うちめっちゃ怖がりやねん こんなに好きになってしもたのに 気のないそぶりしたり 強がって見せたりしたのは何でやろ

めまい

堀内孝雄

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:時は私に めまいだけを残してゆく だから ワイングラスの角氷 眠りにつこうとする愛に

諦めさえしなければ

堀内孝雄

作詞: 小椋佳

作曲: 堀内孝雄

歌詞:何もできないまま 時間ばかり過ぎて行く そんな時って 誰にもあるさ 自分のだらしなさ

続・竹とんぼ -青春のしっぽ-

堀内孝雄

歌詞:(セリフ) (「時代って変わって 行くんだよなぁ ・・・俺も お前も)

竹とんぼ

堀内孝雄

歌詞:(セリフ) 今は我慢しよう 俺たち一緒に夢を 飛ばしてきた 竹とんぼじゃないか

東京発

堀内孝雄

歌詞:雨がみぞれに 変わる頃 時計の針が昔に戻る あなたを忘れる 手だてもなくて

今日も最高やねェ! ~浪花に夢の風が吹く~

堀内孝雄

歌詞:目覚めた朝が 気持良けりゃ 人生それで ええやんか 幸福なんか

川は泣いている

堀内孝雄

歌詞:愛することは 悲しみですか 生きていることは 夢なのですか 沈む夕陽に

みんな少年だった

堀内孝雄

歌詞:古いアルバムを ふと開けば セピアの想い出が こぼれてくる あの頃の俺に

聖橋の夕陽

堀内孝雄

作詞: 石原信一

作曲: 堀内孝雄

歌詞:学生街の 坂道で 偶然きみに 逢うなんて 白髪の混じる

坂道のむこう

堀内孝雄

歌詞:駅まで続くゆるやかな この坂道も いまではひとり歩けない 車椅子の妻は もう人生にこしかけて

それでも月は

堀内孝雄

歌詞:永遠に似た 時の長さ 少年の頃 知らずにいたけど いつのまに

生命の大河

堀内孝雄

歌詞:黎明に 垂る朝露 陽が昇り 風が渡れば 霧晴れの

男達のララバイ

堀内孝雄

歌詞:男に渡れぬ 川がある 女という名の 川がある 渡り切れない

おバカさんマンボ

堀内孝雄

作詞: 三浦徳子

作曲: 堀内孝雄

歌詞:あの女なら 関係ない 何でもない 何でもないのさ カン違いで人生を

いいじゃない

堀内孝雄

歌詞:あなたを奪って あなたを抱きしめ 人生をたち切る ことが出来たら この世に生まれて

春に追われて

堀内孝雄

作詞: 堀内孝雄

作曲: 川村栄二

歌詞:桜よりも美しく この恋 散るならば 夢の中 いつまでも

堀内 孝雄(ほりうち たかお、1949年10月27日 - )は、日本の歌手、作曲家、俳優、タレント。アリスのメンバー。愛称は「ベーヤン」。大阪府大阪市阿倍野区出身。大衆食堂を営む家の3人兄弟の末っ子として生まれる。血液型はO型。桃山学院高等学校卒業、京都産業大学中退。所属事務所はアップフロントクリエイト(アップフロントグループ)。既婚。 wikipedia