1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森山直太朗
  3. 陽は西から昇る歌詞

2002.10.2 リリース

「陽は西から昇る」の歌詞 森山直太朗

陽は西から昇る 歌詞
作詞
森山直太朗,御徒町凧
作曲
森山直太朗
iTunesで購入
曲名
陽は西から昇る
アルバム
乾いた唄は魚の餌にちょうどいい
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
暗闇くらやみにぶらさがった ほしながれるよる
まどけて かぜめて 月明つきあかりびて

いたずらにはなった コトバたちれが
あとけず あてもなく 彷徨さまよってる

たとえばぼく何処どこまで きてけるだろう
おとてず かげせず なにのこさず

らめくまちひかりは まるでさざなみのように
ときともあさなか

そしてまた西にしからのぼだれにもづかれぬように
ぼくはただつぶやくだけ あのあい

きみなみだながしたときじつづかないフリをしていた
これ以上君いじょうきみきずつけることになるから
こころ隙間すきまめるように まだ明日あすみちびくように
まぶしすぎるひかりなかいま

そしてまた
こうしてる西にしからのぼる すべてをあざわらうように
ぼくはただつぶやくだけ あのあい

そしてまた西にしからのぼだれにもづかれぬように
ぼくはただつぶやくだけ 今日きょうあい

ひはにしからのぼる/もりやまなおたろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:陽は西から昇る 歌手:森山直太朗

リンクコード:

ブログ用リンク:

森山直太朗 人気歌詞ランキング

森山直太朗の歌詞一覧を見る

森山直太朗の特集

森山直太朗の特集を全て見る

森山直太朗のニュース

森山直太朗のニュースを全て見る