森山直太朗の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森山直太朗
  3. 森山直太朗の歌詞一覧

森山直太朗の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月28日

176 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:広がる空に 僕は今 思い馳せ 肌の温もりと 汚れたスニーカー

さくら (独唱)

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 森山直太朗

歌詞:僕らは きっと待ってる 君とまた会える日々を さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ

生きてることが辛いなら

森山直太朗

歌詞:生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい 恋人と親は悲しむが 三日と経てば元通り 気が付きゃみんな年取って

うんこ

森山直太朗

歌詞:さっきまで体の中にいたのに 出てきた途端 いきなり嫌われるなんて

夏の終わり

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 森山直太朗

歌詞:水芭蕉揺れる畦道 肩並べ夢を紡いだ 流れゆく時に 笹舟を浮かべ 焼け落ちた夏の恋唄

生きとし生ける物へ

森山直太朗

歌詞:やがて涙は渇くとて 風に吹かれちゃいられない 僕は君が思うような人間じゃない そうさそんな人間じゃない

素晴らしい世界

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:木漏れ日に抱かれて 一人眠る 凡庸な風に煽られて 君を想う

愛し君へ

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 森山直太朗

歌詞:いっそ 抱きしめて 抱きしめて 離さないよ このまま

今が人生~飛翔編~

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 森山直太朗

歌詞:(今が人生) 晴れ後 曇り 時々雨 風また晴れ

タカシくん

森山直太朗

歌詞:昔はずっと太ってた 体育はいつも見てるだけ 今はドクロのシルバーと すぐに壊れるオートバイ

花の名前

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:僕と君が出会ったのは ドーナツ池のそのほとり ねぇ遊ぼうって言う前に 君は微笑んだ

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:形あるものすべて 色褪せてゆくけれど あなたの作る笑顔は 今日も新しい

紫陽花と雨の狂想曲

森山直太朗

歌詞:風に揺れた紫陽花のハーモニー 胸の奥がキュンとくるのさ 君と初めて出会った日から 僕の時計は壊れているのさ

風唄

森山直太朗

歌詞:欲望の波に夕蕩う 一輪の花 紅の地平に燃ゆる 一片の詩 絶望の果てに射し入る

花鳥風月

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:行く雲に乱れし心 吐く息は仄かに白く 喜怒哀楽を幾重に纏い 人は今 何処を歩む

時の行方~序・春の空~

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:春の空ふと見上げて思った私の小ささを 今日も在るがまま為すがまま赴くまま この胸、 風に添えて

人間の森

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 御徒町凧 ..

歌詞:流れた涙が 星になって 星になってから 闇に消えてった

papa

森山直太朗

歌詞:papa 今なら心から思える まだ暗い空 灯りは消さずにいて

夜の公園で渡すつもりのない手紙を書いている

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 御徒町凧 ..

歌詞:夜の公園で渡すつもりのない手紙を書いている ギターを弾きながら上手に歌を歌うのは 難しいことだけれど 今ぼくの心を形にすることは

boku

森山直太朗

歌詞:僕がこれから言うことについてとりあえず聞いてよ いつ醒めるともしれない世界 この夢の片隅で 特にことさら気を使うような間でもないから

自分が自分でないみたい

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 御徒町凧 ..

歌詞:どうしてまた そんなことするの 自分が自分でないみたいに どこから見た

カク云ウボクモ(映画「心の傷を癒すということ」主題歌)

森山直太朗

歌詞:このままじゃダメだと君は笑った ありのままでいいと僕は思った 照りつける夏の日差しに乱反射した 閉ざされた過去・現在・未来

ありがとうはこっちの言葉

森山直太朗

歌詞:なんなんだろう この胸のもやもやは 洗い立てのタオルに 顔を埋めるような

日々

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:ありふれた日々の中で 君は眠っていた 暗闇に影を潜めながら 明日を待ちわびていた

森山直太朗

歌詞:あなたが 眠る場所へ あなたが眠る場所へ 帰ろう 夜が明けて

やがて

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 御徒町凧 ..

歌詞:扨は地平に響く歌 殊更にあおる永遠の中で 絡まってる 果てはこの手にしたい物

青春のメモワール

森山直太朗

歌詞:ノックアウトされたリングサイドに 僕は一人腰を下ろした 薄れていく意識の中で 君の姿を探した 闇雲に出したパンチは

星屑のセレナーデ

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 森山直太朗

歌詞:暗転のステージに差し込んだ一筋のライト 気まぐれな天使が目の前に舞い降りた まさに電光石火 恋のキラメキ 空前絶後

生きる(って言い切る)

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:今日もまた 人が死んだよ 俺はこうして 生きているのに

小さな恋の夕間暮れ

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:南へと向かう 背中丸めた飛行船 見上げた横顔 いつもと同じ交差点

速魚

森山直太朗

歌詞:命の炎が今 消え去ろうとしている 速魚 鏡の中のお前が頷いている

群青

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:澄み渡る空を見てると 自分が小さくなったみたいで それは全然悪いことでは ないと思うよたぶん絶対

運命の人

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 御徒町凧 ..

歌詞:昨日撮った君の写真が 懐かしく思えた あんなにも楽しかった 日々は泡沫のこと

どこもかしこも駐車場

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:別れ話の帰り道 悲しくなんてなかったよ フラれた方は僕なのに 泣いていたのは君の方

フォークは僕に優しく語りかけてくる友達

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:壊れたステレオから君はやって来た 麦わら帽子を首にぶら下げて 穴の開いてないドーナツが好きだって どうして先に分かっちゃったんだろう

時代は変わる

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:ああだこうだと屁理屈並べて のらりくらりでどこまで行くのか 西から東へ地球は廻る そうさこうしてむすんでひらいて

名もなき花の向こうに(仮)

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 御徒町凧 ..

歌詞:逆にこんなこと言っても信じないかもしれないけれど 例えば世界はもう終わっているんだよ それどころかまだ始まっていないのかもしれない 全てはもう言葉の問題でしかないんだよ

風花

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:帰れない世界の外で 小さく君を抱いた 静かに時は流れて 瞳を伏せる

例えば友よ

森山直太朗

歌詞:呼ぶ声がする 彼方大地の静寂から たぶん何かの間違いだけれど 野花と僕は苛々していた

若者たち(フジテレビ開局55周年記念ドラマ「若者たち 2014」主題歌)

森山直太朗

作詞: 藤田敏雄

作曲: 佐藤勝

歌詞:君の行く道は 果てしなく遠い だのになぜ 歯をくいしばり 君は行くのか

遠い渚のラブソング

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:ちょうど君に会いたいと思ってたところ ところで今何してる? 心でまだ恋してる… You

風曜日

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:唐突に切られた電話 受話器の向こうの世界を僕は知らない 月の裏側で君と出逢い 1/6の重力で求め合った

最悪な春

森山直太朗

歌詞:絵に描いたような空と 空に描いたような絵があって どっちの方がステキと 驚くような日の光 見つけた頃に忘れちゃう

嗚呼

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:どうして 季節はゆくの 風が揺らす梢 なんで 命は巡る

黄金の心

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 御徒町凧 ..

歌詞:おそらくここは いつか来た道だろうな それじゃなければ いつか行く道だろう

高校3年生~リミックス~

森山直太朗

作詞: 直太朗

作曲: 直太朗

歌詞:授業中気が付くと 君の背中いつも見ていた 二人して怒られて 立たされてたこともあったね

ねぇ、マーシー

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:仲間外れにされたって ぼくはちっともイタくない 最後の最後はいつだって キミが笑ってくれるから キミが笑ってくれるから

何処かで誰かが

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:何処かで誰かが笑ってる 僕等は此処で空を見る 何処かで誰かが怒ってる ガジュマルの木は風に揺れ

雨だけど雨だから

森山直太朗

作詞: 御徒町凧 ..

作曲: 御徒町凧 ..

歌詞:飲み飽きたマンデリン いつのまにか夜の町 バイクに乗ったサンタクロース ピザとコーラを運んでる

坂の途中の病院

森山直太朗

作詞: 森山直太朗 ..

作曲: 森山直太朗 ..

歌詞:坂の途中の病院の患者さんは 主に夏の亡霊たち 彼らは慢性のアトピーを治すために ニンニクの首飾りをして 月のカケラの靴を履いている

森山 直太朗(もりやま なおたろう、1976年4月23日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。名前の由来は素「直」で「太」く「朗」らかから。セツナインターナショナル所属。 身長170cm。 東京都渋谷区出身。成城学園高等学校、成城大学卒。大学在学中から、吉祥寺の井の頭公園などでギターを抱えて歌うようになる。作詞はほとんどの楽曲を御徒町凧と共作している。2005年からは作曲も共作となっている。妻はピアニストの平井真美子。実母は森山良子。実父はジェームス滝。異父姉はマネージャーの森山奈歩。また、義兄に姉の夫・小木博明がいる。血液型はB型。 wikipedia