1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森山直太朗
  3. 電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ歌詞
よみ:でんしゃからみたまんしょんのべらんだにほしてあったぴんくいろのしゃつ

「電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ」の歌詞

森山直太朗
2016.6.1 リリース
作詞
森山直太朗,御徒町凧
作曲
森山直太朗,御徒町凧
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
いつぞやあめして 電車でんしゃなかあつ
えらんだ仕事しごと消去法しょうきょほう おもってたより長続ながつづ
恋人こいびとはまぁいないけど べるものにもこまらない
実家じっからす両親りょうしんは たぶん元気げんきらしてる

電車でんしゃからたマンションのベランダにしてあったピンクいろのシャツ
電車でんしゃからたマンションのベランダにしてあったピンクいろのシャツ

禿げたあたまのおじさんと ピタリとからだかさなった
れる電車でんしゃのそのせいで ピタリとうごきもっている
おっぱいのでかい制服せいふくおんながぼくのななまえ
実家じっからす両親りょうしんは たぶん元気げんきらしてる

電車でんしゃからたマンションのベランダにしてあったピンクいろのシャツ
電車でんしゃからたマンションのベランダにしてあったピンクいろのシャツ

いつになったら未来みらいだろう かんがえることももうめた
このえきえればすこしだけ いてくるってっている
今日きょうのランチは屋上おくじょう一人ひとりでしようとおもってる
かえって夜中よなかのサッカーを ビールでようとおもってる

電車でんしゃからたマンションのベランダにしてあったピンクいろのシャツ
電車でんしゃからたマンションのベランダにしてあったピンクいろのシャツ

だれかのいてる音楽おんがくの チョイスはそれほどわるくない
従兄弟いとこにもらったムスタング そういや二弦にげんれたまま
はずみでにした哲学書てつがくしょ てるか仕舞しまうかまよってる
おくれて気付きづいた着信ちゃくしん返事へんじをするのをわすれてる

電車でんしゃからたマンションのベランダにしてあったピンクいろのシャツ
電車でんしゃからたマンションのベランダにしてあったピンクいろのシャツ

電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ/森山直太朗へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ 歌手:森山直太朗