1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森山直太朗
  3. ありがとうはこっちの言葉歌詞
よみ:ありがとうはこっちのことば

「ありがとうはこっちの言葉」の歌詞

森山直太朗
2020.3.6 リリース
作詞
御徒町凧
作曲
森山直太朗
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
なんなんだろう このむねのもやもやは
あらてのタオルに かおめるような

小鳥ことりいてる あさけのメロディー
どこまであるいても このみちつづいてる

つなぐよりも ゆびつなぐような

さむよるいあって 星空ほしぞら毛布もうふねむ
テーブルのこうの笑顔えがお 最果さいはてのきみ目指めざした
ありがとうはこっちの言葉ことば

迷子まいごになったのは きみなのかぼくなのか
かおはなのそのよこ 妖精ようせいたちがおど

ころがるいしにさえ それだけのシンフォニー
いつしかこんがりと トーストはきあがる

ゆめをみるよりも ゆめになりたいな

とおそらちかくにあって 幻灯げんとう砂漠さばくわた
永遠えいえん」とくちにするように 千夜一夜せんやいちやたしかめった

ふるえる音符おんぷ腰掛こしかけて
くるぶしをあらうせせらぎのおと

アイスコーヒーがざらない
しろくろあいだをさまよって

さようならは彼方かなたそら
わずがたりのホビットの鼻筋はなすじわら

しけったビスケットがだい好物こうぶつ
あないたくつからした盲目もうもく天使てんし

わたしがわたしになるまえわした
かぎりない世界せかいとの約束やくそく

もり木立こだちまもられて
なにもかもがかがやかしく不明ふめい

たとえこのからだすなになろうとも
つつまれているおとひかり温度おんどかお

やぶれた地図ちずさかさまにつめる
きみ笑顔えがおをただまもりたいとこころがさとす

わたしは木々きぎだと木々きぎ
わたしはときだととき

おもはもういらないからと
ゆめ七色なないろ貝殻かいがらさがした

たかだかさん四分よんぷんでできた世界せかい
りんごのだという証拠しょうこはどこにもない

いつまでもつづくといまおも
満天まんてんほしがおやすみなさいとさやいでいる

さむよるいあって 星空ほしぞら毛布もうふねむ
テーブルのこうの笑顔えがお 最果さいはてのきみ目指めざした
ありがとうはこっちの言葉ことば

ありがとうはこっちの言葉/森山直太朗へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ありがとうはこっちの言葉 歌手:森山直太朗