1. 歌詞検索UtaTen
  2. 佐藤惣之助の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

佐藤惣之助の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

72 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

六甲おろし

阪神タイガース

歌詞:六甲颪に 颯爽と 蒼天翔ける日輪の 青春の覇気 美しく

六甲おろし

braBOOWY

歌詞:六甲颪に颯爽と 蒼天翔ける日輪の 青春の覇気うるわしく 輝く我が名ぞ 阪神タイガース

人生劇場

村田英雄

歌詞:やると思えば どこまでやるさ それが男の 魂じゃないか 義理がすたれば

青春日記

藤山一郎

歌詞:初恋の 涙にしぼむ 花びらを 水に流して 泣きくらす

人生劇場

氷川きよし

歌詞:やると思えば どこまでやるさ それが男の 魂じゃないか 義理がすたれば

むらさき小唄(歌謡浪曲入り)

原田悠里

歌詞:流す涙が お芝居ならば 何の苦労も あるまいに 濡れて燕の

新妻鏡

島倉千代子

歌詞:僕がこころの 良人なら 君はこころの 花の妻 遠くさびしく

人生の並木路

ディック・ミネ

歌詞:泣くな妹よ 妹よ泣くな 泣けば幼い ふたりして 故郷を捨てた

赤城の子守唄

東海林太郎

歌詞:泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が 啼いたとて 泣いちゃいけない

緑の地平線

藤山一郎

歌詞:なぜか忘れぬ 人ゆえに 涙かくして 踊る夜は ぬれし瞳に

湖畔の宿

八代亜紀

歌詞:山の淋しい 湖に ひとり来たのも 悲しい心 胸のいたみに

男の純情

石原裕次郎

歌詞:男いのちの 純情は 燃えてかがやく 金の星 夜の都の

湖畔の宿

天童よしみ

歌詞:山の淋しい 湖に ひとり来たのも 悲しい心 胸のいたみに

上海だより

北島三郎

作詞: 佐藤惣之助

作曲: 三界稔

歌詞:拝啓御無沙汰しましたが 僕もますます元気です 上陸以来今日までの 鉄の兜の弾の痕 自慢じゃないが見せたいな

東京の灯

藤山一郎

歌詞:希望と愛に 胸さわぐ 赤き唇 かみしめて 涙も光る

すみだ川

東海林太郎

歌詞:銀杏がえしに 黒繻子かけて 泣いて別れた すみだ川 思い出します

湖畔の宿

美空ひばり

歌詞:山の淋しい みずうみに ひとり来たのも 悲しいこころ 胸のいたみに

人生の並木路

石原裕次郎

歌詞:泣くな妹よ 妹よ泣くな 泣けばおさない 二人して 故郷をすてた

お夏清十郎

二葉百合子

歌詞:可愛いお夏を 小舟にのせて 花の清十郎に 漕がせたや 春は夜明けの

青春日記

大川栄策

歌詞:初恋の 涙にしぼむ 花びらを 水に流して 泣きくらす

男の純情

藤山一郎

歌詞:男いのちの 純情は 燃えてかがやく 金の星 夜の都の

六甲の女~スペシャルバージョン~

出光仁美

作詞: 佐藤惣之助 ..

作曲: 水森英夫 ..

歌詞:妻と呼ばれる 幸せは この手に届かぬ 夜空の星よ 坂道淋しい

すみだ川

二葉百合子

歌詞:銀杏がえしに 黒襦子かけて 泣いて別れた すみだ川 思い出します

人生の並木路

三山ひろし

歌詞:泣くな妹よ 妹よ泣くな 泣けば幼い ふたりして 故郷を捨てた

六甲おろし with 川藤幸三・オール巨人・渋谷天外 feat.はたけ

BORO

歌詞:六甲颪しに 颯爽と 蒼天翔ける 日輪の 青春の覇気

緑の地平線

天童よしみ

歌詞:なぜか忘れぬ 人ゆえに 涙かくして 踊る夜は ぬれし瞳に

新妻鏡

霧島昇,二葉あき子

歌詞:僕がこころの 良人なら 君はこころの 花の妻 遠くさみしく

上海の街角で

藤田まこと

歌詞:リラの花散るキャバレーで逢うて 今宵別れる街の角 紅の月さえ瞼ににじむ 夢の四馬路が懐しや

青い背広で

石原裕次郎

歌詞:青い背広で こころも軽く 街へあの娘と 行こうじゃないか 紅い椿で

すみだ川

島倉千代子

歌詞:銀杏がえしに黒じゅすかけて 泣いて別れたすみだ川 思い出します観音さまの 秋の日ぐれの鐘の声