1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鈴木紀代の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

鈴木紀代の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

121 曲中 91-120 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

はぐれ泣き

佳山明生

作詞: 鈴木紀代

作曲: 西つよし

歌詞:風もしばれる 吹雪の夜に 暖簾しまって 一人酒 はぐれ泣きする

夢追い笠

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 影山時則

歌詞:薩唾峠で ため息一つ 目指す興津は あと一里 あらいやだ

私やっぱり女です

長保有紀

作詞: 鈴木紀代

作曲: 中村典正

歌詞:恋もしました 泣きもした 私いろいろ ありました 今はもう

ふたり道

北島三郎

作詞: 鈴木紀代

作曲: 原譲二

歌詞:泣いて笑って また泣いて おまえと歩いた ふたり道 短いようで

シベリアの涙

長山洋子

歌詞:泣いちゃダメ いけない… わかっているけれど 泣いちゃダメ どうして…

春風

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 影山時則

歌詞:風は春風 両国橋を カッタカッタと 下駄の音 初の白星

望郷ひとり泣き(大陸篇)

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 西つよし

歌詞:諦め切れない 人なのか 諦めたくない 夢なのか 昨夜も泣いて

望郷ひとり泣き

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 西つよし

歌詞:男の運が 悪いのか 男を見る目が ないからか 昨夜も泣いて

洋子の…名残月

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 西つよし

歌詞:日暮れて鳥は 巣に帰り 瀬を行く魚は 岩の蔭 人は人ゆえ

洋子の…ふるさと

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 大谷明裕

歌詞:バスを降りると 一本の 我が家に続く 細い道 心の中の

洋子の…海

長山洋子

歌詞:海は荒波 潮風受けて 磯で砕けて 白く散る ああ

はまなす岬

林あさ美

作詞: 鈴木紀代

作曲: 岡千秋

歌詞:野に咲く名もない 花だから あなたのその指で 摘まれたい 東京へは

ほろり酒

原田悠里

作詞: 鈴木紀代

作曲: 加藤将貫

歌詞:倖せだったら 女がひとり 手酌で飲んだり してないわ 雨降る夜の

遠い街

長山洋子

歌詞:まさか別れが 来るなんて 誰が想像 したでしょう だって明日の

男ざかり

橋幸夫

作詞: 鈴木紀代

作曲: 樋口義高

歌詞:女ざかりは 華ざかり 男ざかりは 働きざかり 人生本番

花火

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:倖せ続くと 信じてた ひび割れ砕けた この心 淋しさ逃れて

笑顔の花

古都清乃

作詞: 鈴木紀代

作曲: 岡千秋

歌詞:つめたさ寒さを 耐える冬 春に華やぐ 淡墨桜 つぼみが一輪

三年たったらここで…

浅田あつこ

歌詞:バカね… あなたと私 愛し合ってる はずなのに ダメね…

いさりび鉄道

浅田あつこ

作詞: 鈴木紀代

作曲: 杉尾聖二

歌詞:北へ北へ ひたすら北へ 女が一人 旅をする 足がおぼえた

おしどり峠…

北島三郎

作詞: 鈴木紀代

作曲: 原譲二

歌詞:胸突き八丁の 浮き世の坂を よくぞここまで 登って来たな おまえの汗と

ワッショイ

長山洋子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 岡千秋

歌詞:ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ

泉州恋しぐれ

長保有紀

作詞: 鈴木紀代

作曲: 中村典正

歌詞:惚れた私にゃ 気のないあんた 岸和田イチの 男振り だんじり祭じゃ

恋の花

森若里子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 蔦将包

歌詞:涙で枯れた 恋もある 咲かずじまいの 恋もある むせび泣き

白樺の誓い

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:こもれ陽ゆれる 白樺林 肩寄せ歩いた 丘の径 他の誰かに

朝はきっと来る

林あさ美

作詞: 鈴木紀代

作曲: 岡千秋

歌詞:よいしょこらしょ どっこいしょのしょ ほうら見えたでしょ お日さまが待っている 水平線に

風蓮湖~釧路空港

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:釧路 厚岸 霧多布 人もまばらな バスに乗る

悲恋歌

林あさ美

作詞: 鈴木紀代

作曲: 岡千秋

歌詞:両手で耳を ふさいでみても 指のすきまを くぐって届く 途切れ途切れの

北島三郎

作詞: 鈴木紀代

作曲: 原譲二

歌詞:損か得かを はかるより 嘘か真で 動きたい 自分自身に

笹舟

原田悠里

作詞: 鈴木紀代

作曲: 加藤将貫

歌詞:こころの笹舟 流れて行けば 好きなあなたに 届くでしょうか 愛した時から

長山洋子,影山時則

作詞: 鈴木紀代

作曲: 影山時則

歌詞:糸の半分 私が持つわ 残りの半分 俺が持つ 絆という字で