1. 歌詞検索UtaTen
  2. 一色徳保の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

一色徳保の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

51 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

グレイブ

一色徳保

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保

歌詞:失くした当たり前に戸惑う心は 押し寄せる不安に潰れてしまいそうで 本当の想いを裏切りそうになるよ それでも自分を信じられるのかな?

今、呼ぶ声

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:「お前に何が分かるの?」ってそんな風に 吐き捨ててみても虚しいだけさ 本当の言葉見つけ出して今日も明日も ただ前を向いてゆけよ

水色の羽根

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:晴れた日の真夜中に 天使はやってきた 僕の闇を泳ぎに 天使はやってきた 月の光照らされて

世界の終わりと僕の歌

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:この世界が今日で終わる そんな事を考えてみた 心でただ君を想い 僕は僕の歌を歌う 嗚呼

アセロラ

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保 ..

歌詞:こんがらがった 頭と生活が続いている どうにもならない 何となくの一日が過ぎてく 想像してたより

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保 ..

歌詞:訳も分からず飛び出した 青すぎた春 生き急いで身を焦がして ただ必死だった 誰の声も聞かなかった

タイムマシン

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:キラキラ光る夜の水辺二人歩く 自販機の明かり付いては消え繰り返してる 夏の夜風 いつも胸の奥をギュッとするのは あの頃のさ

裏と表

一色徳保

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保

歌詞:戸惑いながらまた歩き出す つまづいても転んでもまだ 道端に咲く名も知らぬ花に 気付かないで歩き続ける

揺れる風船

一色徳保

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保

歌詞:嗚呼‥想像して悲しくなった現実はいつも優しくはないから 痛いくらい青い空に涙を浮かべた君の手を握る 大げさだねいつもきっと大丈夫さ僕ら なんの根拠もないけれどそんな気がしているよ

星の軌跡

一色徳保

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保

歌詞:涙溢れた夜の隙間で 星は瞬いて流れ消えてった 取り残された 僕は今でも 星の行方を追いかけている

素敵な勘違い

一色徳保

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保

歌詞:勘違いを 繰り返す僕らの道は続く 嫌になって「どうでもいい」とか口にしたって 結局はおんなじ事の繰り返しで 今もまだ

暮らしてた街

一色徳保

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保

歌詞:ずっと暮らしてた街を通り過ぎると思い出してしまう君といたあの日々を 情けないけれどココロに君がいるよ今更だから忘れたいけれど 優しい雨が降って君の髪濡らしたあの日 涙を流して何を見てた

あの空の赤と青

上村昌也

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保

歌詞:いつもの駅で君を待つ事も 今日でさ最後になるんだな そんな事思いドアを開けたなら 見慣れた景色も違って見えた

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:夢を見て僕は今を生きてる たまに見失う時もあるけど 好きだからそばにいたいから ただそれだけの理由

ブラウンシュガーヘア

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:「降り出した雨に打たれて 桜は散ってしまうんだ」 四月の空の下で 遠くを見ていた オレは駄目な奴?

迷走

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:2:22俺 夢見てる 狂った世界を 変えてみたくて 半端な気持ちで

夢見る街

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:時にはそれも大事だ 時にはあれも大事だ 大事なものは増えてゆくみたい 全部背負い切れるのかな できれば教えて欲しいよ

めまい

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:雨上がりの青が 俺をからっぽにしたんだ 何も終わっちゃいないと 俺をからっぽにしたんだ

スタイル

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:どうしようもない事ばかり うまくいかない事ばかり それでも君は笑ってた 根拠もなく「大丈夫」と言って

気まぐれ

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保 ..

歌詞:飛び出した君には ひとかけらの希望 それは忘れない 忘れない日々の事 いつかは離ればなれ

君のヒゲ

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保 ..

歌詞:幻想を抱いてんだ 俺だって誰だって 憧れを追いかけても 追いつけない追い越せない 困り果てて辿り着く

悲しい鳥

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保 ..

歌詞:「悲しい言葉や ため息は要らない」 そう吐き捨て 飛び出した秋空の下 太陽が雲間から俺を

雨音

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保 ..

歌詞:適当な言葉で片付けられ 肝心な気持ちは宙ぶらり 言い返す事もできないで 京王線乗り込んで家路に着く 積もる苛立ちは消化できずに

三日月と約束

一色徳保

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保

歌詞:嗚呼…思い出す度胸痛めるそんな事ばかりだ だけどそれは僕だけじゃない君だけじゃないだろう 時々忘れそうになって誰かのせいにしたくなって捨てたくなってしまうんだ こんな感情はいつか歳を重ねてしまえば消えるもんだと想っていた

感情的な彼女だった

一色徳保

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保

歌詞:思うようにいかないもんで 現実なんてそんなもんで 辛いよね苦しいよねって 笑いながら口笛吹いた

悪い冗談

一色徳保

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保

歌詞:くだらないジョークで笑い飛ばせばいい 悲しい話はずっと消えないけれどね 涙が溢れる辛い夜だって 鏡に映った自分を騙してやるのさ

朝が来るまで

一色徳保

作詞: 一色徳保

作曲: 一色徳保

歌詞:何もないんだって嘆いてしまう一人きりの夜には 口ずさむあのメロディーを朝が来るまで

バタフライ

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:掴みきれない想いは 拭いきれない痛みのせいか? 忘れないでサヨナラは 今日だって明日の架け橋で

赤い扉

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:帰り道に影と歩けば あの日の事 思い出すだろう 夕焼けは今日もまた 溢れそうな涙になるだろう

花火

つばき

作詞: 一色徳保

作曲: つばき

歌詞:季節外れの花火をしようぜ 震えながら 笑いながら 気休めだけど どんなに今が