1. 歌詞検索UtaTen
  2. 内山田洋とクール・ファイブ

内山田洋とクール・ファイブの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

長崎は今日も雨だった

あなた ひとりに かけた恋 愛の言葉を信じたの さがし

北ホテル

いつまでもこのままで つづくはずはないわ 人の目をさけながら 重ねあう愛が 遠くひびく波の音

愛の旅路を

死ぬも生きるも あなたひとりと 恋に賭けたい 命ひとすじ 砂を噛むよに

西海ブルース

港の雨に 濡れてる夜は 思い出すんだ 白い顔 ふたりで歩いた

あきらめワルツ

今夜はどこで 何してますか お酒の飲みすぎ 気がかりなのよ 逢わずにおこうと

中の島ブルース

赤いネオンに 身をまかせ 燃えて花咲く アカシアの あまい香りに

恋は終ったの

あなたがくれた 夏の日の 思い出抱いて 江の島の夜 人影見えぬ

さようならの彼方へ

振り返れば 翼の 下で町の灯が 揺れて燃える この国をあとに

噂の女

女心の 悲しさなんて わかりゃしないわ 世間の人に 止して止してよ

ふたたび長崎

ふたたび長崎 想い出 たどって そぞろ歩きの 春雨通り

恋さぐり 夢さぐり

そんな辛い顔して 私を抱かないでよ 恋さぐり 夢さぐり 男と女

この愛に生きて

あの人を愛しては いけないと云われ 旅に出て忘れようと 悩んでもみたが 思いきれぬ恋よ

女のくやしさ

こんな淋しい 女の胸を たたく冷たい 夜の雨 たよる夢さえない私

逢わずに愛して

涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の夢のかけらを

酒場の花

紅を 今夜は 濃い目につけて せめて 淋しさ

東京砂漠

空が哭いてる 煤け汚されて 人は やさしさを どこに棄ててきたの

そして、神戸

神戸泣いてどうなるのか 捨てられた我身が みじめに なるだけ 神戸

Last Song

あなたを優しく 包んでやれなかった 外套の襟を立てる 本当は辛く 泣いていた

二人の海峡

雪の降る海峡を あなたは見ていた たそがれの棧橋で わたしは泣いていた 愛をたべては

おんなの愛はブルース

ありがとう あなた 幸せだったわ 別れの夜 泣きはしたけれど

うわさ

とげあるうわさに 肩身せまくして 逢いたい気持さえ 胸の奥おさえこんで 私さえがまんが

恋唄

ほんの みじかい夢でも とても しあわせだった 逢えてほんとうに