坂本冬美の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

化粧

化粧なんてどうでもいいと思ってきたけれど せめて今夜だけでもきれいになりたい 今夜あたしはあんたに逢いにゆくから 最後の最後に逢いにゆくから

百夜光

この世のむこうの そのむこう 落ち合いますか 死にますか 抱かれても…抱かれても…

夜桜お七

赤い鼻緒が ぷつりと切れた すげてくれる手 ありゃしない 置いてけ堀をけとばして

また君に恋してる

朝露が招く 光を浴びて はじめてのように ふれる頬

あばれ太鼓

どうせ死ぬときゃ 裸じゃないか あれも夢なら これも夢 愚痴は

男の火祭り

日本の男は 身を粉にして働いて 山に海に 生きてきた 女は嫁いで

気まぐれ道中~二人旅~

空にポッカリ 浮雲ふたつ どこへ流れて 行くのかい ままにならぬが

蛍草

俺でいいのか 悔やんでないか つぶしのきかない 男でも つらい時ほど

おんな南部坂

殿の無念を 晴らしもせずに 明日は仕官を すると言う 恨みなみだの

忍冬

淋しい女なんて 言わせない 私はひとり 冬をこらえて 花を咲かせる

祝い酒

浮世荒波 ヨイショと越える 今日は おまえの 晴れの門出だよ

羅生門

どしゃぶり雨に もろ肌脱いで 鬼がいるなら 獲らねばならぬ 男

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと 泣いてすがればネオンが ネオンがしみる

こころが

私の泣き声さえ きっと知らないでしょう いままで笑顔だけを ずっと見てきたから

風鈴

風鈴の小さな音色が とても好きよと楽しんだ 私の母の想い出よ 夏の日暮れに揺れてます ひとりの庭先

雨の慕情

心が忘れたあのひとも 膝が重さを覚えてる 長い月日の膝まくら 煙草プカリとふかしてた 憎い

居酒屋 duet with 五木ひろし

もしも きらいでなかったら 何か一杯 のんでくれ そうね

星影のワルツ

別れることは つらいけど 仕方がないんだ 君のため 別れに星影の

北の海峡

北へ行く船に乗る 港桟橋は 寒さこらえる 人ばかり あなたから

星に祈りを

窓に ひとすじの光り 夢にうかぶ ふるさとよ 熱き涙

雪国~駒子 その愛~

トンネル抜けたら そこは雪国 駒子は氷柱と 暮らしています あの日あなたと

俺の出番はきっと来る (デモバージョン)

花の舞台の幕が開く 筋は一本 根性だけは どこの誰にも

愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中

北の挽歌

吹雪がやんで 雲間が切れて 海風にまかれて 海猫が啼く オショロマ岬

骨まで愛して

生きてるかぎりは どこまでも 探しつづける 恋ねぐら 傷つきよごれた

情熱の花

ララララ…… ララララ…… 私の胸に 今日もひらく 情熱の花

AND I LOVE HER

I give her all my

能登はいらんかいね

欠けた徳利に 鱈子のつまみ 酒の注ぎ手は 見染めたあの娘 能登はいらんかいねー

男の情話

意地を通せば 情が枯れる 夢にすがれば つき当たる それが世間と

おもいで酒

無理して飲んじゃ いけないと 肩をやさしく 抱きよせた あの人

全て見る