浜田省吾の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 浜田省吾
  3. 浜田省吾の歌詞一覧

浜田省吾の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月28日

221 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

MONEY

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:この町のメインストリート 僅か数百メートル さびれた映画館と バーが5、6軒 ハイスクール出た奴等は

I am a father

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:額が床に付くくらい 頭を下げ 毎日働いてる 家族の明日を案じて 子供達に未来を託して

初秋

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:戦火に倒れた恋人を抱きしめて 泣き崩れる男を映す TVニュース 誰かを愛したら

家路

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:青く沈んだ夕闇に浮かぶ街を見おろし この人生が 何処へ俺を導くのか尋ねてみる 手に入れた形あるもの やがて失うのに

花火

浜田省吾

作詞: Shogo Hamada

作曲: Shogo Hamada

歌詞:娘はもう二十歳 恋人もいる年頃 下の子はサッカー好きの男の子で 次の春には高校 あの日

路地裏の少年

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:真夜中の校舎の白い壁に 訣別の詩 刻み込んだ 朝焼けのホームに あいつの顔

紫陽花のうた

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:六月の雨の雫 紫陽花の花 北鎌倉 横須賀線のプラットホームに君と… 静かな

もうひとつの土曜日

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:昨夜眠れずに 泣いて いたんだろう 彼からの電話 待ち続けて

風を感じて (Easy to be happy)

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:ブルー、レッド、イエロー スクランブル交差点 しかめっ顔 片手ハンドル ネクタイほどき

J.BOY

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:仕事終りのベルに とらわれの 心と体取り返す 夕暮れ時 ha…

いつわりの日々

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:愛の言葉を君にささやく だけど今は 意味などない 恋人達がそっと 夜のとばりの

君が人生の時・・・

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:激しく寄せては 引いてゆく波よ 時は無口な旅人 夢は欠けてゆく 喜び悲しみ、今日も

I DON'T LIKE“FRIDAY”(戦士の週末)

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:She waits for you 地下鉄なら

夢のつづき(映画 アゲイン 28年目の甲子園 主題歌)

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:君が投げ返してくるボール 日毎 速くなり 今ではオレより背も高くて 何だか眩しい

愛の世代の前に

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:Wow wow… Wow wow… 愛の世代の前の

丘の上の愛

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:笑顔ひとつで 君はどんな恋でも たやすく手に入れた でも誰ひとり愛さず ただのボーイフレンド

生まれたところを遠く離れて

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:生まれたところを遠く離れてうたう この子に いつの日にか光がみえるように 車窓ごしで見送るお袋の忘れられぬ涙よ

サンシャイン・クリスマスソング

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:夏の日焼けがまだ肌に残ってる なのに 街角 クリスマスツリー 全然出来てないよ心の準備

日はまた昇る

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:海鳴りの聞こえる丘で 青空を見上げて想う この旅の途上で 愛した人の懐かしい面影を

いつか もうすぐ

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: Ian Tyson

歌詞:あの娘は米軍キャンプの傍にある 小さな店で働いてた 僕らは約束した この町出ようねと いつか

君に会うまでは

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:腕組み歩くよ 夜の町 二人 踊り疲れて 少しだけ

八月の歌

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:砂浜で戯れてる 焼けた肌の女の子達 おれは修理車を工場へ運んで渋滞の中 TVじゃ この国

片想い

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:あの人のことなど もう忘れたいよ だって どんなに 想いを寄せても

ON THE ROAD

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:この道の彼方 約束されたはずの 場所があると 信じて行きたい もう一度

陽のあたる場所

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:寂しさに たやすく恋に落ちた 二人の夜を重ねることに ためらうことなく 僕のもうひとつの

行かないで

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:明け方の舗道に膝を抱えて座り 失した君の面影たどって ノートに描く 四年の月日で 二人が見つけたものは

DANCE

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:町はずれ 海辺のモーテル ベッドに湿った風 土曜の夜 貪るように

初恋

浜田省吾

作詞: Shogo Hamada

作曲: Shogo Hamada

歌詞:海辺の田舎町 10歳の頃 ラジオから流れてきた“The Beatles” 一瞬で恋に落ちた

勝利への道

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:おれには車とギター お前には日のような情熱 汗ばむ夏の舗道で 出逢った火花散して 死んだ様な町を拒み続け

青空のゆくえ

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:もう 無邪気な恋に 落ちるには二人 若くない 何度かつまづき

AMERICA

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:ロスから サンフランシスコへ 続くフリーウェイを おれ達 ヒッチハイクした

途切れた愛の物語

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:愛したこと 悔やまないで 別れるために 君と暮らしたわけじゃない 今日まで

恋人達の舗道

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:夏の翳りを残した夕暮れの街 ひとり歩くよ 君と出逢った あの店 今夜はドアを閉ざしてる

詩人の鐘

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:銀行と土地ブローカーに 生涯を捧げるような 悪夢のようなこの国の 飽食とエゴに満ちた 豊かさの裏側で

ラストショー

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:さよなら バック・ミラーの中に あの頃の君を探して走る さよなら 二人演じた場面を

明日なき世代

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:泣かないで 俺達の愛は誰にも触れさせない 泣かないで 俺達の明日誰にも渡さない

君に捧げるlove song

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:「もう行かなきゃ…」と手を振る君の後姿を見送って ここで強く生きてく 季節はずれの台風顔負けの低気圧が 窓や屋根に雨を叩きつけて荒れ狂ってる

MAINSTREET

浜田省吾

作詞: Shogo Hamada

作曲: Shogo Hamada

歌詞:走ることの他に この街 何が出来る 踊ることの他に 今夜

SILENCE

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:明け方の街 仕事を終えて ハイウェイ家へと アクセルふかす 時々思う

愛という名のもとに

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:ごらん街の灯りが 消えて行くよ もうすぐ始発が 走り出す さよならだね

悲しみは雪のように

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜には 心の底から 誰かを愛することが出来るはず 孤独で

MIDNIGHT FLIGHT -ひとりぼっちのクリスマス・イブ

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:あの娘乗せた翼 夜空へ消えてく 空港の駐車場 もう人影もない “行くな”と

Midnight Blue Train

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:カーテンコール ステージライト ざわめき…… 今でも 火照る躰

ミッドナイト・ブルートレイン

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:カーテンコール ステージライト ざわめき… 今でも 火照る躰

光と影の季節

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:やけつく砂漠で見上げた太陽 綺麗な街 見とれて迷い込んだ路地 果てなく続いてるフリーウェイの彼方 荒れ狂う海を越えて目指した港

A NEW STYLE WAR

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:地下から地下へ運ばれた爆発物) 国家に養われたテロリスト 成層圏に軍事衛星 It's A

MIRROR

浜田省吾

作詞: Shogo Hamada

作曲: Shogo Hamada

歌詞:鏡の中 うずくまってる 君はダンサー オレのために 踊ってよ

終りなき疾走

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:15の時 通りの ウィンドウに飾ってあった ギターを見た時 稲妻が俺の体

君の微笑

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:雨の日の昼下り 僕等は めぐり逢い 二度目のデートの夜 恋に落ちたよ

この新しい朝に

浜田省吾

作詞: 浜田省吾

作曲: 浜田省吾

歌詞:目深にフードを かぶって走ってる 誰もいない通りを 風は冷たく でも春の気配を微かに感じながら

浜田 省吾(はまだ しょうご、1952年12月29日 - )は、日本のシンガーソングライター。 広島県竹原市生まれ。広島県立呉三津田高校(野球部・出版部所属)卒業、神奈川大学法学部中退。1975年、愛奴のメンバー(ドラムス・パーカッション)としてプロデビューし、1976年にシングル「路地裏の少年」とアルバム『生まれたところを遠く離れて』でソロデビュー。 マスコミや一部のファン等から「浜省」(ハマショー)という愛称が使われることがあるが、これに関して本人は「快く思っていない」と発言していた。しかし近年のコンサートでは自ら「浜省」と言うことがあり、「そのように呼ばれることに特に抵抗は無い」と語っていたこともある。 デビュー時からサングラスがトレードマーク。メディア露出が極端に少ないものの、地道なライブ活動によって確実にファンを獲得。デビュー後の数年間は、事務所からの方針により自らが目指す方向性を屈折させられ逡巡していた。そのため、初期の頃は自分の生き方そのものへの懐疑を投げかけた楽曲が多く存在する。一般的に認知されているバラード楽曲の他にも父親の被爆体験から、日本や戦争を歌った楽曲も数多く存在し、プロテスト色の強いアーティストである。また、「ロック=英語」という既成概念に疑問をもち、日本語による歌詞や歌唱にこだわった。このことは以降のミュージシャンにも大きな影響を与えた。 山口百恵、和田アキ子、能瀬慶子、甲斐よしひろ、松田優作、時任三郎、吉田栄作、榊原郁恵、真田広之、烏丸せつこら、ホリプロ所属時代に多くの楽曲を提供している。 wikipedia