1. 歌詞検索UtaTen
  2. 菅麻貴子の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

菅麻貴子の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

83 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

オランダ坂に雨が降る

松尾雄史

作詞: 菅麻貴子

作曲: 水森英夫

歌詞:グラス持つ手も 甘い言葉も すべてが すべてが 好きでした

君のふるさと

松尾雄史

作詞: 菅麻貴子

作曲: 水森英夫

歌詞:君を育てた ふるさとは かすむ島並み 輝る海 船をかすめて

すず虫

松尾雄史

作詞: 菅麻貴子

作曲: 水森英夫

歌詞:あふれる涙は 拭えても 今でも払えぬ おもかげひとつ 倖せやれない

ほろろん演歌

村木弾

作詞: 菅麻貴子

作曲: 徳久広司

歌詞:遠いあの日の この歌が 俺の涙を 誘うのさ 店に流れる

茜雲

三山ひろし

作詞: 菅麻貴子

作曲: 原譲二

歌詞:ながれ雲 あかね雲 何処へゆく 故郷がおまえも 恋しいか

倖せ通りゃんせ

服部浩子

歌詞:雨降る こんな日は 相合傘で 風吹く 夕暮れは

酔いあかり

キム・ヨンジャ

作詞: 菅麻貴子

作曲: 水森英夫

歌詞:泣いたり笑ったり 忙しいひとですね ほんとうによかったわ 結婚するんでしょ 波止場で霧笛が

さくら さくら

服部浩子

歌詞:女ですもの こぼれた花を 両手に包んで また散らす 惚れた数から

月草の宿

黒川真一朗

作詞: 菅麻貴子

作曲: 水森英夫

歌詞:雨のしずくが 窓辺をつたう 君の涙か 伊豆しぐれ あぁ

東京恋始発

氷川きよし

歌詞:ドアが背中で 閉まったら ふたりの恋の 始まりなのさ 始発電車の

炎の川

服部浩子

作詞: 菅麻貴子

作曲: 岡千秋

歌詞:隠れ里… 緋色が揺れます 京友禅の 川面に運命が 浮き沈み

流れ舟

松尾雄史

作詞: 菅麻貴子

作曲: 水森英夫

歌詞:川の水面に 浮き沈み 誰が流した 木の葉舟 いのちをひとつに

俄か雨

若山かずさ

作詞: 菅麻貴子

作曲: 田尾将実

歌詞:雨に打たれて 誰かのもとへ 消えたあなたを 憎めない ばかよね

氷雨海峡

風吹あい

作詞: 菅麻貴子

作曲: 影山時則

歌詞:海鳥群れて 低く飛ぶ 窓の真下は 冬の海

春嵐

氷川きよし

歌詞:男は明日へ 舵を取る 恋は二の次 春まだ遠く 男が命を

哀しみのエアポート

水田竜子

作詞: 菅麻貴子

作曲: 徳久広司

歌詞:あなたの出ない 留守電に 「サヨナラ」ひと言 告げたなら 人影まばらな

影ぼうし

氷川きよし

歌詞:心に刻んだ 夢がある 返しきれない 恩もある ふたつ両手に

東京 夢の街

氷川きよし

歌詞:君の涙を 小指で拭けば 街のネオンが のぞき込む 傘に隠れて

誰かあいつを知らないか

黒川真一朗

作詞: 菅麻貴子

作曲: 水森英夫

歌詞:街から駅へ 運河を渡り あの日ふたりは ゴンドラまかせ ため息橋で

母恋しぐれ

二見颯一

作詞: 菅麻貴子

作曲: 水森英夫

歌詞:ひとり夜更けの 燗冷まし 手酌で乾したら 鳴く汽笛 遠い故郷

あぁ地平線~君の待つ街へ~

椋忠治郎

作詞: 菅麻貴子

作曲: 徳久広司

歌詞:折って来たけど 男の夢を 辿り着くには あまりに遠い…北原野 旅の仕度に

ふるさと慕情

上杉香緒里

歌詞:燃えて身を灼く 恋じゃない 焦がれて待つよな 愛じゃない 幼馴染みが

おもかげ峠

氷川きよし

作詞: 菅麻貴子

作曲: 杜秦太朗

歌詞:あかね雲 あかね雲 背中に背負って 君が手を振る ふるさと峠

千島海道

山内惠介

作詞: 菅麻貴子

作曲: 水森英夫

歌詞:海が哭く… 雲が飛ぶ 我の行く手を 怒涛が阻む 千島沖から

カムイワッカ~湯の滝~

水森かおり

歌詞:あなたと過ごした 三年よりも 別離れて三ヶ月が ながすぎて ウトロの町から

夫婦桜

金田たつえ

作詞: 菅麻貴子

作曲: 稲沢祐介

歌詞:お湯で焼酎 割りました 今夜は呑みましょ ねぇ あなた

玄海月夜

氷川きよし

作詞: 菅麻貴子

作曲: 宮下健治

歌詞:胸に大きな 希望を抱いて 人は一度は 故郷捨てる 空を見上げりゃ

夜空の子守歌

山川豊

作詞: 菅麻貴子

作曲: 杜奏太朗

歌詞:夢だ恋だと 朝まで飲んで ふらりよろけた 人生小路 明日にはぐれて

あんたの酒

服部浩子

作詞: 菅麻貴子

作曲: 影山時則

歌詞:土砂降り雨に 頭から 濡れてふたりで 駆け込んで 肩を並べて

春の蝉

若山かずさ

作詞: 菅麻貴子

作曲: 水森英夫

歌詞:逢えない歳月の 永さに耐えて 痩せてゆくのね 三日月は 別れ決めたら