小椋佳の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小椋佳
  3. 小椋佳の歌詞一覧

小椋佳の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年8月15日

133 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

愛燦燦

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:雨 潸々と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして

歓送の歌(銀河英雄伝説(第3期) ED)

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 星勝

歌詞:出逢いのその日から 街のよどみ消えて 星達に輝き還り 僕に力が 君のお陰さ

盆がえり

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:君が着た花がすり 君が舞う花まつり ひとときを故郷の ふところに遊ぶ 明日には村はなれ

しおさいの詩

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:汐さいの浜の 岩かげに立って 汐さいの砂に 涙を捨てて 思いきり呼んでみたい

顧みれば

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:顧みれば 教科書のない 一度限りの 人生を まあよく生きて

僕たちの航跡

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:地図もなく 羅針盤も持たず 僕たちは 航海に出た

六月の雨

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:六月の雨には 六月の花咲く 花の姿は変わるけれど 変らぬ心を誓いながら いくつ春を数えても

旅立ちの序曲(銀河英雄伝説(第2期) ED)

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:君よ 語ってみないか 生まれたばかりの星達と おずおずとした煌きの中に 君は熱い想いを感じる筈だ

優しさばかり

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:気づかわないで 別れには むしろ 我儘がいい あなたらしく

道草

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:まっすぐに張った糸が あの日僕は好きだった 岩に似て 強いものが あの日僕にあるように

春の雨はやさしいはずなのに

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:むなしさが 夕暮れと雨を連れてきて 寂しさが 夕空と街を闇にぬり 何だか涙も出やしない

あなたに逢えて

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:暗がりを 手探りで 漸く進む 私でした 空しさに

志熱くして

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:仰ぐ妙高 山は深緑 心を澄ます 八代の流れよ わたしは

幾度か旅行く

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:幾度か旅行く 東北は北東 客船の船客 流氷で漂流 西南は南西

藍色の時

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:胸おどる特別な 出来ごとが 起こらなくても 微笑みが ふと浮かぶ

めまい

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:時は私に めまいだけを残してゆく だから ワイングラスの 角氷

さらば青春

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:僕は 呼びかけはしない 遠くすぎ去るものに 僕は呼びかけはしない かたわらを行くものさえ

大いなる旅路

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 渡辺岳夫

歌詞:旅は長く遠く 肩の荷重く 時に堪えかねて 涙をふけば 胸の奥に熱く

子供らの明日

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:言うことが多すぎて何も言えないとき 自分でうそをついて少しも気づかないとき 子供らの明日は 未来で 私達の明日が

熱い瞬間

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 星勝

歌詞:ひんやりとした水で 顔を洗えば ひきずったとまどいが 落ちて行く 朝の光を斜めに受けて

宇宙の掛け橋

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:君の哀しみは 君だけのものか 君の背負う孤独は 君の命かぎりか

あいうえお 81字の詩

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの

君、しなやかであれ

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 伊東恵里

歌詞:夢 追いかけている 君が 好きだから 夢

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 加藤武雄

歌詞:遥か船旅を 行く人よ 覚悟 決めて おこう

オナカの大きな王子さま

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:オナカの大きな王子さま 白いお洋服がやぶれそうだよーォ 金のボタンもとれそうだよー 魔法使いが持ってきた

野ざらしの駐車場

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 星勝

歌詞:腰をおろしたきりかぶ 小首かしげた野うさぎ 久しぶりです あぁ ふるさと

逝くとき、祝うとき

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 喜納正明

歌詞:空しさに 命捨て去りたいと 死にたいと 思う時さえ

あいうえお 75字の詩

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの

小さな街のプラタナス

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:小さな街の 小さな恋 小さな公園 大きな木 大きな大きな

風は過ぎ人も過ぎ

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:風も過ぎ星も過ぎ 時は過ぎ人も過ぎ かわいた心持ち 悔いもなくさすらう

くぐりぬけた花水木

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:その花の道を来る人の 明るい顔の不思議さに くぐりぬけてみる花水木 どことあてもない旅先で

俺たちの旅

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:夢の坂道は 木の葉模様の石畳 まばゆく長い白い壁 足跡も影も残さないで たどりつけない山の中へ

白い一日

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 井上陽水

歌詞:真っ白な陶磁器を 眺めては あきもせず かといって ふれもせず

雨が降り時が流れて

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:高原をゆく 子馬たちよ まどやかに そして強くかけて行くんだ 目かくしされた

お前が行く朝

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:お前が行く朝 何を語ろう 出発の日だというのに 雨の季節だ 雨に霞んで

船旅

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:船旅に 擬えるなら 兎に角に 私の船は 甘やかな

と・も・た・ち

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:生きてきて 心に尋ね これが宝と 言えるもの 富でなく

ただお前がいい

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:ただ お前がいい わずらわしさに 投げた小石の 放物線の軌跡の上で

あなたが美しいのは

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳 ..

歌詞:きっと初めての空を 飛ぶ鳥の心うつして 誰の胸にも ひたすら待ち望む時があるはず いつか心を隠す

開花

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:惜し気無く 故郷の大地 恵みを 施し 絶え間無く

光の橋を越えて(銀河英雄伝説(第3期) ED)

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:素晴らしく熱い涙を 人は心に 溜めている 君が行く 道をさえぎる

まさか逆様の詩

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:陸路で六里 家内は田舎 神住む住処 住まい訪います 貴き生き方

うす紅色の

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:うす紅色の 恋をして 一度位は 泣いてみたい 朝もやの

暇つぶし以上に

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:借りてきたばかりの上に 自分のしあわせのせてる あなたが僕には悲しい ポリエチレンの袋の中に

想い出して下さい

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:想い出して下さい あの頃を あきらめることを 知らないで 野原に蝶々

長居する矛盾

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 坂田梁山

歌詞:生まれ来て 若い日より 空しさの 底なし沼の淵で 挑み

この空の青さは

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:帰るときめた夜が明ける 一人よがりの 冬が終わる ああ それにしても

残された憧憬

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:古いノートに なぐり書きした言葉は 時の毛布に 眠りつづけた らくがき

傾いた道しるべ

小椋佳

作詞: 小椋佳

作曲: 小椋佳

歌詞:幸せの中で つきあたりを見ることはありませんか 訪ねくるゆらめきは 秋の旅人 光をぬけて

古城の月

小椋佳

作詞: 阿久悠

作曲: 小椋佳

歌詞:ひとり 古城にたたずめば 時の流れの音がする むかし詩を読む人がいて 哀れといった月の影

小椋 佳(おぐら けい、本名:神田 紘爾(かんだ こうじ)、1944年1月18日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家である。 wikipedia