1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岡田冨美子の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

岡田冨美子の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

170 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

時間よ止まれ

すぎもとまさと&KANA

歌詞:神様が二人を逢わせたの 運命に弄ばれて… ボロボロの別れが来ないように このままで時間よ止まれ

しあわせの予感(家なき子レミ ED)

Youca

歌詞:もっと自分を愛してごらんなさい あきらめかけた夢がまた見えてくる きっとみんなそんなに強くない 青空が世界中の涙吸い上げて……

今日もピカピカ

子門真人,サカモト児童合唱団

歌詞:たとえば天気が 日本晴れでも いいことありそうで ないのが普通

永遠のイクサー1

柿沢美貴

歌詞:夜明けの街をひとりで歩き続けた 泪が朝日を浴び輝くまで 自由を求め続ける私の天使 どうぞ翔んで翼広げ未来へと

藤あや子

歌詞:恋人がまた一人 鳥になって行く 青空が淋しいね 一晩ひとむかし 吐息濡らして

流氷の宿

大月みやこ

作詞: 岡田冨美子

作曲: 弦哲也

歌詞:赤い赤い赤い糸で 心つなげば 海鳴りがとどろく北の空 今日まで生きた淋しさが 根雪散らして燃え上がる

NEVER RUN AWAY

楠木勇有行

歌詞:傷ついた魂を朝日が切り刻む 哀しみの瞬間君は未来を棄てるのか ほほを伝う涙は虹色の夢 抱きしめた両手に愛が突きささる

戦え!!イクサー1

柿沢美貴

歌詞:あなたが背中向けると 時のしぶきが飛び散る 言葉ではもう何も 伝えることはできないのね

港町哀歌

市川由紀乃

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:夢と知りつつ燃えました 紅差し指をやさしく噛めば 遠い汽笛が夕日を落とす 忘れ旅です 北の港町

珊瑚抄

市川由紀乃

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:はかない夢につまずいて 傷ついても泣きません 初恋の人みたいです 今夜逢うのが恥ずかしい

パズルを解かないで

川上大輔

歌詞:パズルを解かないで 解けたら恋は終わると 初めての夜あなたが言った 不思議な不思議な言葉

真夜中のシャワー

桂銀淑

作詞: 岡田冨美子

作曲: 浜圭介

歌詞:真夜中に熱いシャワーを浴びて 夏がくれたワンナイトラブ しずくにしてみたけど… それはむなしい努力みたい 鏡の中で逢いたい心がときめく

涙のしずく

キム・ヨンジャ

作詞: 岡田冨美子

作曲: 浜圭介

歌詞:まるでこわれた人形みたい 瞳に時間が映らない 崩れた未来の散らかる部屋で 思い出だけが踊ってる

ブルースを唄う女

しばたはつみ

歌詞:ブルースを唄わせて 私の唇が 別れた男を恋しがってる ブルースで酔いたいの 泣くのはこりごりなのよ

怪獣のバラード(日常 ED)

相生祐子(本多真梨子)&長野原みお(相沢舞)&水上麻衣(富樫美鈴)

歌詞:真赤な太陽 沈む砂漠に 大きな怪獣が のんびり暮らしてた ある朝

洪水の前

郷ひろみ

歌詞:悩ましすぎる きらめきすぎる 罪だよ やさしく僕に 罪ほろぼしをしてほしい

銀河心中

藤あや子

作詞: 岡田冨美子

作曲: 弦哲也

歌詞:うしろから あなたの背中に 炎と書いて愛と読んだら 涙が 涙が

Je t'aime ~もっともっと

市川由紀乃

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:あなたに逢う日は 一日ひとむかし こわいくらいよ 夢が速すぎて 名前を呼ばれたら

夏色グラフィティー

純烈

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:青春という名のステージで 僕らは夢追い人だったよね 木洩れ日浴びながら 誓いあった あの夏

星空のツイスト

北川大介

作詞: 岡田冨美子

作曲: 叶弦大

歌詞:忘れられない彼女に似てる ゆれるまなざしいかしてる 恋に堕ちたらハート年令 20才だぜ 薔薇のくちびる

また逢う日のために

純烈

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:別れの言葉を 聞いてから 砂漠を旅して いるみたい からだが乾くと

砂の舟のブルース

純烈

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:ネオンが波打つ女の運河 男に揺られて沈む砂の舟 ガラスの指輪にしあわせの 破片がキラキラ光ってた 未練かくして強がれば

雨物語(2020バージョン)

山川豊

歌詞:別れ話をしていると もっと愛してしまうから 肩を抱きよせ歩きだす 二人だけの舗道 雨がけむる街角では

シャボン玉

藤井香愛

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:泣けば淋しい 強がればつらい 別れても離れても鎖が解けない きれいな嘘がキラキラと 知らん顔して街を流れる

曼珠沙華が咲いた

大石まどか

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:曼珠沙華が咲いた別れのバルコニー まっ赤な悲しみがゆらゆら燃える 最後の女だと口説かれたあの夜 明日が欲しくてしがみついたの…… 行かないで

人間だもの

純烈

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:きれいな瞳している君が 涙ぐんだら美人じゃなくなる 何がつらいの 何がこわいの ひとりぼっちで生きてるような

愛は死なない

純烈

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:思い出すべて棄ててきたのに 窓を開けると見えてくる 五月雨の街角で 相合い傘をさした あなたと私のシルエット

TAXI

五十川ゆき

歌詞:TAXIに手を上げて Georgeの店までと 土曜の夜だから あなたがいそうで

置き手紙

五十川ゆき

歌詞:バス停へ急ぎながら 何度もふり返る 坂の上 白い窓 輝く朝日

好きだよ

純烈

作詞: 岡田冨美子

作曲: 幸耕平

歌詞:星空へ昇ろうか ずっとそばにいたいよ 寂しいと言いながら 生きてきたあなたが好きだよ