1. 歌詞検索UtaTen
  2. さいとう大三の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

さいとう大三の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

94 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

白秋

田川寿美

歌詞:誰かが会わせて くれました 雨が冷たい 秋でした 寒い心を

ふたりの花

田川寿美

歌詞:あなたの背中に 花が散る 桜の花は 私です 甘い香りの

鈴虫

田川寿美

歌詞:月がきれいな 夜でした 少しお酒も 呑みました あの日をそっと思い出す

てんとう虫のサンバ

チェリッシュ

歌詞:あなたと私が 夢の国 森の小さな 教会で 結婚式を

大阪とんぼ

氷川きよし

歌詞:街の灯りが 赤青黄色 今日も俺らを 呼んでいる しゃあないなぁ

紙の鶴

丘みどり

歌詞:会えない人に 思いを込めて 一折り 二折り 紙の鶴

酔い惚れて

若山かずさ

歌詞:静かにお酒を 飲む人は 女のこころを 暖める 涙で暮らした

田川寿美

歌詞:誰が会わせた 引き寄せた そして渡った あぁ…恋の橋 戻れなかった

傷だらけのローラ

西城秀樹

歌詞:ローラ (ローラ) 君は 何故に ローラ

愛の翼

氷川きよし

歌詞:君だけは 君だけは 命をかけても 守りたい 愛する力は

五島恋椿

丘みどり

歌詞:汽笛を連れて 船が行く 一羽海鳥 ついてゆく きっと帰って

北寒港

森昌子

歌詞:泣いてみようか 笑おうか それとも 死んでしまいましょうか どうせ

ときどき悪女

朝比奈あきこ

歌詞:ラストダンスは私と 踊ればいいじゃない そして 最後の夜が 静かに終わるわ

心化粧

田川寿美

歌詞:ひとりで生きては 行けないくせに ひとりで生きてる 私はばかね 髪を

ひとり鳥

鳥羽一郎

歌詞:涙も見せずに 送ってくれた お前の心が いじらしい 夜の港に

思い出みれん

瀬川瑛子

歌詞:ばかと言われる 幸せもある もっと 尽くして みたかった

おふくろ

千昌夫

歌詞:子供の頃には こわかった その目も今は 笑ってる 数え切れない

私を選んで

山口百恵

歌詞:あなたをほかの子に とられたくないの 毎日この胸は ゆれるこわいほど

燕三条 雨が降る

水森かおり

歌詞:思い出少し 鞄に入れて 東京棄てて 私は行くわ 悲しいくらいに

白い宿

瀬川瑛子

歌詞:一夜に二夜に 降り積もる 雪で小枝が また折れる これが最後の

雨の連絡船

田川寿美

歌詞:二日遅れて 船に乗る 思い切れない この心 たった一夜の

紬の女

竜鉄也

歌詞:草木の紬に身をつつみ 踊った姿が忘られぬ 一夜限りの恋ならば 花火のように咲きたいと あの夜泣いてた

後ろ雨

田川寿美

歌詞:あなたがくれた 幸せが 心の中に 沁みてます わたし

ふたりの冬

松本ちえこ

歌詞:雪がひと晩で草原に 真白なジュウタンしきました 小さな家は白い帽子を 木や草は白いコートをもらいました

ペパーミント・キャンディー

チェリッシュ

歌詞:花もいっぱい 買いました 愛の言葉も 暗記した そしてルルル……

別れの宴

朝比奈あきこ

歌詞:港が見える いつものお店 ささやかに さりげなく 別れの宴

酔わせてオルホ

氷川きよし

歌詞:好きさ 好きさ 好きさ 今夜 すべてがほしい

星の川

大杉久美子

歌詞:みどりの森のずっと奥 星のながれる川がある 月の光にてらされて いつもキラキラひかってる

てんとう虫のサンバ

桜田淳子

歌詞:あなたと私が夢の国 森の小さな教会で 結婚式をあげました 照れてるあなたに虫達が くちづけせよとはやしたて

遠い花

出光仁美

歌詞:肩にまわした その手から 幸せ逃げる ときがある いつでもひとり