1. 歌詞検索UtaTen
  2. さいとう大三の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

さいとう大三の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

104 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

てんとう虫のサンバ

チェリッシュ

歌詞:あなたと私が 夢の国 森の小さな 教会で 結婚式を

悲しいめぐり逢い

田川寿美

歌詞:雨の冷たい夜に あなたに逢った あれから何年 経ったのかしら 歌って踊って飲んだ

どんこ坂

三山ひろし

歌詞:あなたの涙は 見たくない 苦労も幸せも 二人で分ければ 歩いて行ける

裏町酒場

美空ひばり

歌詞:雨にぬれてる 赤い灯が 俺にゃ似合いの 裏町酒場 泣いているのか

ペパーミント・キャンディー

チェリッシュ

歌詞:花もいっぱい 買いました 愛の言葉も 暗記した そしてルルル……

オータムレイン

朝比奈あきこ

歌詞:枯れ葉の雨 別れの駅 あなたはひとり どこへ行く 短い恋

星の川

大杉久美子

歌詞:みどりの森のずっと奥 星のながれる川がある 月の光にてらされて いつもキラキラひかってる

東京ワルツ

田川寿美

歌詞:ひとりになって ひとりで泣いて 大事な人がわかったの あなた今夜は どこにいる

裏町酒場

竜鉄也

歌詞:雨にぬれてる 赤い灯が 俺にゃ似合いの 裏町酒場 泣いているのか

五島恋椿

丘みどり

歌詞:汽笛を連れて 船が行く 一羽海鳥 ついてゆく きっと帰って

犀川の女

朝比奈あきこ

歌詞:ここで別れた 人でした この橋渡って 行きました 後ろ姿が

裏町酒場

大川栄策

歌詞:雨にぬれてる 赤い灯が 俺にゃ似合いの 裏町酒場 泣いているのか

加賀慕情

朝比奈あきこ

歌詞:暗がり坂で 逢いました 遠い昔の 恋でした 今も変わらず

夜風

鳥羽一郎

歌詞:男はちまちま 生きたら駄目と 見知らぬ町へと 渡り鳥 明日はどこ行く

酔い惚れて

若山かずさ

歌詞:静かにお酒を 飲む人は 女のこころを 暖める 涙で暮らした

霧雨

南一誠

歌詞:冷えた心を 港のバーで 酒と静かに 温める やけに今夜は

下田の椿

田川寿美

歌詞:いっそこのまま 死にたいと そっと思った 夜でした 雨がしとしと

傷だらけのローラ

西城秀樹

歌詞:ローラ (ローラ) 君は 何故に ローラ

てんとう虫のサンバ

桜田淳子

歌詞:あなたと私が夢の国 森の小さな教会で 結婚式をあげました 照れてるあなたに虫達が くちづけせよとはやしたて

パリの夕暮れ

朝比奈あきこ

歌詞:あなたが残して いくものは コーヒーカップと ワインのグラス そして思い出

能登は冬色

丘みどり

歌詞:雪が 雪が 海に飛ぶ 波に 波に

常磐線から

水森かおり

歌詞:優しい人でした 淋しい人でした 忘れない 忘れない あなたが好きでした

おまえは泣くな

坂井一郎

歌詞:ひとりで泣くな 誰にも聞くな 俺の事など探すな 遠い 遠い

燕三条 雨が降る

水森かおり

歌詞:思い出少し 鞄に入れて 東京棄てて 私は行くわ 悲しいくらいに

思い出みれん

瀬川瑛子

歌詞:ばかと言われる 幸せもある もっと 尽くして みたかった

みそか酒

多岐川舞子

歌詞:雪になりそな 裏町に ひとつ灯りが またひとつ ひとつ良いこと

時雨の宿

美空ひばり

歌詞:雨をみつめて飲む酒は 虫の声まで沁みてくる 呼んでいるのかあのひとを 未練涙がまた残る ああ時雨の

菜の花慕情

田川寿美

歌詞:菜の花咲いて またひとり あなたのいない 春がきた どうにもならない

てぃんさぐの花

三沢あけみ

歌詞:赤く咲く花は 天に咲く あなたは私の 涙が 見えますか

山の駅

竜鉄也

歌詞:緑変わらぬ この町に 君の姿は あるだろか 桜