1. 歌詞検索UtaTen
  2. 仁井谷俊也の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

仁井谷俊也の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

486 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

安芸の宮島

水森かおり

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 弦哲也

歌詞:ひとりで旅する おんなの背中 泣いているよに 見えますか あなたをどんなに

東京無情

三門忠司

歌詞:ひとりに戻る だけなのと 淋しく微笑って 眸を伏せた 倖せひとつも

夫婦一生

北島三郎

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 原譲二

歌詞:初めて出逢って 結ばれて 気がつきゃ苦労の 九十九坂 時には妻に

星空の秋子

氷川きよし

歌詞:怒濤が逆巻く 玄界灘の 潮の香りが 懐かしい 一夜ひとよに

周防灘

音羽しのぶ

歌詞:群れ翔ぶカモメを 引きつれながら 船は行く行く 瀬戸の海 さようなら…さようなら…

花つむぎ

伍代夏子

歌詞:雪の中から ひと彩紅く 花を咲かせた 寒椿 花つむぎ…

女の波止場

山口ひろみ

歌詞:男と出会って 愛するたびに 最後の人と 女は想う なのに今度も

花一輪

田川寿美

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 幸耕平

歌詞:こころが冷たい なみだが苦い 別れてしみじみ 知らされた 髪にこの手に

男どうし

北島三郎,鳥羽一郎

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 原譲二

歌詞:交わす目と目に 言葉はいらぬ 互いにわかるさ 腹のうち くやし涙も

京都の雨

大石まどか

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 岡千秋

歌詞:あなたの胸に 飛びこめば ふたりは今も 続いていたわ 傷つくことを

男ごころ

鏡五郎

歌詞:おまえの笑顔を 見ているだけで こんなに安らぐ 男のこころ 逢えてよかった

火の螢

丘みどり

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 弦哲也

歌詞:夜空を仰げば 天の川 牽牛・織女の星が 逢うと云う あなたと私の

雪舞いの宿

藤原浩

歌詞:船に乗らなきゃ 来れない宿に あなたを誘った 私です 三ヶ月に一度の

雪よされ

金沢明子

歌詞:冬の下北 まんじゅう笠に 吹雪が舞い飛ぶ 頬を打つ よされよされは

雲母坂~きららざか~

川野夏美

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 弦哲也

歌詞:ふたりが出逢って 愛した街を ひとりで歩けば せつなくて 人影まばらな

雨の裏町

北山たけし

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 弦哲也

歌詞:惚れたおまえの 涙のような 路地の屋台の こぬか雨 ふたり暮らして

面影の都

氷川きよし

歌詞:水の都の 黄昏どきは あの人 この人 空似の人が行く

恋待酒

多岐川舞子

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 岡千秋

歌詞:逢えない夜の なぐさめに 覚えた酒は なみだ割り あなた…あなたが

アカシア物語

加門亮

歌詞:北の街札幌に 遅い春が来て 花が咲くたび あいつを想う あの日別れた

御意見無用の人生だ

椎名佐千子

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 鈴木淳

歌詞:姿・形は 小粒でも 胸にゃでっかい 大志がある 世間の顔色

君の酒

山内惠介

歌詞:都忘れの 一輪ざしが 思いださせる あの笑顔 夜風身に沁む

なみだ月

鏡五郎

歌詞:こころの寒さに 熱燗注げば おとこ未練が 目を覚ます あんないい娘を

木曽恋い三度笠

香田晋

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 叶弦大

歌詞:西に御嶽山 東の空にゃ 雪の残った 駒ケ岳 捨てた故郷が

昭和生まれの渡り鳥

市川由紀乃

歌詞:四角四面の 世間とやらを 丸い笑顔で 生きられたなら 楽しじゃないか

博多川

三門忠司

歌詞:中洲のねおんに 咲く花は 朝を待たずに 散る宿命 うすい倖せ

おまえとふたりづれ

千葉一夫

歌詞:こんなに広い この世の中で めぐり逢ったも なにかのなにかの縁さ 苦労の道は

おんな雨

水森かおり

歌詞:傘はいいのよ 濡れたって 歩いていたい 何処までも 霧雨…

矢車草

伍代夏子

歌詞:あなたに出逢って あなたを愛し 人恋う涙を 知りました 矢ぐるまの…

ちょいときまぐれ渡り鳥

氷川きよし

歌詞:花のお江戸の 風来坊が ひとり駿河路 富士の山 三保の松原

日本全国お疲れさん音頭

金沢明子

歌詞:ハアー祭り太鼓が ドドンと響きゃ 空でトンビが 笛を吹く 踊る若衆も