人気の特集総合ランキング

特集総合ランキング(12/6付)
1位
「Pretender」で描かれる男性目線の恋心
映画「コンフィデンスマンJP」の主題歌にもなり、美しくポップなピアノの旋律が印象的なOfficial髭男dismの「Pretender」。この曲の歌詞には、好きな女性に対する男性の思いが情緒的に描かれているのだ。
Column 蓮実 あこ
2位
声優・長谷川玲奈が、ペンギンの男の子になって仲間と大冒険!
新人声優・長谷川玲奈が、韓国で大人気の3DCG アニメ『ポロロ 雪の妖精村大冒険』日本語吹き替え版で主人公ポロロを熱演。楽しい収録の裏側や入り交じる不安と期待、そして声優としての決意を語ってくれました。
Interview 宮本ゆみ子
3位
『命に嫌われている』の歌詞の意味を知ったら、世界観が変わった。
カンザキイオリが作成したボカロ曲『命に嫌われている』。若い世代から爆発的人気、共感、支持を得たボカロの名曲であるこの楽曲にはどの様な意味が含まれているのでしょうか?深く魅力的な歌詞について紹介します。
Editor yone
4位
Chuning Candyがキャラ全開!5thSingleに込めた想いを語る!
2019年11月27日に5th Single『STAND UP!!/アイのうた』をリリースしたChuning Candy。 今回UtaTenは初めてChuning Candy(通称:チュニキャン)メンバーの素顔に迫ります!
Interview 愛香
5位
「115万キロ」って何?ヒゲダン至極のラブソングに迫る!
人気急上昇中のアーティスト「Official髭男dism」。アップテンポで爽やかな楽曲が印象的な髭男ですが、今回はその中でも異彩を放つラブソング『115万キロのフィルム』についてご紹介します!
Editor ゆとりーな
6位
本当に本当に聞いて欲しい嵐の隠れ名曲
2020年12月31日をもって、グループとしての活動休止を発表した嵐。数々の名曲を生み出してきた嵐ですが、その中にはまだまだ広くは知られていない名曲が隠れています。今回は、今だからこそ絶対に聴いてほしい【嵐の隠れ名曲】をご紹介します。
Editor mayuka
7位
児玉かほ・桃花あや、BIGO LIVEを通し応援してくださる人たちと一緒に歩みたい。
BIGO LIVEが開催した「第2回目UtaTenイベント」で第2位を手にした児玉さん。第3位は【Orion】のメンバーとしても活躍中の桃花あやさんでした。彼女達のBIGO LIVEな生活を追いかけました。
Interview&Photo 長澤智典
8位
第3期「BiS」が本格始動!200km対抗駅伝でリベンジしたい!
2019年6月11日に始動した第3期「BiS」が11月20日、メジャー1stシングル『DEAD or A LiME』をリリース!今回はメンバーを代表して、「ティ部」こと、イトー・ムセンシティ部と、「モンちゃん」こと、チャントモンキーの2人に直撃インタビュー!
Interview ポッター平井
9位
ONE OK ROCKもカバーする「A Thousand Miles」、途方もない距離は悲しみの証
聴けば「ああこれ!」となる日本人におなじみの洋楽ヴァネッサ・カールトンの「A Thousand Miles」。実は、壮大な物語が隠されているのをご存知ですか?
Column 佐藤マタリ
10位
改めて聴くとやばい!JUJUの『やさしさで溢れるように』が最高
日本を代表するアーティストの一人でもあるJUJU。NYで音楽活動の経験を活かして、日本でも大活躍されている彼女。そんなJUJUの9枚目のシングル『やさしさで溢れるように』には、聞けば温かい気持ちになれます。歌詞の意味に触れつつ、その理由をご紹介します。
Column