1. 歌詞検索UtaTen
  2. 牧村三枝子
  3. 牧村三枝子の歌詞一覧

牧村三枝子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年3月29日

36 曲中 1-36 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

みちづれ

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:遠藤実

歌詞:水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに

あなたの妻と呼ばれたい

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:遠藤実

歌詞:お酒のしずくで つづけて書いた おなたの苗字と わたしの名前 愛しても

少女は大人になりました

牧村三枝子

作詞:千家和也

作曲:竹村次郎

歌詞:ひとりぼっちが淋しくて 道を聞かれた見知らぬ人と 駅を目指して歩きつつ 小さな店で雨やどり 二人はコーラを飲みました

北越雪譜~雪のロマンを歌うまえに~

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:遠藤実

歌詞:国境の 長いトンネル ぬければ そこはもう 雪国

いち抜けた

牧村三枝子

作詞:阿久悠

作曲:穂口雄右

歌詞:やってられない やってられない やってられない ここで私は いち抜けた

駅前カフェ

牧村三枝子

作詞:浅木しゅん

作曲:杉本真人

歌詞:貯金通帳 差し出して お役に立ててと 微笑むお前 困った時には

赤提灯の女

牧村三枝子

作詞:矢吹光

作曲:真木陽

歌詞:さいはての 赤提灯に 身を寄せる 明けくれの わびしい暮らしに

友禅流し

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:乙田修三

歌詞:雪はまだ 河原に白く 指を切る 水のつめたさ 加賀の金沢

歌一輪

牧村三枝子

作詞:本橋夏蘭

作曲:聖川湧

歌詞:北の大地で産声あげた 幼き娘は 夢抱く 幾星霜の 時は過ぎ

恋人形

牧村三枝子

作詞:山田孝雄

作曲:柳田光義

歌詞:昨日まゆみが 町を出た 今日は私が 町を出る 声にならない

夾竹桃

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:遠藤実

歌詞:風邪にたおれた おまえの寝顔 夢で泣いたか ひとすじ涙 外で男は

冬仕度

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:遠藤実

歌詞:ああ肩を抱く 腕のちからで 冷えてゆく 心がわかる 近づく別れの足音に

恋女房

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:遠藤実

歌詞:「今度生まれかわったら あんたの女房になるわ 恋女房にね」 やせたからだを すり寄せて

向島・夕立ち荘

牧村三枝子

作詞:峰崎林二郎

作曲:花岡優平

歌詞:遠い稲妻 降る雨に 胸の赤い血 騒ぎます 今ごろあなたは

樹氷の宿

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:相原旭

歌詞:明日の別れを 知りながら 命のかぎり 燃える女 ほのかに香る

こぼれ陽

牧村三枝子

作詞:坂口照幸

作曲:遠藤実

歌詞:あなただけです 私の夢は ついて来いよと 云われた日から 冬のこぼれ陽

月洩るる窓の下で

牧村三枝子

作詞:荒木とよひさ

作曲:浜圭介

歌詞:月洩るる窓の下であなたを待てば 愛しても 愛しても心は遠く TAXI の止まる音が裏切るたびに

男ごころ

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:徳久広司

歌詞:抱けばこの手を すり抜けながら あの日の私じゃないと云う たとえ生活は変っていても 元気でよかった

恋絆

牧村三枝子

作詞:みやび恵

作曲:麻未敬周

歌詞:日差しに揺れてる 恋がある 一途な日陰の 恋もある 灯していたいの

あした花

牧村三枝子

作詞:馬場登代光

作曲:三原聡

歌詞:こわれた徳利に さす花は 道端に 咲いてた たんぽぽよ

舞姫

牧村三枝子

作詞:建石一

作曲:杉本眞人

歌詞:さくらの姿は 女のようね 咲いては散って うるわしく ハラハラ

悲しい歌のくりかえし

牧村三枝子

作詞:いではく

作曲:よしのみゆき

歌詞:星も見えない 都会の夜は 女ひとりにゃ 寒すぎる 誰が悪いというわけじゃない

夢ごころ

牧村三枝子

作詞:白鳥園枝

作曲:遠藤実

歌詞:(ご多忙ね ご多忙ね) 素敵なあなたは ご多忙で 愛する気持ちに

明日川

牧村三枝子

作詞:石坂まさを

作曲:坂田晃一

歌詞:誰かは 誰かを 橋のたもとで 何故待つことを 覚えたの

おんなみれん

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:遠藤実

歌詞:うわべばかりの あなたの愛に だまされ続けて 来たわたし 旅路の雨の

悲しいね

牧村三枝子

作詞:松本礼児

作曲:田尾将実

歌詞:悲しいね 悲しいね 雨など降れば なおさらに 窓に滲む

螢川

牧村三枝子

作詞:松本礼児

作曲:松本礼児

歌詞:ことしの冬は長いっちゃァ 四月やいうとるがに ため息まじりの千代の声 冷たい蒲団にもぐりこむ 胸にチラチラ燃えあがる

雨月夜

牧村三枝子

歌詞:ひとりぼっちと 思うなと この手に残した 部屋の鍵 あなたのこころが

姿見

牧村三枝子

歌詞:鏡に姿を うつしてみれば 不幸が着物を 着てるよう 涙にむせて

一ぱいのお酒

牧村三枝子

作詞:千家和也

作曲:馬飼野俊一

歌詞:最初の一ぱいは 私につがせて あなたを誰かに 盗られないうちに お酒の楽しさを

極楽トンボ

牧村三枝子

作詞:杉本真人

作曲:杉本真人

歌詞:お酒が強くなったのは あなたが いなくなってから 恋しくて 淋しくて

北のかもめ

牧村三枝子

作詞:杉紀彦

作曲:徳久広司

歌詞:海は荒れてもョ… かもめは飛べるよ 私ゃとべない身の上だから 涙ながして海をみる ああ…いつになったら

花あかり ~ワルツ~ ソロバージョン

牧村三枝子

作詞:浜圭介

作曲:前田俊明

歌詞:待たせるだけで あの日から いくつの季節が 流れたろ 夜が寒いと

夫婦きどり

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:遠藤実

歌詞:抱けばそのまま 腕の中 とけて消えそな ああおまえ 夫婦みたいに

室生寺

牧村三枝子

作詞:水木かおる

作曲:三木たかし

歌詞:どうしていいのかわからぬままに すがりに来ましたみ仏に 教えてください室生さま 女のかなしみ曳きずって 朱塗りの橋を渡ります

若狭の宿

牧村三枝子

作詞:阿久悠

作曲:猪俣公章

歌詞:風の音にも やせて行きます お酒並べて 泣いてます ただひとり

牧村 三枝子(まきむら みえこ、本名:千葉 美恵子、1953年12月21日 - )は、日本の演歌歌手である。所属事務所はサンミュージックプロダクション。愛称は「ミーコ」。 wikipedia