1. 歌詞検索UtaTen
  2. 宇多田ヒカル
  3. 宇多田ヒカルの特集一覧

宇多田ヒカルの特集一覧

【歌詞コラム】突然失われた大切な人。宇多田ヒカル「真夏の通り雨」歌詞の意味とは

淡々と静かなメロディーで語られる、大切な人への想い。ぽっかりと大きな穴が開いたような心に、感情のやり場を失ってしまったのだろう。奇才・宇多田ヒカルによって描かれた、そんな喪失感の正体を探っていく。

【歌詞コラム】宇多田ヒカル『道』で描かれる母親への想い

『道』は宇多田ヒカルが2016年にリリースしたアルバム『Fantome』の冒頭に収録された曲。 本人が出演するミネラルウォーターのCMにも使われていたので、それで聞いたことのある人も多いだろう。 2010年の「人間活動」宣言とともに長い活動休止期間に入った宇多田ヒカルが8年半ぶりに発表したアルバムが『Fantome』だった。本作にはその間に彼女が経験した様々な出来事が反映されている。 そして『道』はその中でも特に重要な曲なのだ。その理由を、歌詞と共に読み解いてみたいと思う。

【歌詞コラム】嫉妬されてるのにされるべきだなんて…コレがヒッキーのマイ・ウェイ

宇多田ヒカルことヒッキーが2018年に発表したアルバム『初恋』。その収録曲の1曲が、5月31日に全国公開される日本映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の、ラストロールで流れる主題歌に『嫉妬されべき人生』が起用されました。今回は、森義隆監督からのオファーを受けてのものですが。どうも、ミスマッチ感が否めません。しかし、その向こう側にこそ、宇多田ヒカルの凄さがみえたんです。