1. 歌詞検索UtaTen
  2. 乃木坂46
  3. 乃木坂46の歌詞一覧

乃木坂46の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

空扉(劇場版 七つの大罪 主題歌)

あの空の向こうには何がある? 子どもの頃 いつも 考えてた 渡り鳥が涯まで飛んでったら

ジコチューで行こう!

坂を駆け上がって 肩で息しながら (wow...) 強い日差しの中 入江の向こうに広がる海原

サヨナラの意味

電車が近づく 気配が好きなんだ 高架線のその下で耳を澄ましてた 柱の落書き

インフルエンサー

ブンブンブン ブンブンブン ブンブンブン ブンブンブン インフルエンサー

シンクロニシティ(はるやま商事『春イチバンになれ。』篇 CMソング)

悲しい出来事があると 僕は一人で 夜の街をただひたすら歩くんだ 背中丸め俯いて

雲になればいい(フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング)

オンボロ車がエンストしてしまった こんなところでガス欠じゃしょうがない 誰も通らないよ 待っていても無駄さ 全部置いて

裸足でSummer

いつもの夏と違うんだ 誰も気づいていないけど 日差しの強さだとか 花の色の鮮やかさとか… 何度も季節は巡って

心のモノローグ

ルルルル… 僕らの言葉には いつも限界があって 本当のこの気持ち

トキトキメキメキ

ズボンの裾をまくった 水泳部の連中が 水のないプールの底で 掃除をし始めた

自分じゃない感じ

今日も暇そうにしてる猫は悩みとかないの? ニャーなんてあくびしてるけど 太陽はそんないつまでも空にあるわけじゃない 屋根から降りて考えなさい

気づいたら片想い

気づいたら片想い いつのまにか好きだった あなたを思うその度 何だか切なくて…

いつかできるから今日できる(映画『あさひなぐ』主題歌)

朝の靄に差し込んだ陽の光 木々の中をひたすら走ってた どこを行けば空に辿り着くのか? 風は何も語りはしない

命は美しい

月の雫を背に受けて 一枚の葉が風に揺れる その手離せば楽なのに しがみつくのはなぜだろう?

ロマンティックいか焼き

ターコイズのリング(Ah! Ah!) 並べたような海(Ah! Ah!) 恋人と(そう)やって来た(今)

君の名は希望

僕が君を初めて意識したのは 去年の6月 夏の服に着替えた頃 転がって来たボールを無視してたら 僕が拾うまで

ぐるぐるカーテン(明治手づくりチョコレートTVCMソング)

カーテンの中 太陽と 彼女と私 ぐるぐる包まれた プライバシー

三角の空き地

雑草 伸び放題の 三角の空き地 君を送った夜は いつもここでキスした

制服のマネキン(HTCスマートフォン「HTC J butterfly」テレビCMソング)

君が何かを言いかけて 電車が過ぎる高架線 動く唇 読んでみたけど YesかNoか?

逃げ水

日差しに切り取られた 市営球場から聴こえて来る ひと夏の熱狂は どれくらい風が吹けば醒めてくのか?

Threefold choice

レジを打つフリして こっちをチラ見する 部活の先輩は コンビニ店でバイト中

きっかけ

交差点の途中で 不安になる あの信号 いつまで 青い色なんだろう?

今、話したい誰かがいる(映画 心が叫びたがってるんだ。 主題歌)

一人でいるのが 一番楽だった 誰かと一緒にいると 僕は僕じゃない 小さい頃から

Against

あの日 初めての場所は 強い風が吹いていたよ 夢に見ていた世界は 遮るものがない

新しい世界

何から話せばいいのだろう 僕が隠していたこと 昨日の夜は 君が言うように 確かに部屋にいなかったんだ

僕がいる場所

君のことを考えた 僕が死んだ日のことを… ずっとそばにいたいけど 別れはやって来る

三番目の風

WOW… ああ 目の前には鬱蒼とした森が(森が)広がってる ああ

言霊砲

神様は誰の味方? 立場 はっきりしてよ 私の味方なら 見えないように応援して…

孤独な青空

仲のいい友達を 指を折ってそっと数えてみた 親友と呼べる者を 自信持って言えないのはなぜだろう

左胸の勇気

君の掌を 胸の上 さあそっと押し当てて 脈を打つその鼓動 しっかり聴くんだ

忘却と美学

僕を置いて行くんだ 深すぎる傷口 きっとここまでの命 これ以上 動けない