1. 歌詞検索UtaTen
  2. 猪狩翔一の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

猪狩翔一の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

75 曲中 31-60 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

oops!!

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:睨めっこする様に云われたが もう 誰に云われたのかは忘れたよ 生命は何個あって足りるのか もう

烏兎

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:自分でも自分じゃない様な朝を数えて 思い出が残らない様に夜を数える 今以上を愛す事の繰り返しで あの頃が良かったなんて笑うけど

幽霊のいない街

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:最後に見蕩れた場所 仮に全部は話せなくても フェンダー 夜は窓辺に置いておくから

馬の眼

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:朝にも聞こえる月の声 波打ち際を歴史は行く 大量の神が飛び交う空 電話で何を尋ねるしょうか?

LUCKY

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:毎日 荒波を迎え撃つ 物憂げな君も 麗しき彼方も 鉤括弧の中は

GOAT

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:命を主燃料に キミを生きて行く 痛手を負うのは長い雨の所為 だけど悪いのは何時も自分だって

T.M.

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:前進 漂う 両方宿した瞼に 頑丈な悲しみ 暗くて観えない

anaphylaxis

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:存在する答えに 拒んだ無数の反応 塞いだ曇る未来に 彼の今日は鳴いた

キャスパー

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:変拍子みたいに鼓動が上手く鳴らない夜は 良く解らない音楽の海に身を投げる 生活に隠した矛盾や 声にならない事も知る 唯一の遺伝子だったキミは

CAFFEINE 珈琲涅

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:向こう側 又 開くドア 1人 帰れない日々を持ってやって来る

HUMMINGBIRD 蜂鳥

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:他人の楽園では生きられない為に 炎上した あの日の悪魔が その怒りを忘れる度

ANIMAL 動物

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:限りない日々の逃走劇 有り余る人生とは良くぞ云った 風当たりにも堪えない顔で 繋がれたまま動けないですか?

SUN 太陽

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:太陽の住む街で寝返り打って 融ける瞬間だけ命を乞う 乗り遅れた船に今すぐ 碇を降ろせと叫んでも

永久列車

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:曇った車窓から星を待って 出来るだけ僕を見放さないで 絶えず思いはどこへ向かうんだ 答えてはくれなくてもいい 未来

私服の罪人

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:シーラカンスの夜 誰を呼んでる? 渡れない海の事 今夜 考えてる

JADITE

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:ぼくの住んでる街で 知らない事は もうそれ程ないけど 息は吸ったら吐いて

その日、一日。

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:こんな背伸びや、翅が無くても飛べる様な。 どんな居場所や、声が有っても響かないんだ。 手を使って、足を伸ばした。 これを全部、せーので忘れよう。

ドラマチック生命体

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:電線越しに誰か睨んで 2つ目の角を右に曲がった 偶然を名乗る運命 辿って行く生命

ハイライト

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:重傷と解っていて 怯えながら夜を跨ぐ生命へ 今日は少しだけ悪い夢を観ただけ 太陽に託した月

不死身のうた

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:要らないモノは持っていない ここまで人に嘘は吐いていない 服にだって汚れは付いていない 穴の空いた靴など履いていない そんな僕を全うしたいから

モナルカ

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:罅割れても 笑われても 湧き過ぎた水の続きを ぼくは見たい

命の更新

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:生きていたいと願う この星が 違う生き物を選んで 明日になって もう僕はいなくて

贅沢な蝋燭

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:鼓膜を揺らす唯一の音楽隊は ある日 街へ行ったきり もう二度と帰っては来ません

神様の椅子

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:神様は知らない 僕が泣いた事と 「きっと、大丈夫。」と強がった事を 絵の具が溢れて

アリゲーター

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:浮かんでも 沈むかも知れない 沈んだら 浮かぶか分からない

セメルパルス

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:街や人が この次を求め合うのは 街も人も このままじゃ居られないから

馬鹿

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:選べる程 手段はないのに 悩み抜いた様な服を着て その卑怯になった眼差しを 見損なえたなら

20日鼠とエンドロール

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:どんなに歩いても etc.だって 20日待たなくても 生まれ変われるか

鼈甲の手

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:見付からない遠吠えと 腹の中で笑えば 今 着替えてみても まだ帰って来ない日

アトリエ

tacica

作詞: 猪狩翔一

作曲: 猪狩翔一

歌詞:成長過程はどんな感じ? 誰かの存在に 踞って 怯えたって この絵は無事に帰還を知らない