1. 歌詞検索UtaTen
  2. 上杉香緒里
  3. 上杉香緒里の歌詞一覧

上杉香緒里の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年4月4日

50 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

紅蓮の花

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:影山時則

歌詞:咲けば夜風に 散らされる 泣けば涙が 頬を焼く どうせあなたの

月夜川

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:徳久広司

歌詞:水面ではじける 篝火赤く 空の月さえ 頬そめる あなたの肩に

のんべえ

上杉香緒里

作詞:千家和也

作曲:叶弦大

歌詞:ふらり入った この店は たしか二度目ね あの人と 我を忘れて

鬼灯

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:徳久広司

歌詞:夏の終わりの 故郷の道で 赤い鬼灯 色を増す ほおずき

堂島しぐれ

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:徳久広司

歌詞:八百八橋も ある街で あんたに渡る 橋がない 尽くすほど

暗夜の恋

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:徳久広司

歌詞:お猪口を濡らした 酒しずく 小指ですくって 噛んでみる 別れの訳も

おんな傘

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:影山時則

歌詞:なんて…あんたの背中はさ 淋しい分だけ 温かい 女が広げた 情けの傘は

忍ぶ草

上杉香緒里

作詞:坂口照幸

作曲:徳久広司

歌詞:濡れて尋ねて 来てくれそうな 雨はみれんの 落とし水 あなたの噂…

越後母慕情

上杉香緒里

作詞:池田充男

作曲:岡千秋

歌詞:あなたを愛した ひとでしょう 許してあげます 許します 母を泣かせて

紫陽花の詩

上杉香緒里

作詞:田久保真見

作曲:田尾将実

歌詞:女は紫陽花 みたいなの 涙に打たれ きれいになれると 恋を失くして

北桟橋

上杉香緒里

作詞:里村龍一

作曲:弦哲也

歌詞:命を賭けた 恋ならば 別れに愚痴など 言うもんか 汽笛よ叫ぶな

路地裏のかおり音頭

上杉香緒里

作詞:Wかおりプロジェクト

作曲:阿部靖広

歌詞:(にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい! にゃっにゃっにゃっ そーれ

裏町川

上杉香緒里

作詞:下地亜記子

作曲:徳久広司

歌詞:惚れちゃならない 人を好く 女の弱さよ 哀しさよ 信じて夢見て

なみだの川

上杉香緒里

作詞:麻こよみ

作曲:徳久広司

歌詞:この世の中の 哀しみを 拾って来たよな 細い指 涙の川を

ふるさと慕情

上杉香緒里

作詞:菅麻貴子

作曲:桧原さとし

歌詞:燃えて身を灼く 恋じゃない 焦がれて待つよな 愛じゃない 幼馴染みが

おんなの川

上杉香緒里

作詞:池田充男

作曲:岡千秋

歌詞:母という名の ゆたかな川に こころおよばぬ 川もある その川に

むらさき海峡

上杉香緒里

作詞:池田充男

作曲:水森英夫

歌詞:別れてきたのと 涙をふけば 沖でゆれてる 漁り火よ こんな悲しい

寒牡丹

上杉香緒里

作詞:木下龍太郎

作曲:岡千秋

歌詞:頬に当たった 別れの雪が 解けて涙の 露になる 哀しいけれど

白い着物

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:徳久広司

歌詞:女は生まれて 死ぬまでに 白い着物を 三度着る おまえの寝顔を

嫁泣き岬

上杉香緒里

作詞:池田充男

作曲:岡千秋

歌詞:はれて夫婦の 契りもせずに 三日三晩を のみ明かし ゆくぜと錨を

露地の花

上杉香緒里

作詞:池田充男

作曲:岡千秋

歌詞:右に曲れば ゆき止まり 真すぐ進めば くだり坂 そんなふたりの

別府航路

上杉香緒里

作詞:下地亜記子

作曲:岡千秋

歌詞:倖せさがせば なぜかしら いつも不幸と めぐり逢う だめになるのね

燧灘

上杉香緒里

作詞:坂口照幸

作曲:徳久広司

歌詞:夜の波止場に 砕ける波は 海の吐息か 燧灘 出船送って

流れ星

上杉香緒里

作詞:池田充男

作曲:徳久広司

歌詞:恋の痛手の 深傷は 治せないのね 重ね着しても ひざを抱き

戸隠の雨

上杉香緒里

作詞:池田充男

作曲:水森英夫

歌詞:白雪のこる 戸隠山に どこから来たのと 尋ねられ 一日がかりと

海峡こえて

上杉香緒里

作詞:池田充男

作曲:水森英夫

歌詞:一と船先に 海峡こえて 青森港の 桟橋で 待ってゝくれと

おんな酒

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:徳久広司

歌詞:泣いて乱れる 恋よりも 惚れた弱みで 別れた辛さ あんたなんかにゃ

いのち坂

上杉香緒里

作詞:松井由利夫

作曲:水森英夫

歌詞:一つ越えれば も一つ坂が それを越えても また坂が 情け石ころ

あなたの笑顔

上杉香緒里

作詞:池田充男

作曲:水森英夫

歌詞:あなた なぜなぜ 浮世の風に 拗ねて背をむけ 自棄酒のむの

紅水仙

上杉香緒里

作詞:木下龍太郎

作曲:岡千秋

歌詞:列車を乗り継ぐ 旅路の駅に こころ迷わす 春の花 似合うと貴方に

風群

上杉香緒里

作詞:里村龍一

作曲:桜田誠一

歌詞:空は晴れても 津軽の里は 龍が飛ぶよに 風が舞う 荒れる地吹雪

風の酒

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:徳久広司

歌詞:見えぬ相手に 横風受けて つまずき転んだ 浮き世道 泣くも笑うも

手鏡

上杉香緒里

作詞:麻こよみ

作曲:徳久広司

歌詞:ふたつに割れた 手鏡に 感じたあの日の 胸騒ぎ 別れて欲しいと

手筒花火

上杉香緒里

作詞:麻こよみ

作曲:宮下健治

歌詞:こんなはずでは なかったと 泣けばなおさら つらいだけ 赤い火の粉を

涙のロードショー

上杉香緒里

作詞:円香乃

作曲:岡千秋

歌詞:灯りきらめく 映画館 待ち合わせの 恋人たち 昔はいつも

風流恋吹雪

上杉香緒里

作詞:下地亜記子

作曲:徳久広司

歌詞:あんな奴 どこがいいかと 訊ねる人に どこが悪いと 聞き返す

飾り花

上杉香緒里

作詞:里村龍一

作曲:徳久広司

歌詞:夢のひとつが 邪魔をして 渡りきれない みれん川 抱いて下さい

雨の花

上杉香緒里

作詞:里村龍一

作曲:徳久広司

歌詞:箸の袋に 好きだよと 書いて私に くれたひと 天城十二里

浪花化粧

上杉香緒里

作詞:下地亜記子

作曲:徳久広司

歌詞:思い切れない あなたのことは 道頓堀川の流れが 止まっても 春だというのに

居酒屋ほたる

上杉香緒里

作詞:里村龍一

作曲:徳久広司

歌詞:橋の向こうの 赤い灯は ふたりで通った 夢の跡 雨が降ります

裏町ぐらし

上杉香緒里

作詞:田村隆

作曲:岡千秋

歌詞:ほこりまみれの まねき猫 やぶれ障子に 縄のれん 化粧わすれた

男花 女花

上杉香緒里

作詞:池田充男

作曲:徳久広司

歌詞:男が荒野の さくらなら 女は撫子 かげの花 嵐と戦う

おけさ海峡

上杉香緒里

作詞:下地亜記子

作曲:岡千秋

歌詞:おけさ踊りに 鬼太鼓が つらい心に しみとおる あなた

波止場うた

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:徳久広司

歌詞:恋に命は 賭けられないと 言えばさみしい 女よね 死ぬほど惚れた

津軽の母

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:徳久広司

歌詞:雪の重さを はじいて生きる りんごの技に 母を見る 都会暮らしは

遠野しぐれ

上杉香緒里

作詞:城岡れい

作曲:徳久広司

歌詞:変わる季節を すすきが揺らし 風が生まれる 遠野駅 はぐれて添えない

平舘哀歌

上杉香緒里

作詞:松井由利夫

作曲:水森英夫

歌詞:汽笛ばかりで 沖行く船の 影も見えない 平舘 いさりび海峡

三百六十五日

上杉香緒里

作詞:里村龍一

作曲:弦哲也

歌詞:雨にこぼれて 舞いおちる 花の命のはかなさよ 離れたくない この指も

夕焼け列車

上杉香緒里

作詞:千家和也

作曲:叶弦大

歌詞:あなためざして ゆっくり急ぐ 時間どおりの もどかしさ 帰りそびれて

北の海峡

上杉香緒里

作詞:里村龍一

作曲:弦哲也

歌詞:別れはしない 離れない 命と決めた 恋なのに 涙か重い

上杉 香緒里(うえすぎ かおり、1975年10月20日 - )は日本の演歌歌手。本名は井木 あゆみ(いぎ あゆみ)。所属事務所はサンミュージックプロダクション。 wikipedia