1. 歌詞検索UtaTen
  2. もず唱平の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

もず唱平の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

104 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

釜ヶ崎人情

藤田まこと

作詞: もず唱平

作曲: 三山敏

歌詞:立ちん坊人生 味なもの 通天閣さえ 立ちん坊さ だれに遠慮が

お前に夢中

渡辺要

作詞: もず唱平

作曲: 宮下健治

歌詞:ひとを愛する資格がないと 小首傾げて酒つぐ女 過去があるのはお互いさまさ 十九、二十歳じゃあるまいし 本気だよ

花街の母

金田たつえ

作詞: もず唱平

作曲: 三山敏

歌詞:他人にきかれりゃ お前のことを 年のはなれた妹と 作り笑顔で 答える私

しゃくなげ峠

朝花美穂

作詞: もず唱平

作曲: 宮下健治

歌詞:山裾の紅い燈 指差す憂い顔 あれが私の居たところ ポツリと洩らした遊女は二十歳 故郷はどこだと問うのは男

はぐれコキリコ

成世昌平

作詞: もず唱平

作曲: 聖川湧

歌詞:立山に 両の掌合わせ せめて便りが 噂が欲しい まだ未練たち切れないと

三十石船哀歌

成世昌平

作詞: もず唱平

作曲: 堀慈

歌詞:紅い灯点る 堀江の新地 掘割上れば あの人の 船唄聴こえる八軒家

ラーメン一代

渡辺要

作詞: もず唱平

作曲: 三山敏

歌詞:旨いと云って箸置いた 一見さんに両の掌合わす 女房きいたか あの舌鼓 分かってくれる

木津の流れ橋

藤田まこと

作詞: もず唱平

作曲: 浜圭介

歌詞:葭切さわぐ朝まだき 生まれ在所を振りかえり なんで今更あの娘を想う 赦しておくれと男が泣いた こゝは涙の捨てどころ

小春三吉 相惚れ駒

三門忠司&永井みゆき

作詞: もず唱平

作曲: 岡千秋

歌詞:貧乏暮らし 気にならないが 夜鍋仕事を みるのは辛い 相惚れ駒かい

あんたの里

成世昌平

作詞: もず唱平

作曲: 叶弦大

歌詞:母の涙を振り切って 苦労覚悟で所帯をもった 惚れているんだ 愛していると 聞かず仕舞いの二年と三月

浪花の父子酒

平川幸男,秋岡秀治

作詞: もず唱平

作曲: 三山敏

歌詞:お前と呑むのは久しぶり 肴は何でも いゝけれど 色気がないのが淋しいね 呆けたらあかんで

浪花物語

五木ひろし・中村美律子

作詞: もず唱平

作曲: 岡千秋

歌詞:(男)河内木綿の 暖簾の角を 仇みたいに 握りしめ 肩をふるわせ

花街の母

はやぶさ

作詞: もず唱平

作曲: 三山敏

歌詞:他人にきかれりゃ お前のことを 年のはなれた 妹と 作り笑顔で

宵待しぐれ

川中美幸

作詞: もず唱平

作曲: 聖川湧

歌詞:何ひとつ 欲しくはないと 云いながら 背中にそっと 指で書く

あなたのすべて

ぴんから兄弟

作詞: もず唱平

作曲: 市川昭介

歌詞:歳を三つも サバ読んで 十五で酒場に 出たわたし 星の数ほど

花と龍

杉良太郎

作詞: もず唱平

作曲: 船村徹

歌詞:出船 入船 若松の ゴンゾ稼業の 道連れは

汐騒

天童よしみ

歌詞:飛ぶことに 疲れたと云う鳥の 羽根を休める とまり木か 好いて好かれた

父娘さかずき

三門忠司&永井みゆき

作詞: もず唱平

作曲: 岡千秋

歌詞:この春 良縁調って 嫁ぐというのに なんで泣く これまで一度も父さんの

茶屋町しぐれ

出光仁美

作詞: もず唱平

作曲: 水森英夫

歌詞:ビルの谷間の 赤提灯で どうせ飲むなら 楽しく飲めよ ボチボチいこかと諭してくれた

親父

中村美律子

作詞: もず唱平

作曲: 聖川湧

歌詞:鑿 槌 鉋 持たせたら 人は誰でも名人と

鯨の浜唄

浅田あつこ

作詞: もず唱平

作曲: 大谷明裕

歌詞:海で男が死んだときいて 浜の女が 大酒喰らい 亭主返せと 管巻いた

深川浪花物語

川中美幸

作詞: もず唱平

作曲: 聖川湧

歌詞:浪花の生まれ お転婆が もう駄目なんていうんじゃないよ 深川不動 ご利益通り

旅路

杉良太郎

作詞: もず唱平

作曲: 彩本雅夫

歌詞:誰が呼ぶのか誘うのか 時雨ふるわせ鳴る汽笛 二度と帰らぬ人を乗せ 夜汽車は走る

望郷ヤンレー節

三門忠司

作詞: もず唱平

作曲: 三山敏

歌詞:ヤンレー 遠い他国で空見上げれば 夜空を越えて 聴こえてくるよ 生まれ在所の太鼓の響き

トンカラリン

成世昌平

作詞: もず唱平

作曲: 堀慈

歌詞:春まだき 桜の蕾 まだまだ固い寒い朝 ちょうど二十歳のあのひとは 白い歯見せて出ていった

河内おんなのバラッド

浅田あつこ

作詞: もず唱平

作曲: 聖川湧

歌詞:生駒颪がガラス戸叩く その度ノラが鳴き声あげる 連れが居らんと猫でも辛いやろ ウチは徳利転がし泣いている なァ

乙だね

成世昌平

作詞: もず唱平

作曲: 聖川湧

歌詞:空にひと筋 はぐれ雲 相棒どうした 淋しくないか 男やもめの

いなか侍

川中美幸

作詞: もず唱平

作曲: 聖川湧

歌詞:ふるさと捨てゝ 悔いてると 悲しい便りをくれたひと 馬鹿ね 帰っておいでよ

相惚れしぐれ

田川寿美

作詞: もず唱平

作曲: 岡千秋

歌詞:呑んでいいけど 深酒およし 身体を厭えと叱った男 あんたの笑顔に 心がゆるみ

浪花女のげんき節

菊地まどか

作詞: もず唱平

作曲: 岡千秋

歌詞:聴いてください 皆々様よ~ 幕が拍手で 開いたなら いつも心は