1. 歌詞検索UtaTen
  2. 八代亜紀
  3. 八代亜紀の歌詞一覧

八代亜紀の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月26日

209 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

愛の終着駅

八代亜紀

作詞:池田充男

作曲:野崎真一

歌詞:寒い夜汽車で 膝をたてながら 書いたあなたの この手紙 文字のみだれは

舟唄

八代亜紀

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

歌詞:お酒はぬるめの 燗がいい 肴はあぶった イカでいい 女は無口な

柳ヶ瀬ブルース

八代亜紀

作詞:宇佐英雄

作曲:宇佐英雄

歌詞:雨の降る夜は 心もぬれる まして一人じゃ なお淋し 憎い仕打と

中の島ブルース

八代亜紀

作詞:斎藤保

作曲:吉田佐

歌詞:赤いネオンに 身をまかせ 燃えて花咲く アカシアの あまい香りに

なみだ恋

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 誰を恨んで

おんなの夢

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:一度でいいから 人並に あなたの妻と 呼ばれてみたい あゝ夢を…

雪の華

八代亜紀

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

歌詞:吹雪いたら アア 道がない 遠い 近いも

ほんね

八代亜紀

作詞:たかたかし

作曲:杉本真人

歌詞:遊びという字が服を着て 歩いているよな人だけど おまえがいなけりゃだめなんて ツンとくるよなことも言う 帰ろかな

海猫

八代亜紀

作詞:高橋直人

作曲:小林学

歌詞:あんたによく似た 広い背中の 男があたいの 影をまたいでさ 潮の香りを

あなたと生きる

八代亜紀

作詞:五島新

作曲:森安俊行

歌詞:この指をはなしたら はぐれるようで 思わずすがる おんなのよわさ 解ってほしい

石狩挽歌

八代亜紀

作詞:なかにし礼

作曲:浜圭介

歌詞:海猫が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖の やん衆がさわぐ 雪に埋もれた

おんな港町

八代亜紀

作詞:二条冬詩夫

作曲:伊藤雪彦

歌詞:おんな港町 どうしてこんなに 夜明けが早いのさ それじゃ さよならと

裸足のシンデレラ

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:ガラスの靴を脱いで カボチャの馬車を降りて いつものブルージーンで 恋をしましょう 頬と頬寄せ

もう一度逢いたい

八代亜紀

作詞:山口洋子

作曲:野崎真一

歌詞:あんな男と 言いながら 今日も来ました 港町 波のむこうは

湖畔の宿

八代亜紀

作詞:佐藤惣之助

作曲:服部良一

歌詞:山の淋しい 湖に ひとり来たのも 悲しい心 胸のいたみに

別れの艶歌

八代亜紀

作詞:池田充男

作曲:野崎真一

歌詞:せつない恋ですふたりの恋は 別れの涙で 行きどまり 胸を灼くよな強めのお酒 すこし下さい

かもめはかもめ

八代亜紀

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:あきらめました あなたのことは もう 電話も かけない

青葉城恋唄

八代亜紀

作詞:星間船一

作曲:さとう宗幸

歌詞:広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず 早瀬踊る光に 揺れていた君の瞳 時はめぐり

風のブルース

八代亜紀

作詞:吉田旺

作曲:杉本眞人

歌詞:風が吹きぬける ピアスの傷穴を あなたは霧笛坂 シュルヒュル遠ざかる すきよすきよすきよ

ラッキーマンの歌(とっても!ラッキーマン ED)

八代亜紀

作詞:ガモウひろし

作曲:佐瀬寿一

歌詞:沖の鴎に ふかしイモ取られて ツイテネェ~ 見上げてごらん 夜空の星を

旅立てジャック

八代亜紀

作詞:Percy Mayfield

作曲:Percy Mayfield

歌詞:Hit the road, Jack And

ブルーライト・ヨコハマ

八代亜紀

作詞:橋本淳

作曲:筒美京平

歌詞:街の灯りが とてもきれいね ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ あなたと二人

ひとり酒場で

八代亜紀

作詞:吉川静夫

作曲:猪俣公章

歌詞:ひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る 両手でつつむ

なみだの操

八代亜紀

作詞:千家和也

作曲:彩木雅夫

歌詞:あなたのために 守り通した女の操 今さら人に 捧げられないわ あなたの決して

リバーサイドホテル

八代亜紀

作詞:井上陽水

作曲:井上陽水

歌詞:誰も知らない夜明けが明けた時 町の角からステキなバスが出る 若い二人は夢中になれるから 狭いシートに隠れて旅に出る 昼間のうちに何度もキスをして

Blue Rain~夜は嘘つき~

八代亜紀

作詞:増永直子

作曲:美樹克彦

歌詞:雨の黄昏時に肩先濡らし 家路をたどれば傘をよせて来るひと そっと横顔見ると 別れたあなた 昔のときめき

なみだ川

八代亜紀

作詞:荒木とよひさ

作曲:三木たかし

歌詞:好きで別れた 人だから 忘れられない 憎めない 夜のすすきの

女だから

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:お前の為なら この命 惜しくはないよと 云うあなた 弱い女の

ステーションホテル24時

八代亜紀

作詞:阿久悠

作曲:杉本眞人

歌詞:さびしさの あまりに いたずらの 煙草 立ちのぼる

あなたの背中に

八代亜紀

作詞:阿久悠

作曲:杉本眞人

歌詞:ふともの想う 横顔や ズシンと響く 低音や ひとりの酒の

Give You What You Want

八代亜紀

作詞:Ryo Watanabe

作曲:THE BAWDIES

歌詞:You know I want you,

ひとり寝の子守唄

八代亜紀

作詞:加藤登紀子

作曲:加藤登紀子

歌詞:ひとりで寝る時にゃよォー ひざっ小僧が寒かろう おなごを 抱くように あたためて

二人でお酒を

八代亜紀

作詞:山上路夫

作曲:平尾昌晃

歌詞:うらみっこなしで 別れましょうね さらりと水に すべて流して 心配しないで

赤い街

八代亜紀

作詞:さくらももこ

作曲:松雪陽

歌詞:赤い灯が水面に揺れている 行き交う人の群れは 流れる川のように さざめいて…知る人もいない街の片隅で 置き去りにしてた

悪女

八代亜紀

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:マリコの部屋へ 電話をかけて 男と遊んでる芝居 続けてきたけれど あの娘もわりと

この素晴らしき世界

八代亜紀

作詞:ROBERT THIELE..

作曲:ROBERT THIELE..

歌詞:明日も咲くバラの花 緑の木々も輝いて ひとり浴びる日射し なんて暖かい

この広い宇宙のかなたで

八代亜紀

作詞:高嶋渉

作曲:ゲール語民謡

歌詞:この広い 宇宙のかなたで 新しい星が うまれる 美しい

夢は夜ひらく

八代亜紀

作詞:中村泰士

作曲:曽根幸明

歌詞:雨が降るから 逢えないの 来ないあなたは 野暮な人 濡れてみたいわ

新宿ブルース

八代亜紀

作詞:滝口暉子

作曲:和田香苗

歌詞:恋に切なく 降る雨も ひとりぼっちにゃ つれないの 夜の新宿

港町ブルース

八代亜紀

作詞:深津武志

作曲:猪俣公章

歌詞:背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざかる あなたにあげた 夜をかえして 港

雨の慕情

八代亜紀

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

歌詞:心が忘れたあのひとも 膝が重さを覚えてる 長い月日の膝まくら 煙草プカリとふかしてた 憎い

雪のれん

八代亜紀

作詞:松井由利夫

作曲:遠藤実

歌詞:冷酒でいいのよ コップでいいの おじさん一杯 飲ませてね 土地の男も

愛ひとすじ

八代亜紀

作詞:川内康範

作曲:北原じゅん

歌詞:恋のあぜ道歩いてきたわ 風も見ました 雪も見ました こころの地獄を さまよいながら

骨までしびれるブルースを

八代亜紀

作詞:荒木とよひさ

作曲:水森英夫

歌詞:たとえば男の ブルースは 夜霧の波止場の 絵が浮かび たとえば女の

花水仙

八代亜紀

作詞:池田充男

作曲:浜圭介

歌詞:鉢植えの水仙を 買ったのは お風呂がえりの ゆうぐれ時です このゆかしさが

涙の最終列車

八代亜紀

作詞:池田充男

作曲:野崎真一

歌詞:帰らないでと すがって泣けば あなたはこのまま いてくれますか 窓の硝子を

恋瀬川

八代亜紀

作詞:秋野めぐみ

作曲:竹田賢

歌詞:あなたと私の さだめの川は 情通わす 舟がない 呼んで下さい

女ごころ

八代亜紀

作詞:千家和也

作曲:鈴木淳

歌詞:なんで私を 女になんか 生んでくれたの お母さん 男ごころを

愛されてみたい

八代亜紀

作詞:小野朱美

作曲:遠藤実

歌詞:あなたにめぐり逢えてから いつも心で あなたへの愛を あたためている 私です

霧笛

八代亜紀

作詞:池田充男

作曲:伊藤雪彦

歌詞:霧が深くなる テープが海に散る 鴎は泣き叫ぶ 私は耳をふさぐ やめて

八代 亜紀(やしろ あき、1950年8月29日 - )は、日本の演歌歌手、女優、タレント、画家。本名、増田 明代(ますだ あきよ)。旧姓、橋本。熊本県八代市出身。読みは異なるものの、芸名は出身地の八代(やつしろ)市から採っている。 wikipedia