1. 歌詞検索UtaTen
  2. 香田晋
  3. 香田晋の歌詞一覧

香田晋の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月28日

57 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

炭焼き源造

香田晋

作詞:仁井谷俊也

作曲:市川昭介

歌詞:村の源造は 炭焼き小屋で ひとり息子を ふと思う 山を嫌って

手酌酒

香田晋

作詞:下地亜記子

作曲:岸本健介

歌詞:惚れちゃいけない 人でした 見てはいけない 夢でした 命まるごと

修善寺しぐれ

香田晋

作詞:仁井谷俊也

作曲:四方章人

歌詞:ひとりで倖せ 掴んでくれと なんで悲しい ことを云う 想い出訪ねる

酒場の金魚

香田晋

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:金魚 金魚… 酒場の隅でマッカッカ 金魚 金魚…

おさらばかもめさん

香田晋

作詞:たかたかし

作曲:四方章人

歌詞:あばよバイバイ おさらばさらば 元気でいてくれ また逢うその日まで 港港を

木曽恋い三度笠

香田晋

作詞:仁井谷俊也

作曲:叶弦大

歌詞:西に御嶽山 東の空にゃ 雪の残った 駒ケ岳 捨てた故郷が

とまり木舟

香田晋

作詞:仁井谷俊也

作曲:叶弦大

歌詞:ふたりでいても 寒いのに 話し相手は お酒だけ ゆらりゆらゆら…

拳骨

香田晋

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:男はとんがれ 卑屈になるな グワンと殴った おやじの拳骨 おまえでなければ

こうと決めたら

香田晋

作詞:澤本嘉光

作曲:海底二万哩

歌詞:間違えなんて誰でもあるさ 恥かいたって汗かきゃ消える 気にしない アー 気にしない

空飛ぶおたまじゃくし

香田晋

作詞:上田紅葉

作曲:花岡優平

歌詞:おいらは夢見るカエルの子 おたまじゃくしと申します 尾ひれをひらひら 振りながら 毎晩

別れの海峡

香田晋

作詞:松井由利夫

作曲:市川昭介

歌詞:二度と後は ふりむかないわ 涙の区別も つきました 船が揺れれば

お宝女房

香田晋

作詞:関口義明

作曲:徳久広司

歌詞:うまく世渡り 出来ない俺の そばに寄り添い 背にすがる 愚痴をこぼせば

かんにんや

香田晋

作詞:多野亮

作曲:花笠薫

歌詞:水の都に ともる灯が にじんで揺れる 淀の川 かんにんや

何処へ

香田晋

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

歌詞:旅の鴎が 探す港は 北の風が吹くところ 岬のはずれ

うそつき

香田晋

作詞:水木れいじ

作曲:市川昭介

歌詞:あんな情なし男でも いなきゃ淋しくて そっと今夜も 名前を呼んでみる 呼んでみる

殿がたよお戯れはなし

香田晋

作詞:千家和也

作曲:幸耕平

歌詞:殿がたよ お戯れはなし 殿がたよ お戯れはなし 正直言って

夢いちど

香田晋

作詞:関口義明

作曲:花笠薫

歌詞:あなたと一緒に 暮らせたら わたしは死んでも 死んでもいいの ひとり紅ひく

白川郷

香田晋

作詞:たかたかし

作曲:四方章人

歌詞:天生峠 あの人越えて 帰らぬままに ふた冬過ぎる 父の顔

さすらいの旅路

香田晋

作詞:仁井谷俊也

作曲:四方章人

歌詞:おまえの面影 こころに抱いて 北の宗谷に ひとり来た 岬は途切れて

私にだって

香田晋

作詞:藤本卓也

作曲:藤本卓也

歌詞:私にだって いつかは来る来る 信じているの 女のしあわせ 傷つきよごれた

お前に幸せを

香田晋

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:おまえが拾った 不幸の数だけ 幸せをやりたい 守ってあげたい 抱けばやつれた

みちのく鯉次郎

香田晋

作詞:仁井谷俊也

作曲:叶弦大

歌詞:縞の合羽に 磐梯山おろし 肌を突き刺す 猪苗代湖 義理のしがらみ

北の訪ねびと

香田晋

作詞:仁井谷俊也

作曲:叶弦大

歌詞:おまえの涙の 足跡を 辿って来たのさ 函館へ 夜霧の波止場に

心のきず

香田晋

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:夜にまぎれて 船が出る 傷をかくした 人が乗る 惚れた惚れたお前を

迷い道

香田晋

作詞:澤本嘉光

作曲:海底二万哩

歌詞:あなたについてきたわたし 急にさよなら言われたら 明日あさって西東 どこへ向かえばよいですか 北の岬で地図もなく

艶歌師

香田晋

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:どなたかご存じないですか 十二ではぐれた妹を 今はハタチを ちょっと過ぎ 探すしるしは

股旅ブルース

香田晋

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:待って 待ってと 追いすがる 初心な娘を ふりきって

東京ではめずらしい四月の雪

香田晋

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:東京ではめずらしい四月の雪 桜の花が身を縮め 嘘つく春を怨んでる ようやく二人に陽がさして 希望が少し見えたのに

越後湯沢駅

香田晋

作詞:木下龍太郎

作曲:南郷孝

歌詞:いつか暦は 春なのに 桜隠しの 雪降りしきる 私も人恋う

南の島~友へ~

香田晋

作詞:島田紳助

作曲:高原兄

歌詞:つらい顔するな 今夜はするな 「若い時は」なんて言わず 今を生きようぜ あの日の俺達に

おかあさん

香田晋

作詞:島田紳助

作曲:高原兄

歌詞:僕はうまく生きていますか 人を疑う事は自分を疑う事 それが おかあさん あなたの口癖

源さん音頭

香田晋

作詞:上田紅葉

作曲:花岡優平

歌詞:「源さ~ん」「アイヨー!」 げん・げん・源さん 音頭だ ホイ!

男一匹オレの道!

香田晋

作詞:たけだ湯

作曲:溝口和彦

歌詞:惚れた女のためにゃ 傷のひとつやふたつ どおってことねぇよ それが 男だろ!

男と女の港町

香田晋

作詞:荒木とよひさ

作曲:杉本真人

歌詞:男は鴎 女は港 歌の文句じゃ ないけれど 水割り

北海おとこ船

香田晋

作詞:仁井谷俊也

作曲:大船わたる

歌詞:波を波をヨー 蹴散らしながら 夜明け間近の 海をゆく 親父ゆずりの

心がわり

香田晋

作詞:下地亜記子

作曲:岸本健介

歌詞:惚れて 信じて 尽くして 泣いた 恋のはかなさ

見返り花

香田晋

作詞:水木かおる

作曲:遠藤実

歌詞:ひとりでだって 大丈夫よと 微笑ってみせた 別れぎわ そんな女の

すまなかったね

香田晋

作詞:水木かおる

作曲:遠藤実

歌詞:男の夢と 女の夢は 背中あわせと 泣くおまえ すまない

奥飛騨縁歌

香田晋

作詞:石本美由起

作曲:市川昭介

歌詞:谷のせせらぎ 静かに聞いて 夜の湯船に 濡らす肌 雨の奥飛騨

伊豆の宿

香田晋

作詞:仁井谷俊也

作曲:市川昭介

歌詞:ふたつの川が ひとつになって 清き流れの 狩野川に 伊豆の湯ヶ島

嵯峨野雨情

香田晋

作詞:仁井谷俊也

作曲:市川昭介

歌詞:これが最後と 我がまま言って あなたを誘った 古都の旅 日暮れの嵯峨野

北のいい女

香田晋

作詞:荒木とよひさ

作曲:杉本真人

歌詞:Hey Hey Hey Hey! 北のいい女

男の海

香田晋

作詞:関口義明

作曲:徳久広司

歌詞:波がはしゃげば 飛沫がおどる 潮の匂いが たまらない 二度と都会など

最終便まで

香田晋

作詞:うえだもみじ

作曲:田尾将実

歌詞:雪の札幌 公園通り 肩をたたいた 懐かしい奴 笑う目尻に

女のいのち

香田晋

作詞:水木れいじ

作曲:市川昭介

歌詞:俺のこころに 咲く花は おまえひとりと 抱きよせる あなたいい人

シャボン玉フワリ

香田晋

作詞:青島幸男

作曲:三木たかし

歌詞:フワリ フワ フワ フワフワ シャボン玉

ちぎれ雲

香田晋

作詞:荒木とよひさ

作曲:深谷昭

歌詞:風の噂に 名前を聞けば いまでも ひとりで 暮らしていると

酔うだけ酔わせて

香田晋

作詞:下地亜記子

作曲:岸本健介

歌詞:カスリ傷では なかったの 死ぬほどやせたの 悩んだの 淋しさせつなさ

ネオン舟

香田晋

作詞:喜多條忠

作曲:叶弦大

歌詞:荷物まとめて ヒールを下げて あいそつかして 別れてきたが 時にはあなたの

雨の小京都

香田晋

作詞:水木かおる

作曲:市川昭介

歌詞:思い切るよに 水色の 傘をくるり廻して 消えるひと 音もなく

香田 晋(こうだ しん、1967年10月12日 - )は、日本の元演歌歌手、元俳優。実業家。本名は鷲崎 孝二(わしざき こうじ)。 血液型B型。身長165cm。左利き。福岡県北九州市八幡東区出身。かつては株式会社ゴールデンミュージックプロモーションに所属していたが、2012年に退社し芸能界から引退した。現在は故郷の北九州市(福岡県)に戻り、料理店を経営している。 wikipedia